きまたび -気ままな旅人日記-
やる気なんて永遠に出る気がしないヘタレのガッカリブログ。リンクフリー風味。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BUFFALOの無線子機 WLI-PCI-G144Nを導入するの巻。

久々のPCネタ。今回は無線関係。

ネット環境はリビングに回線引いてるものの、自分の部屋には引いていないので
無線LAN環境を構成してメインPCをネットに繋いでる状態。
親機にはWZR2-G300N、子機にはセットで付いてきたWLI-UC-G300Nを使ってるんだが
コレがまたすこぶる受信感度が悪くて、よく通信切断が起きるんですよ。
回線自体は下り最大20MbyteのCATVなんで、通信速度にはこだわってないけども
切断されてからイチイチ再接続させるために、延長ケーブルに繋いだ子機の位置ずらしつつ
受信感度が良いところを探すのがすこぶるめんどくさい訳で。
ResizeDSC01322 
親機のファームを更新しても、子機のドライバを更新しても改善しないし。
家にある2台のノートPCは内蔵の受信機で接続しても通信切断したことないし
同じ部屋に置いているPS3の受信機も受信感度は高くないけど切断されたこと無いし・・・
って考えると、もしかして付属の子機がヘボいのか?

という訳で。
ResizeDSC01319 
AmazonさんでWLI-PCI-G144Nを購入してみたという次第。
この製品自体は知っていたものの、コレを導入すれば通信切断が改善される!
という保証もないのに定価の13,600円はちょっと出せないなぁと二の足踏んでいたんだが
昨日Amazonでヘッドホンアンプを物色している最中に、関連リンクに出てきた
75%引き、3,368円の表記を見て、光の速さで注文しましたよ。
定価だと失敗した時のダメージがデカイが、この値段なら軽傷で済むしな!

という訳でサクッと実装。
ResizeDSC01324
PCIの空きスロットに刺すだけなんで、自作経験者なら非常にお手軽な作業。
カード自体も突起物は実装されていないので、カード間の干渉も心配ないかと。
ちなみに受信アンテナはPCの上に設置。

サクッとドライバをインストールし、通信状態した状態で通信速度を測ってみる。
通信速度の計測に使うのは速度.jp スピードテスト 高機能版
5回ほど計測してみて、最大値と最小値を摘出して比較してみる。
接続方法はAOSSで設定。

まずはWLI-UC-G300N(USB接続子機)。
下り受信速度:10Mbps(10.0Mbps,1.26MByte/s) ~ 13Mbps(13.6Mbps,1.71MByte/s)
上り送信速度:510kbps(518kbps,64kByte/s) ~ 530kbps(539kbps,67kByte/s)
受信感度(クライアントマネージャーV):25%

次にWLI-PCI-G144N(PCI接続子機)。
下り受信速度:12Mbps(12.5Mbps,1.57MByte/s) ~ 12Mbps(12.5Mbps,1.57MByte/s)
上り送信速度:510kbps(518kbps,64kByte/s) ~ 570kbps(577kbps,72kByte/s)
受信感度(クライアントマネージャーV):36% ~ 50%

通信速度に関して言えば、WLI-PCI-G144Nの方が若干速いぐらいなんだが
クライアントマネージャーVに表示された受信感度には結構の差が付いた感じ。
受信感度を上げて通信切断を改善したかった身としては、なかなか良い結果に。
まだ実装したばかりなので、1週間ぐらい様子見てから状況を追記する予定。


■ 2009/06/25追記
WLI-PCI-G144Nを導入してみてから1週間が経った訳ですが・・・
あれだけしょっちゅう出ていた通信切断が1度も出なかった!イヤッフー!!
目的としていた通信切断の改善が見事に解決したので頗る満足ですよ~。

ついでに接続環境を軽く書いておく。
親機との距離は直線距離で約20m未満、間に2つほど壁有り。
10階建てのマンションってのもあるのか、ワイヤレスネットワーク検索かけると
10~20個くらい接続先が見つかるような電波状態。

テーマ:周辺機器 - ジャンル:コンピュータ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 きまたび all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。