きまたび -気ままな旅人日記-
やる気なんて永遠に出る気がしないヘタレのガッカリブログ。リンクフリー風味。
2007F1第15戦日本GP決勝の巻
体調不良で寝込んでいたので予選を見逃したけども、辛うじて本戦は見ましたよ。
率直な感想をいうのであれば、トヨタはもう帰れ!帰れよぅ・・・の一言に尽きるかと。
あとは、日本人がいかにマゾい人種勝ってのを世界に示したかなぁと(えー

なんか狙い済ましたかのような低気圧のおかげで雨&霧&低温という素敵コンディション。
ヘリ本当に飛べるのか?という天候の中、ある意味強行スタートするも、序盤はSC先導という有様。
結果的にはレースでの怪我人が出なくてよかったけども
ドライバー達からはレース開催自体に疑問視だったしな。
大見得切っていたマイカー禁止のシャトルバス方式も予想通りの大混乱振りどころか
会場内のバス通路が崩壊するという斜め上の展開。
悪天候の中、最低でも3時間以上待たされている観客を尻目に
なぜか禁止のはずのマイカーでさくっと帰路につくトヨタ関係者様が現れる有様。
他にも上げるときりが無いんだが・・・、禁止にしていたはずの旗振りと横断幕も
本戦が始まるや否や、トヨタ様応援席だけいきなり馬鹿でかい横断幕が登場する始末。
極めつけは国歌独唱中にエンジン始動させるという傍若無人っぷり。
これがさぁ、トヨタ様主催の国内ワンメイクレースならさ、勝手にやってくれよって感じですけど
今回は国際イベントな訳ですよ。日本GPと謳っている限り、日本自体の評価に直結する訳で。
もう、どう考えてもイメージダウンだよな・・・去年までの鈴鹿で特に問題なかっただけに余計にな。
そんな状況でも観客動員数だけ見て、大 成 功 !になるのがトヨタクオリティ!!

ちなみにレース本選の方はFIAの手厚いご加護の元にハミルトン様が
ポール・トゥ・フィニッシュを飾られまして、王座に王手な感じ。なんだかなぁ・・・

・フェラーリ
「スタートでエキストラウエット履いてないと失格だお」というメールがスタート後に届くという
開いた口が塞がらないような出来事のおかげで、おもいっきり出鼻挫かれた訳ですが
そこからの追い上げ方を見るにこのレースで一番目立ったチームかもね。
ライコネンは何とか3位まで持っていって、辛うじてほんの僅かな希望を繋いだって感じ?
デビクルへのオーバーテイクや終盤まで縺れたコバライネンとのバトルなんかを見てると
まだ諦めていない走りをしている感じは伝わってくるんだけども・・・
やっぱり運が無いんだよな・・・本当になんなんだろうねぇ?
一方、マッサんの方は完全に脱落してしまいましたな。苦手なウエットでも今回頑張ってるじゃん!
と思ったらタイヤ交換してて吹いたワナ。どんだけタイヤ抉って走ってんだよ、マッサん。
そして終盤のクビサとのバトルでまた更に吹いたワナ。
あの小学生の喧嘩みたいなバトルされたら吹かざる終えないといいますか、なんというか。
美しくはないけど、エンターテイメントとしては最高のパフォーマンスだったよね。
ただ、弾き出されたマッサんの方が速く走れちゃうという、ランオフエリアについてはなんとも・・・
安全性を考えれば必要なものなんだけど、こういう事例が続くとなんだかなぁって感じに。
コースアウトしたらアウトって固定観念はもう古いって事のなかねぇ・・・うーむ。

・マクラーレン
スパイ問題の有罪確定以降は速さを見せていても興ざめな感じなのは私だけではないはず・・・
アロンソはトロロッソ製の有人ミサイルが右舷に被弾して(えー)マシンにダメージを負い
最終的には挙動を乱してスピン、そして運が悪い事にウォールにどーん!でリタイアっと。
これで逆転はかなり厳しくなりましたねぇ、元々ツキは持ってる方だけどもさすがに辛いか?
ハミルトン様はもうやりたい方題し放題って感じですよ?
SC先導中に無駄にトリッキーに動こうが規定距離よりも離れようがお構いなし。
どう考えてもレーシングアクシデントだったクビサとの絡みも、言ってしまえばフェラーリのあれも
なんでもかんでもぜーんぶFIA様が守ってくださいますからねー
まだ結果が付いてきているから周りもついてきてるかも知れんけど
それが崩れた時はどうなるんだろうねぇ・・・ある意味楽しみですよ?

