きまたび -気ままな旅人日記-
やる気なんて永遠に出る気がしないヘタレのガッカリブログ。リンクフリー風味。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012F1第2戦マレーシアGPの巻。

そりゃあスコール来ますよ、だってマレーシアだもの。
予選までは順当だったが、決勝中にスコール来て波乱の展開に。
荒れた割にはリタイア2台だけだったりするんだが
アロンソ優勝というこの決勝結果を予想できた人間はいないと思うわ。
マモノさん仕事し過ぎで過労死しちゃうよ!

結果は下記リンク先へ。
■ マクラーレンが1-2、シューマッハ3番手 | マレーシアGP | F1ニュース | ESPN F1
■ アロンソ、乱戦を制す! | マレーシアGP | F1ニュース | ESPN F1

以下、雑感。

・レッドブル
ベッテルが予選番6手/決勝11位、ウェーバーが予選4番手/決勝4位。
常設サーキットに来たらどうせ速いんだろ?と思ったらそうでもなかったワナ。
レースペースは悪くないけど、予選で前に出れない現状では
ショート気味のギアレシオで戦うのも考え直さないといけない予感。
予選で苦しんだベッテル、決勝では手堅くまとめて4位入賞~と思いきや
周回遅れのカーティケヤンと接触してタイヤバースト、入賞圏外へ。
レース後の怒り様は凄かったが、個人的にはレーシングインシデントの範疇だよなぁと。
相手が挙動不審なのわかってるんだから、もっとよく見て良ければよかったのに
なんか余裕がなくなって焦ってるように見えなくもなかったり。
一方のウェーバーは、今回はスタートミスもせず手堅く2戦連続4位入賞。
ある意味安定感抜群なんだが、表彰台に届かないのがアレよね。

・マクラーレン
バトンが予選2番手/決勝14位、ハミルトンが予選1番手/決勝3位。
開幕戦に引き続き予選で1-2GETで、銀河帝国大復活!
決勝も赤旗で中断するまでは盤石だったんだが・・・
レース再開後は、マクラーレンらしくないミス連発でグッダグダな結果に。
2戦連続ポール!スタートも決めた!これで勝てる!!と思いきや
ピット作業の連続ミスのおかげで、また3位に。
自身がノーミスだっただけに、ハミちゃんの精神面が暗黒に染まるぜ・・・。
こういうコンディションにはめっぽう強いはずのバトンは
ブレーキで突っ込みすぎてカーティケヤンと接触するという、らしくないミスをして
入賞圏外へ落ち、その後もタイヤ温度を保てず失速とグダグダなレースに。
レッドブルがくすぶってる間にポイント稼ぎたかっただけに
マクラーレン的には、悔恨残りまくりのレースでしたな。

・フェラーリ
アロンソが予選9番手/決勝1位、マッサが予選12番手/決勝15位。
レース前に「奇跡は起きない」とか言っときながら、しれっと優勝しやがって・・・
天候に助けられたのもあるし、フェラーリにしては上手くいったピット戦略もあったが
あのクソマシンを路面状況が目まぐるしく変わる展開でノーミスで走らせたってのは
やっぱり役者が違うのか、アロンソ恐るべしと言わざるを得ない。
おかげでわざわざ新車まで用意されたマッサんが息してないじゃないですかぁ!!
得意のスタートとピット戦略で8番手まで上がったものの
その後はコースアウトしたりと、笑いの神が微笑むレベルのネタを提供しただけで
終わってみれば15位・・・、普通ならもうお前のシートねぇから!レベルなんだが
フェラーリはマッサに弱みでも握られてんのか?ぐらい甘いからなぁ・・・。

・メルセデス
シューマッハが予選3番手/決勝10位、ロズベルグが予選8番手/決勝13位。
私たちは新たなる予選番長伝説の誕生を目撃する・・・(ひでぇ
FWもストールさせるDRSのおかげで予選で大暴れなんだが
予選だけ速くてもポイント貰えませんからぁ!的な。
グロージャンに追突されたシュー様はまぁ仕様がなかったとしても
ノントラブルのロズベルグがずるずると後退していく様は酷いとしか。
どんだけタイヤ保たないんだよこのマシン・・・、さっさと対策しないと
毎戦決勝で公開処刑になってしまう予感!

