きまたび -気ままな旅人日記-
やる気なんて永遠に出る気がしないヘタレのガッカリブログ。リンクフリー風味。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009F1第3戦中国GP予選の巻。

KERS搭載車が3台になってFIA涙目でござるの巻。

開幕からスッキリしない要員の一つでもあったディヒューザー問題は合法で決着に。
これでブラウン・トヨタ・ウイリアムズはそのまんまでOKと。
マクラーレンは前戦からすでに2段もどきを導入してるし
ルノーは今回から暫定新型ディヒューザーをアロンソのみに導入。
BMWも開発進んでるし、レッドブルはニューエイ先生がファクトリーに籠もって思考中。
トロロッソはレッドブル待ちだろうし、フォースインディアはすぐには無理そう。
フェラーリは昔ならこの手のゴタゴタ問題にはいち早く出し抜くってイメージだったんだが
今回は開発がすんごく遅れてるらしい、ホントどうしちゃたんだろうねぇ・・・

・マクラーレン
ハミルトンが9番手、コバライネンが12番手。
できあがった新パーツを片っ端から導入しまくってるマクラーレンですが
一応、効果は上がっているらしく、前よりは乗りやすくなっているらしい。
そのおかげもあるんだろうけどハミはなんとかQ3へ進出出来た模様。
とはいえ、速い訳でもないんでギリギリ入賞争いが関の山ってところかなぁ。
コバはとりあえず完走目指そうぜって話だな、うん。

・フェラーリ
マッサが13番手、ライコネンが8番手。
KERS外して見たけど大して速くならなかったでござるの巻。
前戦でトラブル出まくったので外したとのことだが、F60ってKERS積む前提で設計されて
いたはずだから、外した時の重配・セッティングデータあんまり無いんじゃ・・・
ライコさんが8番手に着けたけど、ここも入賞狙うのが精一杯っぽいな。
マッサんは690kgの重タンで粘る戦法の模様、13番手じゃしょうがないか?

・BMW
クビサが18番手、ハイドフェルドが11番手。
クビサは金曜日にKERS積んでみたけど、やっぱり外して予選に臨んだらごらんの有様だよ!
まさかQ1敗退するとは本人もチームも思ってなかっただろうなぁ・・・
クビサがKERS積むには開発中の軽量シャシーの登場まで待った方がよかったんじゃ。
ニックたんはこれで3戦連続予選11番手!まさに定位置!抜群の安定感!ってオイ。
お願いだからなんとかQ3まで持って行ってくれよ~、頼むよマジで。
スタートでうまくKERS使って前に出て、入賞狙うのってのが現状だよなぁ・・・

・ルノー
アロンソが2番手、ピケJrが17番手。
KERS外して新型ディヒューザー付けたアロンソ様が2番手GET!ステキー!
でも重量発表されて、637kgという超空タンっぷりに吹いたワナ。ある意味ステキー!
まぁピケ子に同じことやれっていっても出来ないだろうし、その辺はさすがと言うべきか。
で、ピケ子は期待を裏切らないQ1落ち、そしてルノーのタンクってそんなに積めるの?
っていうぐらいの燃料を積んだ697.9kgの超重タンでの一人旅。雨降ればナントカナルヨ!
あとピケ子さん、最近チーム内での自分の待遇にご不満があるご様子。
でも過去に2度の王座獲得し、去年も2勝上げた実績豊富なアロンソ様と
2年目でたいした実績も上げていない永遠のルーキーであるピケ子さんが
同じ待遇を望むその根拠のない自信はどこから溢れてくるんだろうか・・・ふしぎ!

・トヨタ
トゥルーリが6番手、グロックが14番手+5グリット降格(ギアボックス交換)
グロックはFP3でギアトラブル、結局交換しちゃったんで5グリッド降格決定済み。
予選で挽回しなきゃいけなかったんだが、ミスって14番手に・・・まぁ頑張れ(えー
鶴さんは6番手ではあるものの、TOP3台が超軽タン組なので、実質の相手はブラウンGP。
ブラウンの2台の真後ろに着けているが、燃料は1周分ぐらい鶴さんの方が多めなので
うまく戦えばブラウンを出し抜けるかも?トヨタ初優勝も無くはないかも・・・

・トロロッソ
ブルデーが16番手、ブエミが10番手。
新人ブエミが今シーズンチーム初のQ3進出してブルデーさん涙目でござるの巻。
ソフトタイヤ全部使っちゃったのはアレだが、これは褒めていいよね、ブエミおめ。
ブルデーさんは無線で言っていたがミスったのでこの位置らしい。でももうちょっとなぁ。
まだすべてのパーツが揃っていないとはいえ、少しずつ集まってはいる訳で
レッドブルが速いだけに、このチームまで速くなってくると他のチームは怖いよなぁ・・・

・レッドブル
ウェーバーが3番手、ベッテルがPP。
ベッテルがチーム初、自身2度目のPPをGET!しかも1発タイム出しで!シビレルー!
マシンに爆弾抱えてたからという事情があったとはいえ、Q2・Q3と連続で1発出し
ってのは、久々に見ていて痺れたぜ!最高のエンターテイメントだったんだぜ!
ウェーバーさんも十分速かったんだが全部ベッテルに持って行かれた感有り・・・
一瞬だけ見た初PPも砕かれたし、もうそういう星の下に生まれてるとしか。
2台とも645kg前後の軽タンなんで、序盤にどんだけ逃げられるかが全てですな。
個人的にはブラウン無双はお腹いっぱいなので頑張っていただきたいところ。

・ウイリアムズ
ロズベルグが7番手、カズキが15番手。
ニコが7番手だけど、650.5kgの重量考えると、ブラウンの前には出ておきたかったねぇ。
スタートでジャンプアップしないと完全に後手に回るので苦しい戦いになりそうだ。
カズキの方は・・・まぁもうどうしようもないんじゃね?(ひでぇ

・フォースインディア
スーティルが19番手、フィジケラが20番手。
トロロッソが速くなりつつあり、ディフューザーが合法になって一番キツイのはここだな。
技術力的にも資金的にも新型ディヒューザー投入はかなり苦しいだろうからなぁ・・・
ダウンフォースが基本的に無いんで、テクニカルサーキットは辛いし
モンツァみたいな全開率の高いサーキットにかけるしかないのかなぁ、現状は。

・ブラウンGP
バトンが5番手、バリチェロが4番手。
前に3台いるが、軽タン組なんで実質的にはやっぱりここがレースの主導権持ってるよね。
1コーナーで絡むとか何かしらのトラブルが出ない限り、手堅い印象はぬぐえず・・・
2台とも660kg前後でそこそこ積んでるし、ペースコントロールできちゃうもんなぁ。はぁ。

テーマ:F1グランプリ - ジャンル:スポーツ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 きまたび all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。