きまたび -気ままな旅人日記-
やる気なんて永遠に出る気がしないヘタレのガッカリブログ。リンクフリー風味。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009F1第4戦バーレーンGP予選の巻。

ふて寝していたらFP3見逃してちょっと涙目なワナ。

開幕からのフライアウェイ4連戦の最後、砂漠のバーレーンGP~
さすがにここは雨降らんだろうからやっとまともなレースが見られるのかも知らん。
でも決勝当日は風速10m以上とかいう予報も・・・とっても砂嵐の予感!
それと途中交代説が出てきて、いよいよケツに火が付いてきたピケ子さん。
新空力パーツ貰ったから予選でQ3を狙うよ!なんて自分でハードル上げた運命やいかに!

あと今回CSの実況、長坂かよ・・・長坂うるさい、マジうるさい。
FP1の実況の時にだだ滑りを2回もやらかした罪は重いんだぜ!

・マクラーレン
ハミルトンが5番手、コバライネンが11番手。
なんだかんだでQ3まで持ってくるハミはすげぇなぁ、しかも5番手だよ。
レコードラインの奇数列だし、KERS積んでるんでスタートうまくいけばおいしい位置だよ。
一方コバはQ2敗退で11番手、マシンの実力考えれば妥当な線だが・・・
ハミが良い位置に着けてるだけに、何とも言えない空気になってそうだ。

・フェラーリ
マッサが8番手、ライコネンが10番手。
今回入賞できないと、開幕4戦連続ノーポイントの新記録を達成しちゃうのでかなりヤバイ。
昔と違って今は8位までが入賞なんで、達成したら会長宅の壁に穴が開くぜ!(えー
その割には新パーツも持ってこないし、何のんびりやってんだよと思わなくもない。
そんなフェラーリですが、今回は2台ともQ3進出、入賞の可能性が上がってきたぜ!
でも2台とも665kg前後ってちょっと重めじゃない?って気もしないでもないが・・・
入賞できると良いね!がんば!(他人事風

・BMW
クビサが13番手、ハイドフェルドが14番手。
ここまでロクにアップデートしてないBMWはじんわりと後退中・・・
今回は2人揃って仲良くQ2落ちと全く奮わず、っていうか、これが精一杯って感じ?
開幕戦からそうだけど、リアがスライドしすぎだもんな、見ていて辛そうでもうね。
トラクションがイマイチな割にはリアタイヤに厳しいとか、どうしろとって感じだしな。
それにしても2台とも695kg越えとか、どんだけやけくそ気味なんだよ今回は。

・ルノー
アロンソが7番手、ピケJrが15番手。
しっかりとQ3まで持ってくるアロンソさんは相変わらずパネェって感じ。
ハミと同じく奇数列でKERS組なので、ロケットスタートに期待したいところ。
で、ピケ子さんですが、Q2落ちで15番手でしたー!残念っ!首にまた一歩近づいたぜ!
土台、Q3進出は無理だとしてもだ、Q2ラストアタックの最終コーナーでのミスはイカンよ。
ここぞ!という場面で、カメラから華麗にフェードアウトしていく姿は
ある意味芸術的と言っても良いんだが、ネタ的には神だが、評価はがた落ちですよねー。

・トヨタ
トゥルーリがPP、グロックが2番手。
開幕4連戦に初優勝を賭けていたらもう4戦目で背水の陣だよ!的なトヨタさん。
しかし!ここに来てついにフロントロー独占!やれんのか!やれんのかぁ!!
2台とも645kg前後と上位陣の中では一番軽めとはいえ、タイム的には悪くない。
冬のテストで走り込んだサーキットでフロントロー独占・・・
ここまでフラグ立てておいて、初優勝逃すなんてさすがに無いだろう的な?
まぁ不安要素が無い訳でもない、差が詰まったとはいえブラウンはロングラン良いだろうし
意外に燃料積んでたベッテルが真後ろにいるのも気になる、2台とも軽めなだけにな。
あと砂嵐来たら鶴さんは様式美発動して自滅なんてオチも十分考えられるし・・・
まぁなんだ、グロック頑張れー!マジで!ってところかも。

・トロロッソ
ブルデーが20番手、ブエミが17番手。
フォースインディアが予想以上に速くなってきてちょっぴり涙目な予感。
そしてまたもや新人に負けるブルデーさん・・・そろそろ擁護しようがないんだぜ!?
しかもまた今年のマシンは僕のドライビングスタイルに合ってないとか言い出す始末。
去年も同じこと言ってたし、マシンに合わせるのもプロの仕事だろうが・・・
そんなこと言ってるとシート無くなっちゃうぜ!ただでさえ風前の灯火なんだから。

・レッドブル
ウェーバーが19番手、ベッテルが3番手。
まさかQ1落ちするとはチームも本人も夢にも思わなかっただろうなぁ・・・
スーさんにアタックラップを思いっきり邪魔された故の結果なのでなんともはや。
ウェーバーさん怒ってんだろうなぁ、スーさん速攻で謝ったらしいけど。
ベッテルは3番手をGET、しかも659kgと結構積んでてこの位置、ベッテル恐ろしい子。
タイヤに厳しいマシンなんでどうなるか判らんが、逃げるであろうトヨタに
ついて行けちゃったら、トヨタ的にはかなりの驚異にありそうだ・・・
しかも奇数列にいるし、スタートでグロック交わせたらかなり熱いぞ!展開的に。

・ウイリアムズ
ロズベルグが9番手、カズキが12番手。
うまく噛み合わずにここまで来ちゃった感のあるウイリアムズですが
ここに来て気がついたらマシン的にも中段に沈んじゃってない?的な気が・・・
ニコが670kgで重タン気味なのもよくわかんないしなぁ、KERS組が前にいるとやっかい
だからもうちょっと軽めにしてでも前に出るべきだったと思うんだけどなぁ。
ニコの回りKERS組ばっかりだし、厳しいレース展開になりそうな予感。
ドライバーの待遇に差を付けないことで有名なウイリアムズですが・・・
今回はニコにのみ新パーツ導入ってことで、カズキさんどう考えてもセカンドです、あ(ry
まぁセカンド扱いでも文句言えないよな成績的に。今回は頑張った方だと思うけどさ。

・フォースインディア
スーティルが16番手+3グリッド降格(進路妨害ペナ)、フィジケラが18番手。
ここでこんなにも早く空力アップデートしてくるなんて思ってもみなかった!
しかもダブルデッカーのディヒューザーまで持ってくるなんて、完全に侮ってた!!
Q1落ちしたとはいえ、前とのタイム差はまたかなり縮んだ訳で。
ドライバー2人とも乗りやすくなったとテンション高めだし、チーム的にもイケイケ気味?
展開次第では入賞って話も大分現実味を帯びて来ちゃって、見てる側としては歓迎だぜ!
でもスーさんはウェーバーさんにゴメンナサイしないといけないよね、もうしたけどさ。

・ブラウンGP
バトンが4番手、バリチェロが6番手。
どうせまた660kg前後で積んでるんだろと思いきや、今回は650kg前後といつもより軽め。
それでいてこの位置と考えると、開幕戦からのアドバンテージは大分縮んだようで。
開幕から何もアップデートしてないんである意味当然と言えば当然なのかも知れんが。
でも楽に勝てなくなっただけで、勝てないマシンでは無いんでまだ戦えるよな。
しかし今回は奇しくも2台とも砂の乗ってる偶数列で隣の奇数列にはKERS組が・・・
2人ともスタートうまくないんで、KERS組に前行かれたら涙目な展開ですな。

テーマ:F1グランプリ - ジャンル:スポーツ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 きまたび all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。