・ルノー
フィジケラ5位キター!やれば出来る子なんだよ!なーんて思っていたら
コバライネンが初の2位表彰台とか取っちゃうモンだから・・・くっ。
しかもこの2位もライコネンの猛攻を凌ぎきってのものだから、ますます評価が上がるよなぁ。
未だにシート確定してないし、未来が真っ暗だよママン・・・

・BMW
フェラーリがいなくなった時点ではいよいよニックたんの初優勝かぁぁぁああぁあ!!
と無駄に超テンション上げていたんだが、ホンダ製有人ミサイルに撃墜されてもう涙目。
その後は地味に順位を上げてきたものの、残り数周でリタイア・・・
今回はツイてなかったとしか言いようがないなぁ。
ツイてないというか、最近空回り感の出てるクビサですけど
今回はさすがにもう笑うしかないって展開でしたな!ペナルティもそうだけど
最後のバトルもあの結果は納得したくないよなぁ・・・

・トヨタ様
あれー?全力で行くんじゃなかったんすか~?あ、逝くの間違いでしたか!サーセンw
今回は日本勢、ほぼ全滅だったけども一番酷かったよな。素で。
頼みの空タンク予選アタック作戦も雨じゃねぇ・・・
やっぱり企業体質的にレースに向いてないんだよ、そろそろ気付いてくれYO!

・ほんだー
最終的には身悶えるほど、何も残らないリザルトだったけども
予選での躍進と本戦序盤での位置を考えると、ある意味一番おいしかったよなぁ。
特にトヨタ様に対しては、こうかはばつぐんだ!って感じですよ。
でもなぁ、スーパーアグリを逆転できる千載一遇のチャンスを見事に降ってる辺りが
今年のホンダを表してるよな・・・つーか、スパイカーに並ばれそうなんですけどー

・スーパーアグリ
殆ど地上波には映っていなかったような気もしますが、結果も散々だし妥当だったのかもな。
それにしても日本製有人ミサイルの命中率は素晴らしいな・・・(えー
ところで日本GP、あと次戦が中国GPってことで、完全に宣伝目的とはいえ
いろいろスポンサーが付いてましたねぇ、中には胡散臭い企業もあるけど・・・
これで資金的に運営が上向きになってくれればいいけどなぁ。

・レッドブロッソ共和国(待て
普段は信頼性で悩まされてるくせに、こういう荒れた展開だと活躍する謎の軍団・・・
でも、そんなところも・・・好きだぜ!!
特にレッドブルはデビクルがまったりと4位、ウェーバーも身内からの爆撃がなければ
表彰台も狙えていたからなぁ・・・ホント、曲者コンビですこと。
それにしてもベッテル・・・あれは見てるこっちが胸締め付けられるほどの悲壮感でしたよ。
これで潰れなきゃいいけどな・・・若さ故の過ちって事で。つーかハミ(ry
でも相手がウェーバーだからなぁ、ネチネチうるさいんだろうなぁ(偏見

・スパイカー
"( ゚∀゚)o彡スーさん!スーさん!
Bスペックを手に入れてからのスーさんはまるで水を得た魚のようだぜぇ!!
大して期待されていなかったBスペックマシンですが、ここまで乗りこなしてくれると
開発陣も本望だよなぁ。

次戦は休み無しでもう中国GPですよ。
ここで決まってしまうのか否か・・・そこだけが焦点ですな。

テーマ:F1グランプリ - ジャンル:スポーツ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 きまたび all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.