きまたび -気ままな旅人日記-
やる気なんて永遠に出る気がしないヘタレのガッカリブログ。リンクフリー風味。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ASUSのグラフィックボード GTX670-DC2-2GD5を買ってみたの巻。

買い換えてからネタにするまでの時間が長いのは気にしたら負けだよ?

以下、言い訳。
PC環境をBloomfield(i7 950)からIvyBridge(i7 3770T)に移行したら
月の電気料金が笑えるぐらい下がったのを見て
これグラボもGTX580からGTX6xx系に変えたらもっと下がるんじゃね?
どうする?行っちゃう?行っちゃうか?い、イヤッホォォ!!
という感じで、ついカッとなって買った。ちょっと反省してます・・・。
言い訳終了。

で、購入したのは
ResizeDSC04769
ASUSのGTX670-DC2-2GD5、お値段42,800円なり。

手抜き感ありありのリファレンスGTX670は無いわ~と思っていたが
各社のオリジナル基板モデルが出揃ってる今となっては、話は別。
対GTX680で考えれば、コスパ抜群ですもんね。
ASUSのを選んだのは、VGAクーラーの静音性が抜群ってところ。
自分の用途だとDC2Tじゃなくてもいいかなということで、ノーマル版をGETですよ。

ResizeDSC04761
装着してみたの図。
ぶっといヒートパイプにバックプレートがイカす!
見ていていニヤニヤ出来るレベルですよ、えぇ。(キモい

それにしてもこれでマザボもグラボもサウンドカードも全部ASUS製に。
貴様はASUSの回し者か?って感じですが、気にしない方向で。

で、ゲーム系のベンチマーク等は散々既出だろうから華麗にスルーして
個人的な主用途である、TMPGEnc Video Mastering Works 5のフィルタ処理を
CUDAに任せた時、GTX580(Fermi世代)とGTX670(Kepler世代)で
どれぐらい処理能力が違うのか?を、大雑把に試してみる。

フィルタ処理の時間がどうなのかがメインなので出力設定の詳細はスルーし
私が普段使ってるフィルタは、インターレース解除・高精度映像ノイズ除去
スマートシャープ・輪郭強調・映像シャープネスの5つ。
そんなにフィルタ処理する必要あるの?とかツッコんではいけないよ?
各項目の設定は面倒くさいの省く(要望があれば書きますよ~

CPUは3770T(4C8H、TB時3.1GHz)。
グラボは、GTX580がEVGAのリファレンスモデル。
GTX670がASUSのGTX670-DC2-2GD5です。

で、ソースはアニメ「人類は衰退しました」のOP。(約1分30秒)。
ss187ss189
上がGTX580(リファ)で、下がGTX670。
GTX580で処理した時が14分09秒で、GTX670だと14分15秒。殆ど誤差の範囲ですな。

で、次のソースは「人類は衰退しました」の第03話。アニメ1本分(約24分)。
ss186ss191
上がGTX580(リファ)で、下がGTX670。
GTX580で処理した時が2時間35分16秒で、GTX670だと2時間59分16秒。
約20分弱ほど、GTX580の方が処理が早い結果に。

これは別に驚くような結果でもなく。
KeplerはFermiとCUDAの処理性能が違って
単精度はGTX580 = GTX680らしいが、倍精度だとGTX580 > GTX670。
特に倍精度処理は、Fermi世代に比べて1/4程度なんて話もあるぐらいですので
それを考えれば、思ったよりも差がないと思ったほうがいいのかも?
まぁTMPGEnc側がどういう処理させてるのかわからないけどな(えー

ss192
ちなみにGTX670、エンコ中はTBで1110MHzまで回ってくれます。
GTX580が772MHzなので、TBで処理時間を稼いでるご様子。
GPU使用率も、ガジェットでの確認になりますけど
GTX580が25~40%程度と余裕ぶっこいてるのに対して
GTX670の方は、50~85%、というかほぼ85%辺りに張り付きっぱなしと
単純にGPUGPとしては、Fermiの方が上だというの改めて感じる形に。

それでも思っていたよりも差がなかったので、個人的には問題なしですな。

で、静音性の方ですが、これは本当に笑えるぐらいに静かですぜ。
アイドル時のファン速度は1110rpm、90mmファンでこの速度なら静かで当然。
じゃあ負荷時はどうなのよ?って話ですが、とっても静かちゃん!
だって70度超えてもファン速度変わらないんだもん!(えー
80度近くになってくると、流石に回転数が上がるもののそれでも1300rpm以下。
静かなのは有り難いが、冷却が疎かになるのは勘弁なので・・・。

EVGA製ツールのPRECISION Xでファン速度をカスタム。
ss198
ちなみファンを100%で動かすと約3500rpmまで上がり、これだとさすがに五月蝿い。
2000rpm辺りまでは許容範囲なので、その辺で70度を超えない程度に設定。
これで自分の用途では、冷却性能と静音性の両立が出来て大勝利に。

ASUSグラボにはGPU Tweakっていうツールがあるんですけど
EVGAのPRECISION Xの方が使いやすいんで、こっちのほうがオススメでありんす。

長々と駄文を連ねてきましたが、良いグラボだと思いますぜ!

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 きまたび all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。