きまたび -気ままな旅人日記-
やる気なんて永遠に出る気がしないヘタレのガッカリブログ。リンクフリー風味。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012F1第04戦バーレーンGPの巻。

別に無理して開催しなくてもいいのよ?クソサーキットだし
と、国内政情不安定な中で久々に行われたバーレーンGP。
とりあえず、無事に終わって良かったよね。

眠れる赤牛が遂に目覚めて、ベッテルが今季初優勝と
開幕から4戦で4人の優勝者&全部別チームという、カオスなまでの混戦に・・・。
ロータスも謎の速さを見せたりと、今季は本当に先が読めない。
いろんな意味で、テスト挟んだスペインGPが待ち遠しいわ!

結果は下記リンク先へ。
■ ベッテル、今季初ポール! | バーレーンGP | F1ニュース | ESPN F1
■ ベッテル優勝、ロータスがW表彰台! | Formula 1 | F1ニュース | ESPN F1

以下、雑感。

・レッドブル
ベッテルが予選1番手/決勝1位、ウェーバーが予選番3手/決勝4位。
眠れる赤牛、遂に目覚める!?
正直もう少し時間が掛かると思ったんだが、恐るべしニューエイ先生である。
混戦で思ったよりポイント差が付かなかった、というか今回の結果で
両タイトルともトップに躍り出ちゃったからなぁ・・・。
前戦の結果を踏まえて、排気周りを新型に戻したベッテルは
エンジニアとメカニックと、セッティングをとことん追い詰めたのが功を奏して
今季初ポールで、決勝もそのまま優勝と去年のパターンに。
中盤ライコネンに煽られてましたが、前に出てれば強いのよね、このマシン。
そしてウェーバーは、安心と信頼の4位入賞。これで4戦連続である。
圧倒的に有利な奇数グリッドからスタートしておいて、なんで?とは思うものの
安定感があるのは違いないので、いっそ全戦4位を狙った欲しいわ(えー

・マクラーレン
バトンが予選4番手/決勝18位、ハミルトンが予選2番手/決勝8位。
目覚めた赤牛と予選では互角に渡り合ったのだが・・・。
決勝ではピレリタイヤを使いこなせないわ、ピットミスるわ、トラブルでるわと
こんなはずではなかった・・・、的なレースに。
スタートで出遅れたバトンは、予想以上にタイヤに苦しみ
なんとか入賞圏内には居たものの、終盤にパンクとトラブルで終了。
ハミちゃんもタイヤに苦しみながらも、結構奮闘していたんだが
ピットに入るたびに作業ミスで順位を下げるという、最悪の展開で
8位入賞という不満の残る結果に。さすがに不憫だったわ・・・。
今年のマクラーレンはピットで作業ミスが多すぎだよなぁ。

・フェラーリ
アロンソが予選9番手/決勝7位、マッサが予選14番手/決勝9位。
得意なバーレーンGPで、まさかのダブル入賞。
ダブル入賞ということは~?そう!祝マッサん初入賞ですよ!
ポイント獲得しているチームの中で唯一ノーポイントだっただけに、まさに念願の的な。
ただ、アロンソは普通に入賞してきてるので、アレなんだがな!
相変わらず、予選ではちっとも戦えるマシンではないのだが
レースペースはまずまずであり、今回は2人tもロケットスタートを決めて
それで得たポジションを何とか守りきったって感じでしたな。
スペインGPで持ち込む大型アップデートで巻き返すとまでは行かなくても
そこそこ走るマシンになってくれないと、アロンソが可哀想だわ。

・メルセデス
シューマッハが予選18番手/決勝10位、ロズベルグが予選5番手/決勝5位。
やっぱり熱いところに来るとアレなのか、イマイチパッとせず。
初優勝したからって調子こいてんじゃねーぞ!とツッコまざるをえないほどの
幅寄せを2発かましたロズベルグですが、レース後審議になったがお咎め無しに。
シュー様はDRS故障でまさかのQ1落ち。
どうせQ1落ちならとギアボックス交換までして、22番手からの追い上げになったが
ちゃっかりと10位入賞してたり。新品タイヤ保存、恐るべしである。

