きまたび -気ままな旅人日記-
やる気なんて永遠に出る気がしないヘタレのガッカリブログ。リンクフリー風味。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007F1第6戦カナダGP決勝の巻
いやぁ、荒れに荒れましたなぁ・・・それゆえにいろんな事が起きましたが
取りあえずクビサが命に別状は無いそうでよかったよ、ホント。
近年では珍しく激しいラッシュでしたからね、これほどインパクトはBAR時代のジャック以来か?
元々セーフティーゾーンが少ない上に、宙に浮いていたので
ほとんど減速できない状態でコンクリートウォールに直撃した映像を見たときは絶句し
生中継なこともあってどうなるのか気が気じゃなかったけど
あのクラッシュで無傷&即日退院可能って、すげぇ・・・ある意味こっちに絶句だ!
当分はベッテルにシートを預けて、十分に休養して元気にサーキットへ戻ってくるの待ってますよ。

んで本選ですが、クビサのクラッシュも含めてSCが計4回も出撃するという大波乱ですよ?
完走が12台となったサバイバルレースになった訳ですが・・・
ついに!あの彼がやってくれましたよ!そう!!ニックたん2位表彰台キター!!!(そっちか!
いやいや、ニックたん好きとして、ここは譲れませんよ?フフリ。
そして琢磨が6位入賞ですよ!?6位ですよ6位!!
しかも後半のオーバーテイク劇は燃えるなという方が無理!
深夜というよりかもはや早朝近い時間にテンション上がって叫んでしまいましたよ。
しかも抜いたのがあのマクラーレンの王者アロンソですよ?そりゃゾクゾクもするって!!
それ以外にもレースの最後までどこかしらで攻防が続くという実に熱いレースでしたよ!
いや~満足満足。あ、ちなみに優勝はハミたんでした(軽っ

・フェラーリ
開幕からの流れはどこへやら・・・といった感じで、まるでいいところ無しですよ、笑えるほど。
荒れたレースで5位入賞ってのは普通は悪くないですよ?
でも最速マシンと謳われ、チャンピオン争いをしているチームがこの有様では・・・
まぁサバイバル展開でライコネンが完走してるのはちょっとビックリだが、それ以外の見所は皆無。
安定感が増したのはいいけど速さを犠牲にしてどうするよ・・・中盤に自爆して琢磨に抜かれて
そのあと交わすどころかついていくのがやっとだなんて・・・ある意味衝撃映像ですよ?
マッサはスタートで4番手へ上がったのはまでは良かったものの
そのあとはウェーバーとフィジケラの曲者に挟まれてても足も出ず
仕舞いにはPITアウト時の信号無視で敢え無く黒旗失格ですよ。
そして極めつけはアロンソがミスった時のあの態度!アレ正直どうかと思うぞ。
アレでは精神的に未熟だと叩かれても反論できねぇよなぁ・・・
元々大して好きなドライバーでもないけど、個人的には好感度大幅ダウンですよ。
取りあえず国際映像のスナイパーっぷりに乾杯っと。

・マクラーレン
チームメイト同士でそれはもう激しいほど明暗が分かれる結果になりましたな。
ハミたんは初のPPからそのまま一度も前を譲る事も無く、異次元世界で一人旅~
んでそのまま華麗に初優勝ですよ?もう笑うしかねぇな・・・HAHAHA。
いやね、これでもう6戦連続表彰台とか、単独ポイントリーダとか、ルーキーなのにこれだけ荒れて
GP2時代からの友人の大クラッシュ等にも動じずに、一度のミスも無く
そして一度も前を明け渡すことなく、初優勝ってお前はサイボーグか!とか
いろいろ思うところもありますが、正直な話・・・今回は空気だったなぁと(ヒデェ
で、アロンソの方は・・・まぁ、なんだ、その・・・こんな日もあるよ、な!って感じか。
スタートでハミたんに仕掛けて見事に自爆し順位を下げ、そのあとも幾度となく細かいミスを連発し
PITインしてタイヤを履き替えて追撃開始と猛追を見せるものの
後からオフィシャルに「SC中に給油しちゃめーなの!」とお叱りを受けて10秒ストップペナルティで1
5番手へ・・・そのあとも猛追を見せてライコネンに迫るもソフトタイヤが悲鳴をあげてしまい
ペースダウンしたところを琢磨にまさかのオーバーテイクをお見舞いされるという
アロンソ的にぶっちゃけありえな~い!な展開にアンチよりの私でも目から心の汗が・・・
タイヤの差が予想以上だったとはいえ、完全に格下相手に成すすべなく抜かれる・・・
普段のレースでは考えられないようなこのシチュエーションはさぞかし屈辱だったろうなぁと。

