きまたび -気ままな旅人日記-
やる気なんて永遠に出る気がしないヘタレのガッカリブログ。リンクフリー風味。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012F1第7戦カナダGPの巻。

え?今更?とか言うツッコミはスルーするー。

実況立本なのに雨降ってないじゃないですかーやだー(ひでぇ
という冗談は置いておいて。

ベッテルぶっちぎりな予選結果を見て、逃げ切りかぁ・・・と思いきや
ピレリタイヤが大ハッスルしたおかげで、終盤に波乱の展開が。
そんな中、久々に完璧なレースを遂行したハミちゃんが今季初優勝。
今まで勝てなかったのが不思議なくらいなんだが、ハミちゃん大勝利である。
これで7戦7勝者とますますカオスになっていくのであった・・・。

それにしてもさ、モータースポーツですからタイヤも重要なのは理解してますけど
ここまで話題の中心になってるのは、ちょっと違うんじゃない?的な。
都合が悪いとタイヤのせいにされつつも、縁の下の力持ちであり続けた
BSさんの素晴らしさを今更ながらに実感してみる(遠い目

結果は下記リンク先へ。
■ 大混戦の予選を制したのはベッテル! | カナダGP | F1ニュース | ESPN F1
■ ハミルトンが今季初勝利で7人目のウイナー誕生 | カナダGP | F1ニュース | ESPN F1

以下、雑感。

・レッドブル
ベッテルが予選1番手/決勝4位、ウェーバーが予選4番手/決勝7位。
モナコGP後にマシンにいちゃもん付けられてましたけど
これはレッドブルが悪いというよりも、FIAの調査がザルなだけだよなぁ・・・。
とまぁ、そんなことお構いなしに結局速いマシンなのは変わらないんですけどね!
予選で見事ポール、しかも0.3秒という今シーズン的には大差をつけたベッテルですが
決勝では何故か1ストップ戦略を実行して自滅する羽目に。
途中で変則2ストップに変更したので4位とダメージは抑えましたけど
ピレリタイヤで50周以上とか、罰ゲームですよ?
ウェーバーは序盤に先頭集団へついて行けなかった時点でお察し。
それでもポイントは拾ってくるんだから、仕事人よね。

・マクラーレン
バトンが予選10番手/決勝16位、ハミルトンが予選2番手/決勝1位。
今シーズン、ひたすら我慢を強いられていたハミちゃんでしたが
ついに今シーズ初勝利を遂げ、ついでにランキングも1位になって大勝利である。
ベッテルとアロンソが自滅したのを差し引いても、完璧なレース運びだったし
メンタル面も強化されたハミちゃん、さらなる進化の予感?
その影で開幕戦を優勝で飾ったジェンソン・バトンさんが行方不明のままに・・・。(えー
タイヤを使いこなせず、決勝では見るも無残だったが
予選でもソフトタイヤで何故か5周も走った上で10番手と、迷走しすぎだろ・・・。
下位チームならいざ知らず、天下のマクラーレン様ですからマシンに差があるとも思えず
バトン自身で解決しないとなんどろうけど、本人がわけがわからないよ状態だしなぁ。

・フェラーリ
アロンソが予選3番手/決勝5位、マッサが予選6番手/決勝10位。

今年のフェラーリって戦略もピット作業もミスが無くなったよなぁと思ってたんだが
今回見事にやらかしてみすみす表彰台を逃す羽目に・・・。
いくらアロンソ様がスペシャルでも、タイヤが終わったら戦えませんて。
アロンソは勝ちに行った結果の判断だったと、チームを擁護&鼓舞してましたけど
12周目にタイヤ変えたマッサんが、58周目にピット入ってきた時点で
タイヤも保たないわと判断しても良かったと思うんだがなぁ・・・。
それにしても、予選6番手とマッサん大復活!と思わせておいて
決勝で華麗な単独スピンを披露する辺りは、もはや神業ですよ?(ひでぇ

・メルセデス
シューマッハが予選9番手/決勝リタイア、ロズベルグが予選5番手/決勝6位。
今シーズン、念願の初優勝を遂げたにもかかわらず、相変わらず扱いが空気なのを
払拭したいのか、レース前に「僕たちはタイトル争いを出来ている」とか言い出して
ビックマウスキャラへ路線変更しだしたロズベルグさんの明日はどっちだ(ひでぇ
でも気温が高いと排熱とタイヤが・・・なメルセデスのマシンなので
安心と信頼の空気の定位置で終るのがロズベルグクオリティなのだ。
まぁ今シーズンに限って言えば、その安定感は大きな武器だけどね。
一方のシュー様は、またしてもメカニカルトラブルでリタイア。
今回は油圧壊れてDRSが開きっぱなしという、結構怖いトラブル。
つーかトラブルのバリエーションが豊富だなぁオイ。
このツキの無さ、今まで重ねた悪行の跳ね返りを疑うレベルだぜ(えー

