きまたび -気ままな旅人日記-
やる気なんて永遠に出る気がしないヘタレのガッカリブログ。リンクフリー風味。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EVGAのグラフィックボード GTX 680 Classified 04G-P4-3688-KRを買ってみたの巻。

欲しい時が・・・、買い時・・・(虚ろ目

ResizeR0011791_thumb3
この期に及んで、EVGA GeForce GTX 680 Classified 04G-P4-3688-KRをGET。

もうGTX7xx系が発売され始めたこのご時世に買うか?って感じですが
前から欲しかったんだからしょうがないじゃん!と逆切れしてみる(えー
だってほら、GTX770はGTX680と殆ど変わらないし
GTX780やTITANは、個人的にはそもそも選択肢に入らないし
正圧ケースを使ってる身としては、外排気のクーラー使いたいんだけど
静音性の面で泣く泣く回避していた訳ですが、GTX 680 Classifiedは
外排気ながらもファン経を大きくしたオリジナルモデル、ロマンを感じるじゃない!的な。

と、長々と言い訳してきましたが
GTX670からGTX680に買い換えるのは、さすがにどうかと思うわ(えー
ちょっとだけ反省しておく。

サクッと開封。
ResizeR0011797_thumb3
デカイ、そのデカさにロマンを感じた訳ですよ(しつこい

サクッと装着。
ResizeR0011800_thumb
ケースのど真ん中にでかい私切り板が付いたって感じ?そのデカさにロ(略

今更GTX680とGTX670のベンチっぽいもの取ってもアレかもしれませんが、一応ね。

まずは新生FF14ベンチ。
設定は解像度1920x1080の最高品質。
SnapCrab_No-0018_thumb
SnapCrab_No-0019_thumb
上がASUS GTX670-DC2-2GD5で、下がEVGA GTX680 Classified。
細かい数値は画像の方を見てもらうとして(クリックで拡大します)
まぁ大体こんなもんでしょう的なスコアに。

ついでにエンコでの比較。
例のTMPGEnc Video Mastering Works 5のフィルタ処理をCUDAって奴です。
フィルタの設定は以前の記事を参照ってことで(手抜き
SnapCrab_No-0017_thumb
SnapCrab_No-0020_thumb
上がASUS GTX670-DC2-2GD5で、下がEVGA GTX680 Classified。
GTX680の方が3分ほど速くエンコが完了という結果に。まぁ殆ど誤差ですな。

で、期待していた静音性に関してですが
ブロアーファン特有の風切り音がしないとは言わないが、十分静かだと思うわ。
ファンの回転数が1600rpmを超えてくると、あ~回ってんなぁって感じですが
エンコ中でも1600rpm以下だし、アイドル時は1200rpm前後なので
期待通りの静音性を確保で来てると言えるかと。

シムシティもfpsを30に設定してれば、解像度1920x1200に他の設定を最高にしてても
ファン速度1600rpm以下で処理も冷却も余裕な感じ。
fpsを60に設定すると、さすがにファンも本気出してくるものの
シムシティでfpsを60にしてもねぇ?って感じだしな。

とまぁ、静音性には満足いって大勝利といきたいところだったのだが
思ってもいなかった懸念箇所が発覚。
ResizeR0011801_thumb
OC用ツールを接続するコネクタ横に付いてるLEDが、滅茶苦茶眩しいワナ。
こんな所にLED付いてたんだ?という疑問も吹き飛ぶ眩しさっぷり
直視すると、どこぞの大佐みたく目があぁ!状態になるし
そうでなくても存在感示し過ぎて鬱陶しいので・・・。

ResizeRIMG0015_thumb
とりあえず超即物的措置として、剥がせるシール的な奴を貼って対処。
そのうち、本格的に何らかの対処を考えたいところであります。

PB278Qと合わせて、雀の涙な夏のボーナスが吹き飛んだが
自己満足って大事よね!とどうでもいい感じで終わっとく。

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 きまたび all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。