・BMW
とにかくクビサが無事で本当によかったよ。上でも書いたけど無傷で即日退院できる程度なんて
あの大クラッシュからは想像できませんよ!運もよかったんだろうけども
ドライバーを守る為の技術の凄さに改めて脱帽ですよ。
でもあのクラッシュですから、ボクサーでいうところのパンチドランカー症状にならないといいけど・・・
まぁとにもかくにも今はゆっくりと休養していただきたいですな。
そしてニックたんが2位ですよ2位!アロンソの自滅でGET~なんて、一見楽に見えますけど
決してそんなことも無く、序盤はマッサ、中盤はアロンソ、終盤はブルツと接近戦を演じ
それを全て退けて守りきった2位表彰台ですからな!もーホントに頼もしいんだっZE!!
この鉄壁のようなポジションキープ力はホンダの自称エース様辺りは見習って欲しいですよ。

・ルノー
コバライネンが自己最高位である4位をGET。もう少しで表彰台でしたけど決勝までの流れの悪さと
最後尾からのスタートってことを考えれば、これ以上望むのは酷ってものかと。
同期が絵に描いたようなサクセスストーリーを歩んでいる中、あまりいい結果を残せてなくて
正直焦りはあったと思うけど、これを機会に上り調子のルノーと共に腕を磨いて欲しいですな!
フィジケラはいいところにいたし、うまくやれば表彰台も狙えたレースだっただけに黒旗失格は痛い。
でも信号を見てなかったてのは完全に自爆だからねぇ・・・
隣にいたクビサはしっかり止まってたのでもはや言い逃れできないし。
でもここ数戦はマシンの戦闘力が回復してるのが見てて分かるし
チームが上り調子ってのはポジティブだよねぇ。

・ウイリアムズ
表彰台に乗ってるブルツがデカ過ぎて吹いた(えー
予選で沈んだ分、大胆にも1ストップ作戦という一か八か的な賭けに出た訳ですが
見事に功を奏して3位表彰台という、はっきり言って意外な結果に。
リアウイングが損傷し、ソフトタイヤでロングランという条件で、運も絡んだとはいえ
この結果を得られたってのは、よっぽどマシンバランスがいいんだろうか?恐ろしい子!
ニコはたまに若いな・・・という走りになるけど、割と安定してるし、一発の速さも持ってる。
でもちょっとツキが無いかなぁと、頑張ってはいるんだけどね。
アロンソと同じく入れないとガス欠で止まる状態でSCという、最悪のタイミングで
PITに入っちゃったので、例のごとく、オフィシャルから「私がルールだ!」と
一喝されて、10秒ストップペナルティで結局10位が精一杯に。
ここのところ予選はいいけど決勝はダメってのが多いのでアレですけども
ここもチーム状態が上昇中なのでポジティブなんだよねぇ。

・トヨタさん
えー、ポジティブじゃないチームその1~
ラルフはれーすをかんそうしたっ!8いニュウショウし1ポイントをてにいれたっ!
ちゃららちゃっちゃっちゃ~ん♪
ラルフはレベルがあがったっ!ざんりゅうのかのうせいがすこしあがったっ!って感じ?(えー
ホントに何とか首の皮一枚繋いだって感じだな・・・正直棚ボタ感は拭えませんけど。
ある意味トゥルーリのスーパーアシストのおかげといえなくも無い・・・何と言う友情!感動したっ!
SC先導中になんでもないコーナーで壁に突き刺さるなんて・・・予想外デスってレベルじゃねーぞ?
トゥルーリってホント極たまに起こしてはいけない系の奇跡を起こすからなぁ・・・不思議だ。

・ホンダ(仮)さん
もう全然ポジティブじゃないチームその2~
公園内サーキットということもあってか、自称ホンダのエース様はホンダ魂の元に!
最後の力を振り絞って地球環境問題を訴えたのであった・・・完!!(えー
結局スタートすら出来ずに実にエコに貢献したバトンは論外としてもなぁ・・・
めまぐるしく変わる状況の中、各チームがいろいろ臨機応変に動く中で頑固一徹を貫き
その結果は見事な最下位!一度決めた作戦は意地でも変ねぇ!それが漢じゃぁぁあぁ!!
といわんばかりの気迫の前にもう涙で前が見えません・・・いろんな意味でなぁあ!
ところでカナダGPに持ってくるっていってたBスペックまだー?