・ロータス
ライコネンが予選12番手/決勝8位、グロージャンが予選7番手/決勝2位。
せっかくモナコさんがへし折った天狗の鼻がまた伸びちゃうじゃないですかー!(ひでぇ
という訳で、グロージャンがまさかの2位表彰台をGETし
それをブーリエが絶賛し始めて、俺のストレスがマッハになるワナ。
ライコネンは予選の位置が思いっきり仇になった感じに。
しかしこのマシンのタイヤ保ちは恐るべしですな・・・。
こんなに良いマシンなのになんで勝てないの?と流石に思い始めてきたわ・・・。

・フォースインディア
ディ・レスタが予選8番手/決勝11位、ヒュルケンベルグが予選13番手/決勝12位。
今回は入賞逃したとはいえ、ディ・レスタが予選で8番手まで来たりと
地味ながら競争力を増してきてるのは、中段勢的には怖い存在に。
他の中段勢と違って、あまりレースごとの浮き沈みが少ないのも怖さの1つよね。
タイヤの扱いにまだ困ってるっぽいのが解決すると・・・。フフリ。

・ザウバー
可夢偉が予選11番手/決勝9位、ペレスが予選15番手/決勝3位。
ザウバーのお家芸、予選で後方だったら無理してでも1ストップ作戦が大成功して
ペレスがまさかの3位表彰台をGET・・・。これが可夢偉だったらなぁと(遠い目
可夢偉も別に悪かった訳ではなく、ディ・レスタに付き合わされたのが響いたとはいえ
9位入賞してるんだが・・・。ぐぬぬ。
大体、ピット作業が4.1秒じゃなくて3秒台だったら
ディレスタの前でコース戻れてたよなぁとか思うと、余計ぐぬぬ。
仮にそうなったとしても、ポジション守れてたかどうかという問題もあるが
ピット作業が遅いのは現実としてあるので、さっさと改善しろやボケェと思う訳ですよ。
あと、可夢偉は2ストップ予定だったが思ったよりタイヤの保ちが良かったので
1ストップに切り替えたとか抜かしてるダラーラをぶん殴りてぇ・・・。

・トロロッソ
リカルドが予選14番手/決勝14位、ベルニュが予選20番手/決勝15位。
すっかり中段勢の最後尾が板についてしまったトロロッソ。
実際、マシンに速さがないので如何ともし難いところなんだが
リカルドの方は、まぁそんなもんだよなぁ的な範疇にいるんだが
ベルニュの方は、予選がちょっとなぁ・・・。
ケータハムの2台共に遅れを取るのはちょっとねぇ?

・ウイリアムズ
マルドナドが予選17番手/決勝13位、ブルーノが予選16番手/決勝17位。
あのスペインGPはなんだったのか・・・、と思いたくなる程の撃沈っぷり。
この浮き沈みの激しさは、マシンのせいなのか、ドライバーのせいなのか・・・。 
予選での大ハッスルが無ければ、マルドナドは入賞に絡めそうだったので
やっぱりドライバーがアレなのかなぁと思ってみたり?
ブルーノもただの給料ドロボーだしな・・・。あ、ペイドラだったわ~(ひでぇ

・ケータハム
コバライネンが予選18番手/決勝18位、ペトロフが予選19番手/決勝19位。
決勝は無難なところに落ち着いたが、予選でトロロッソの1台を捉えたのは 
ケータハム的には大勝利であり、今後の展開も楽しみに。
いつまでも新興3チーム扱いじゃあ面白く無いですからなぁ。

・HRT
デ・ラ・ロサが予選21番手/決勝リタイア、ケーティケヤンが予選24番手/決勝リタイア。
KERSが無いからDRSで稼ぐしか無いんだよ、とヤケクソ気味に薄いRW持って来ましたが
全レースで同じRWだったりした去年から比べると進歩したよなぁと。牛歩だがな。
ただ決勝の方はブレーキトラブルで珍しくダブルリタイアする事に。
冷却が間に合わなかったらしい。RWよりブレーキダクトを変えるべきだったとは・・・。(え

・マルシャ
グロックが予選22番手/決勝リタイア、ピックが予選23番手/決勝20位。
いよいよHRTとの差が無くなってきてるワナ。
マシンの速さも信頼性も、HRTとどっこいどっこいなので
あとはもうドライバーの腕で何とかするしかないっすなぁ・・・。

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 きまたび all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。