きまたび -気ままな旅人日記-
やる気なんて永遠に出る気がしないヘタレのガッカリブログ。リンクフリー風味。
Logicool Z-10の巻
久々にレビューの名を借りて愚痴るコーナーを華麗に復活させてみるテスト。
という訳で、今回はLogicool Z-10のレビューもどきを書きますよ。
スペック関係はこちらを参照くださいませ~

・外観、形状的な
写りこみまくりの予感!
ドーンと構えた重厚感あふれるフォルム
黒をベースに表面にアクリルを使用することで醸し出される高級感・・・
と、値段の割にはかなりデザインと質にこだわりを見せている印象で
非常に見た目の満足感というのは満たしてくれますな。
タッチパネルや液晶のバックライトがオレンジってのも、個人的にはツボですよ。
ただ、表面にアクリルを使っているが故に、写りこみが激しかったり
ホコリや指紋がめちゃくちゃ目立つという欠点があったり。
掃除しようにも迂闊にさわるとまた指紋が付くというおまけ付ですからな。
指紋なんか付けなきゃいいじゃん!って話ですが、操作パネルがタッチパネルになってるんで
どう足掻いても操作する際には指紋が付くワナ。この辺は割り切りが必要かなぁ。
ちなみに掃除する時はコンセントを抜いておくのがオススメ。
タッチパネルの感度が過敏なので、そのまま拭こうとすると誤動作しまくる予感。
あと、意外とPC用のスピーカーにしてはでかいということも考慮しておいた方がいいかも。
なんだかんだ書きましたけど、見た目に関しては満足してますYO

・音質的な
ぶっちゃけ、見た目が気に入ったから買ったクチなので
どうでもいいと言えばどうでもいいんですけど(えー
使用感じとしては、2.1chのZ4ほどではないにしろ(当たり前だけどな)
2.0chの割には綺麗な低音が出てる印象。
音の幅も広い感じで、歪んだ感じもなく綺麗な音が出るなぁって感じ。(適当)
まぁ、私の腐れ耳での感想なんでアレですけど、PC用と考えれば必要十分な音質かなぁと。
ちなみにUSBで繋いだ時の場合ね。アナログ接続だとやや篭った音になる感じに。
という訳で、基本的にはUSB接続で問題無いのだが
USB接続だと著作権保護されているデジタル音声
ぶっちゃけると地デジの音声が再生されないので、PCに地デジチューナー積んでる人は
アナログでも繋いでおく必要アリ。
接続の切替はPCが勝手にやってくれる(アプリ依存かも)みたいだけどね。

・操作、ソフトウェア的な
ブレまくりでスマン・・・
音楽の再生操作や音量、高音/低音の調整などは本体のタッチパネルで操作することが出来ます。
ちなみにコレは日本非売品ですので悪しからず
メディアコントロールキー付きのLogiキーボードだと音楽操作や音量調整も可能です(当たり前?)
ただし、高音/低音の調整だけは本体でしか調整できない模様。
あ、ちなみに付属してるソフトフェアは、あくまで本体液晶にPCからの情報を表示する為だけの
ソフトフェアですので、本体の設定(音量とか)はもちろんの事、サウンドエフェクトかけたり
音質調整が出来たり~なんて気の利いた機能は一切、付いていませんので悪しからず。
相変わらず、クオリティの高さを見せるLogiソフト開発陣ですが、この程度で失望しているようではLogiは使いこなすことは出来ない!ぜ!

本体液晶に表示できるのは以下の5種類。
微妙な項目・・・
でも実際に使うのは、曲情報を表示できる「メディアディスプレイ」と、日時とメール着信が表示される「LCD クロック」の二つしか使わない(使えない)感じですな。
ぶっちゃけ他の機能は、別にスピーカーで表示しなくても・・・って感じですからなぁ。
表示の切替も手動と自動があるのだが、2つしか使わないのなら手動のほうがオススメ。
自動切換えは、アプリ連動という訳ではなく、ただ設定した時間で切替わるだけなので、
曲再生中だろうが問答無用で切替わるので、激しく微妙だったりする。
一応設定項目があるので、設定次第では何とかなるのかもしれないが、
いろいろ足掻いた結果・・・私はもう諦めましたYO。

「メディアディスプレイ」に対応しているプレーヤーはこんな感じ。
結構対応してますよ
自分の使っているプレーヤーにチェックを入れておけば、曲情報が表示されます。
うったわれる~もの~♪
表示に対応していれば、バックグランドでプレーヤーを起動させていても
タッチパネルで曲操作が出来ます。ついでにキーボードのメディアコントロールキーでもOK。
わざわざスピーカーに手を伸ばすのと、直接プレーヤーを操作するのとどっちが楽かと言われると
アレなのだが、作業中のBGM代わりに流すという用途などには、この機能はかなり便利かと。
ただし、非対応のプレーヤーの場合は、液晶はもちろん非表示、曲操作もプレーヤーが
アクティブじゃないと出来なくなるので悪しからず。
Sony大好きっ子である私が使っているのは当然のごとく「SonicStage」な訳ですが
狂おしいまでに見事なほど非対応なので、見事に機能を生かせていないワナ。
まさに無駄機能ですよ、HAHAHA。
このスピーカーにおいて、唯一まともな機能(えー)が使えないこの現実・・・
涙無しでは語れませんよ?
「OpenMG Jukebox」時代から使っているプレーヤーを今更変えられるかっつーの。

「LCD クロック」はその名の通り、時計を表示してくれる機能。
地味だけどな。ホント。
地味ではあるが、あると意外と便利なので、普段はこの表示にしておくのがベストかと。
しかもオマケ機能でメールの着信も教えてくれるという素敵機能付き。
まぁ、なんて便利なのでしょう!(そうか?)と思われがちだが、こいつが曲者だったりするワナ。
ソフトフェア上でメールサーバーの設定らしき項目が皆無なので、どうやら勝手にPCのメールソフトと同期してるっぽいのだが
そのメールソフトの受信メール数と、スピーカー側の表示が一致しないという素敵現象が。
証拠写真。暗めでスマン・・・
お前は一体なにを読み込んでいるんだと小一時(ry
ただの履歴の懲りだとは思うのだが、なかなか消えないというオマケ付き。
設定を変更し様にも、そもそも設定項目が無いので二進も三進も行かないのであった。
素直に非表示にしておくのが吉かと(ひでぇ
本体液晶下にある1~4のボタンは、お気に入りボタンみたいなもので
長押しする事でプレイリストやネットラジオの局などを登録しておける。らしい・・・
何故そんな微妙な表現なのかと言うと、使ったこないから。だってめんどk(ry

・総評
ハードは良いのにソフトがクソ!を地で行くような製品かと。
ホントLogiのソフトウェアは地獄だぜ!フゥハハハーハァー

いや、ほんと価格の割にはデザイン・機能的にもしっかりと作りこんだっていう印象はあるし
本体に液晶、タッチパネルを搭載するなどの新しい試みもしている。良いハードだと思うよ。
でも制御側のソフトがそれを生かしきれてないだよなぁ、悲しいまでに。
わざわざSetPointじゃなくて新規にソフトを立ち上げておきながらこの内容では
今後の発展もあまり期待できない予感・・・

テーマ:周辺機器 - ジャンル:コンピュータ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 きまたび all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.