きまたび -気ままな旅人日記-
やる気なんて永遠に出る気がしないヘタレのガッカリブログ。リンクフリー風味。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サイバーちっく日記。

今日のべびプリ日記に登場した麗さんの最後のセリフを読んだ瞬間に
「くふぅ!」とか言いながらニヤニヤしている俺は自重すべき!なのか?(えー

時をかける少女Blu-ray版の発売決定と聞いて光の速さで予約しましたが何か?
DVD版持ってるけど、もはや理屈じゃないよね!?(どんな理屈だよ
しかも発売が夏真っ盛りとタイミング的に素晴らしいな・・・角川恐ろしい子。

α700買って以降、家での稼働率がさっぱり無くなったDSC-H3。
じゃあまったく使っていないのかというとそうでもなく
割と寄れるマクロ機能とMモードでの露出調整のおかげで
意外にも職場で大活躍だったりと結構重宝していたりする訳でして。
ただ不満が無いわけでも無くて、実際に使っていて素で使い辛いと感じている
液晶画面視野角の狭さは何とかしたいなぁと思っているたり・・・

広角28mmに惹かれてDSC-W170を検討してみたものの、Mモードが無いってのと
何よりもマクロ機能がしょんぼり過ぎて結局スルー。
もう思い切って、液晶変えただけ的な(ヒデェ)DSC-H10に突貫しちゃうか?
とか思いつつSonyStyle見にいってみたら、さりげなく新機種ががが!!

物凄くエントリー機な感じのDSC-W110は華麗にスルーして(酷
まずはWシリーズのハイエンドモデルとなるDSC-W300
薄型・スタイリッシュ路線だったTシリーズが、多彩な機能を如何に簡単操作で
きれいに撮れちゃうフルオートデジカメ路線を爆進中な訳ですが
Wシリーズは無難に正統派なデジカメとして正常進化してきた感じですな。
このDSC-W300もDSC-W200をマイナーチェンジして高級感を出した感じに。
この機種も液晶がネックだったものの、改善されたし、強靱なチタンコートのおかげで
傷が付きにくいというボディも携帯する面からするとかなりの好感触と
結構良い感じに仕上がってるんだが、画素数が1360万画素ととんでもないことに・・・
1200万画素でもやり過ぎ感があったのにさらに上げてくるとはなぁ。

まぁ魅力的な製品であることには間違い無いんだが、個人的にはDSC-H50がかなりツボに。
α350をコンデジよりで作ってみました的な感じなんだが、すげぇ面白そう・・・
ここ最近のサイバーショット的機能はすべて搭載している上にナイトショット復活。
画角は35mm換算で31mm~465mm相当をフォローし、バリアングル液晶まで搭載と。
取りあえず何でも詰め込んでみましたっぷりにすげぇワクテカしまくってるワナ。
あくまでもコンデジなのでデジ一的な画は到底期待できないのはわかっているものの
このとりあえずなんでもできちゃう的な感じは、おもちゃとしては最高なブツな予感。
もはやコンデジとは呼べないんじゃ?的な大きささえ気にしなければ・・・
これは素で欲しいかも知れん、悩ましい、悩ましいぜ。

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 きまたび all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。