きまたび -気ままな旅人日記-
やる気なんて永遠に出る気がしないヘタレのガッカリブログ。リンクフリー風味。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Logitech diNovo Media Desktop Laser の巻
フルセットの図
何の脈絡も無く、唐突ではありますが・・・
国内販売されたdiNovo(DN-800)を持っているにも関わらず
英字キーボード欲しさに大分前に衝動買いしたdiNovo Media Desktop Laser。
レビューもどきをせっかくなんでDN-800との違いも交えつつ、適当に書きますよ~

・キーボード編
キーボード単体
このキーボード見ればわかると思いますがかなりの薄型形状。
んで、テンキー部は別なので、パッと見だとサイズ的に小さいような印象があるかも知れませんが
右にある拡張ボタンとDeleteキー周りを独自の配列に変えたりしているので地味にデカイのですよ。
VGP-WKB1との大きさ比較
キーボードの部分だけで普通のフルサイズキーボード並の幅を持っているので
テンキー部と並べると意外と置き場所に困ったりするワナ。
ここら辺はアメリカン的な考え方だよなぁと。

キータッチはノートPC用のキーボードと同じような感じ。
タッチ感としてはIBMノートのキータッチに若干反発力を追加したような感じかな。
メカニカルほどでは無いものの、それなりにしっかりとしたタッチ感はあると思いますよ。
個人的には結構長いこと使っているっていうのもあるのだが、かなりお気に入りなタッチですよ。
これに関しては個人の好みがあるので実際に触ってみるのが一番だけどね。
タイプ音は、消音用かはわからないがゴム製のシートが挟んであるので割と静かですよ。
ただし、ホコリが溜まりやすいという欠点もありますけどね。
あとこのキーボード、裏面の滑り止めがちょっと高めなおかげで
キー部分が浮いている状態なので、タイピングの際に本体ごと波打っちゃうのがアレかな・・・

DN-800との相違点は当然英字と日本語の差があるが、それ以外はほぼ一緒。
表示マークが違いやす
唯一の違いは検索ボタンが別の物になってるくらいかな。


・メディアパッド編
メディアパッド単体
このキーボードセットの特徴ともいえる独立したテンキー部。
独立しているおかげで自由に配置できるのはそれなりに魅力的ですよ。
私なんかコレをキーボードの左側に配置しているので、もはや普通のフルサイズキーボードが
逆に使いづらいぐらいですよ?
DN-800との比較
DN-800との外見的な違いはカラーリングぐらいですが、機能的には大分差が出てます。
DN-800の方はメディアコントロールキーでの操作が出来て、電卓機能と時計機能(温度計付)
付いているだけでしたが、Bluetooth版はそれに加えてメール着信通知、メッセンジャー接続通知
ナビモード?によるWindowsの操作、対応メディアアプリケーション使用時の情報表示(曲名など)
かなり機能が豊富になっていて、よりリモコン的な操作が可能になってます。
よくよく見てみるとDN-800の方には「MEDIAPAD」の印字がありませんな。
Bluetooth版が機能豊富というか、DN-800が機能削りすぎってところですねぇ。

・マウス編
地味~なBluetoothマーク
DN-800との最大にして究極の違いがこのマウスですよ!
この差・・・圧倒的じゃないか・・・!
V200のカスタム版とMX-1000のBluetooth版ですよ?どんだけ差が出てるんだよ・・・
という訳で、付属のマウスはMX-1000、しかもこのセットでしか手に入らないBluetooth版。
もう付属ってレベルじゃねぇーぞ!って感じですな。
機能的には通信がBluetoothになっている以外は特にMX-1000との差は無い。
と言いたいところですが、通信がBluetoothな為なのか、スリープからの復帰が遅いですな。
どうやらBluetoothの通信確立させるためのタイムラグっぽいですな。
しかも割とスリープにはいるまでの時間が早いので、ややイラッとくるかも?
キーボードも同じ仕様になってるので、待ち時間の多いゲームとかには向いてないかもね。

・まとめ的な
国内未発売なのでそう気軽に手に入る物ではないし、多分2万以上かかると思われるので
お勧めなんて出来ませんけど、英字キーボードが欲しいとか、デザインが気に入ったなど
何か惹かれる要素があったのなら、突貫してもいいんじゃないかと。
国内モデルであるDN-800よりも機能的に付加価値が多いしね。
特に通信がBluetoothなのはかなり面白いですよ?
Bluetooth機能が搭載されていれば、付属の受信機なくても使用できるのはかなりの魅力。
私の場合はMX-1000がtypeT専用のマウスになってますよ。フフリ。
ただし、専用の受信機からでないとSetPointが認識しないので細かい設定が出来ないのが難点か。
まぁ、通信確立してしまえば普通に使えるのであまり気にならないけどね。
そもそもSetPointの出来が(略

テーマ:PC周辺機器 - ジャンル:コンピュータ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 きまたび all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。