・ロータス
ライコネンが予選11番手/決勝2位、グロージャンが予選7番手/決勝3位。
予選の方は、まずまずといった感じだったのだが・・・。
決勝のレースペースでは、胡散臭いほどの速さを見せつけてまさかのダブル表彰台。
グロージャンも初表彰台であり、十分評価に値する走りでしたが
ライコネンのあわやベッテルをかわして優勝!?を思わせる激走は、想定外だったわ。
予選11番手も、タイヤ残したかったからとサバサバとしてましたけど
まさか本気で優勝狙ってきてるとはなぁ・・・。
レース後のコメントが、「勝てなくてガッカリだよ」なのは、ライコネンらしいですな。
ライコネンとグロージャンが活躍してくれるのは、大歓迎なんだが
そうなると怨敵ブーリエが調子コキ始めるのがムカツクんだよなぁ、ぐぬぬ。

・フォースインディア
ディ・レスタが予選10番手/決勝6位、ヒュルケンベルグが予選13番手/決勝12位。
FP2走らなかったからなのか、予選中国際映像からハブられてましたが
さすがに決勝では映ってましたな、バーニーはやる事がエグいわ~。
予選10番手だったディレスタが、手持ちの新品タイヤをフルに活かして
2ストップ戦略を決行、終盤キツかったが功を奏して見事に6位入賞。
カテゴリーが違うけど、バトルの激しいDTMでタイトル獲ってるだけあるのか
結構、接近戦で上手い事やるのよね、ディレスタ。
ヒュルケン君も、クラッチトラブルでスタート失敗した事を除けば
そう悪くはないレース運びだったりと、意外と踏ん張ってますな。

・ザウバー
可夢偉が予選11番手/決勝13位、ペレスが予選8番手/決勝11位。
さっさとダラーラを解雇しろぉ!間に合わなくなっても知らんぞぉっ!!
今回も安心と信頼のクソ戦略が炸裂して、まさかのノーポイントだよ!
最初のピットで可夢偉のタイヤが予想以上に保ってないのが、わかってるのに
そのまま2ストップ戦略を決行したら、ごらんの有様だよ!!!的な。
新品のミディアムが15周前後しか保ってないのに
残り26周を中古のソフトで走りきれる訳ないじゃん?バーカ!バーカ!
3ストップだったペレスも、タイヤに苦しんだ上に
ピットでシュー様に逆転され、そのまま蓋されて終了。
もう一度言う、さっさとダラーラを解雇しろぉ!間に合わなくなっても知らんぞぉっ!!

・トロロッソ
リカルドが予選6
番手/決勝15位、ベルニュが予選19番手/決勝14位。
予選でリカルドが自己ベストの6番手と、好位置をGETしたものの
スタート大失敗した上に、FW壊して緊急ピットインで終了。
ベルニュに至っては、予選の時点で終了と言わざるを得ないと、イマイチなGPに。
中国GPではイマイチ功を奏さなかったエアロアップデートも
上手くまとめ上げれば、それなりの速さが有りそうなんだが
両ドライバー共にルーキーだというのが、辛いところですなぁ・・・。
ちなみに、リカルドくんは今回のスタート失敗が相当ショックだったらしく
レース後もヘコみまくるという、豆腐メンタルを垣間見せてたり。
豆腐メンタルではトロロッソでは生き残れないぞ!頑張れリカルド!(ひでぇ

・ウイリアムズ
マルドナドが予選17番手/決勝リタイア、ブルーノが予選15番手/決勝22位。
予選は両ドライバー共に、撃沈。
決勝ではマルドナドが一人奮戦して、21番手から入賞圏内まで持ってきたのだが
無慈悲なタイヤバーストで、無念のリタイア。
ブルーノは終始空気、終盤にひっそりとブレーキトラブルでピットリタイア。
このチームも、まとまればそこそこ戦えそうなんだけどねぇ・・・。

・ケータハム
コバライネンが予選16番手/決勝17位、ペトロフが予選20番手/決勝16位。
やっと、中段勢に嫌がらせできそうなところまで来た予感。
これぐらいの戦力を開幕戦から期待してたんだけどなぁ・・・。
スペインGPでのアップデートに期待したいところ。

・HRT
デ・ラ・ロサが予選22番手/決勝20位、ケーティケヤンが予選24番手/決勝21位。
テールエンダーな事には違いないのだが、毎戦確実に速くなってる
というか、チームとして機能し始めてるおかげか、マルシャとの差はほぼ無いですな。
デラロサさんが地味にいい仕事してるんだと思うんだが・・・。

・マルシャ
グロックが予選23番手/決勝19位、ピックが予選21番手/決勝リタイア。
振り向けば、HRT。
もううかうかしてられないほどの差になってきてるんだが
HRT並に資金的に厳しいので、そうそう開発も出来ないというワナ。
マルシャ VS HRT、最後尾争いだけど何気に熱いのよっと。

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 きまたび all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。