・スーパーアグリ
まさかこんなにも早く再び入賞する姿がみれるとは・・・!しかも6位ですよ!?
しかも最後の最後まで攻め続けた結果ですからね!もう興奮するなというほうが無理。
ライコネンを押さえる姿に驚愕し、アロンソをオーバーテイクするシーンで魂を振るわせる・・・
琢磨のオーバーテイクは常に危うさが潜むような突っ込み方なので緊張感が半端じゃないね。
ゆえにぶっつけ屋と言われたりもしますけど、あの独特の魅力はほかのドライバーにはないよねぇ。
昔は鉄砲玉って感じだったけど、今は駆け出し剣客って感じになってきたしな(どんな例えだよ・・・
デビットソンもアクシデントが重ならなければ入賞は出来てただろうしな。
さすがにビーバーが飛び出してくるなんて想定外だよな・・・
それでフロントウイングが損傷して、最終シケインのブレーキングで
止まりきれずにPITレーンにINしたお!状態に・・・
ある意味2つともこのコースならではと言えなくもないが・・・運が無いよなぁ。

・レッドブル帝国
親分・子分ともにマシンの戦闘力が向上しているこの帝国。
特に子分ことトロロッソの向上ッぷりは何気に凄いかと。
昨年はスーパーアグリ、ミッドランドとともに下位チーム扱いだった事考えればねぇ?
まだ結果が伴なってない状態ですけど、もはや下位チームとは言えなくなっているかと。
このレースは親分・子分ともに踏んだり蹴ったりな内容になっちゃいましたけど
ちょっと浮き沈みが激しいものの、ここもチームがポジティブなのは確かだし
次はスピードくんの母国GPってことで頑張ってもらいたいところですなぁ。

・スパイカー
全然ポジティブじゃないチームその3~
というか資金不足でチーム運営どころか親会社もやばいらしいからな、笑えねぇ・・・
いつもならスパイカーは取り上げないのだが、さすがに今回はネタにしない訳にもな!
なんといってもSCを2回も呼び出してレースを掻き回すという、ある意味MVPですからねぇ・・・
色々ごねてる間にスーパーアグリとトロロッソに置き去りにされた感がありますが
まぁ未だにごねてはいるらしいが、さすがにヤバイと思ったのかしらないが
一応、24時間体制でBスペックマシンを総力を注いで作ってるらしいですよ?
どのくらいの総力っぷりかというと、今のマシンをバージョンアップ費用までも
全てつぎ込んでいるとのウワサ。
という訳で今のマシンは開幕戦あたりからほとんど手を加えてないらしい・・・せつねぇ。
そんな新マシンもチーム監督曰く大して期待できないらしい・・・切なさ炸裂ですな。

次は北米ラウンド第2戦アメリカGP!休みなしで連戦ですよ!
また生放送だよ!眠いよ!次の日会社だよ・・・orz
まぁそれは置いておいて、Stop&Goでなかなかの低速区間となるインフィールドと
オバールのバンクが特徴のほぼ直線&超高速区間となるアウトフィールドを
擁するなかなか独特GP。どちらを重視するかでかなりマシンの正確が変わる上に
抜きどころも多いサーキットなので結構楽しみですよ。
まぁ今年はエンジンのレブ縛りがあるので、皆インフィールドよりになりそうですけど・・・
あとここは琢磨が始めて表彰台に登ったサーキット、多分ドライビングスタイルとの
相性がいいでしょうねぇ。マシンもいい状態みたいだし
連続入賞も期待できるというものですよ。あわよくば表彰台も・・・フフリ。

テーマ:F1グランプリ - ジャンル:スポーツ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 きまたび all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。