・ロータス
ライコネンが予選5番手/決勝5位、グロージャンが予選7番手/決勝リタイア。
壮大にとっ散らかりつつも予選5番手GETしたライコネン。
ギアボックス交換で10番手スタートだった決勝も手堅くまとめて5位入賞し
レース終盤にはお得意の帳尻ファステストラップを決めたりと
予想以上にブランクを感じない走りに、ネタ枠として期待してだけにガッカリだよ(えー
プレス向けにアイス配ったりとか、なんか余裕すら感じるよね。
それに引き換え、グロージャンの残念な子っぷりは完全にネタ枠レベル。
ロケットスタート決めて3番手まで一気に上がり、開幕戦のリベンジなるか!?
と思わせる間も無く、シュー様に追突して仲良くスピン。
その後もひっそりとスピンしてコースアウトし、グラベルにハマってリタイア。
期待させるだけさせておいて、落とす!という、残念な子の中でもタチが悪いタイプ。
ブーリエの肝いりじゃなかったらクビになってるレベル、とりあえず完走しようぜ!

・フォースインディア
ディ・レスタが予選14番手/決勝7位、ヒュルケンベルグが予選16番手/決勝9位。
予選は見るも無残、レース序盤もサッパリだったんだが
路面が乾くに連れてペースも上がってきて、終わってみればダブル入賞に。
開幕戦で1周も出来なかったヒュルケンくんが完走し入賞も出来たのは
F1復帰組であることを考えると、大きな意味を持ちますなぁ。
あとはもう少しマシンがまとまれば良いんですけど。

・ザウバー
可夢偉が予選17番手/決勝リタイア、ペレスが予選10番手/決勝2位。
まだ開幕して2戦だというのに、クソ戦略炸裂しまくりで失神しそうだよ・・・。
まずペレス!
2位になったことは素直におめでとう!ではあるが
最後のピット、アロンソと同時に入れてれば余裕で勝てましたよね!?
アロンソより先に入れてアンダーカットを狙うなんてことまでザウバーに求めないけど
最低でも同時に入れろよ!1周遅れたことで6秒損してるんですけど
ピットフォールにいる連中はバカなの?アホなの?
それともザウバーのピットだけ回線遅いの?ねぇ?ねぇ?ねぇぇ!?
次に可夢偉!
スタートで入賞圏まで持ってきたのをピット戦略で台無しされたのは
こういうシチュエーションで作戦を分けるのはザウバーのお家芸であり
今回はそれが功を奏さなかっただけだと、五十歩譲って許そう。
ブレーキトラブルでリタイアしたのも、ここぞ!というレースで出なくて良かったと
ポジティブに受け止め、今後対策出来るならと百歩譲って許そう。
だが予選後の車検で調べてみたらサス壊れてた、テヘペロ!は断じて許さん!!
エンジニアとメカニックは何してたの?バカなの?アホなの?ねぇ?ねぇぇ!?
ドライバーに負荷かけすぎなんだよこの糞チーム。あーもうームカつく!

・トロロッソ
リカルドが予選15番手/決勝12位、ベルニュが予選18番手/決勝8位。
予選が奮わなかった以上、決勝で無茶振りされるのがトロロッソの掟。
リカルドは真っ先にインターからドライタイヤへ交換し
ベルニュは赤旗出るまでインターでステイするという戦略になった訳だが
両ドライバー共にリタイアするようなミスも犯さずにやってのけてみせ
ベルニュは功を奏して初入賞と、悪くない結果に。
この2人は経験積めば面白そうだなぁと思わせるだけのものを見せてますな、今のところ。

・ウイリアムズ
マルドナドが予選11番手/決勝19位、ブルーノが予選13番手/決勝6位。
フォースインディア同様、路面が乾くに連れてペースが上がりまくったパターン。
開幕戦だけかと思いきや、このマシン以外と地力があるっぽい。
それにしても赤旗出るまでとっ散らかってたブルーノが6位入賞とはなぁ・・・。
マルドナドも入賞いけたはずだったんだが、今時珍しくエンジンブロー。
開幕戦といい、なんかツキが無いマルドナドがちょっと不憫。

・ケータハム
コバライネンが予選19番手/決勝18位、ペトロフが予選20番手/決勝16位。

予選決勝共にパッとしないまま終了って感じに。
去年に比べれば進歩しているとはいえ、事前の期待が高かっただけに
ちょっとガッカリ感があるんだが、仕様がないといえば仕様がないんだよなぁ。
ウイリアムズがそこそこ速いのは、予想外だったし。

・HRT
デ・ラ・ロサが予選23番手/決勝21位、ケーティケヤンが予選24番手/決勝22位。
祝!初決勝進出!で、良いのか?
荒れるレースで見せる、相変わらずムダに高い謎の完走力を発揮したものの
リタイアしたのが2台だけだったので、その恩恵は受けられず。
あといろんな意味で、カーティケヤンが大活躍であった。
ワールドチャンピオンを2人撃墜とか、マジパネェッスよ。

・マルシャ
グロックが予選21番手/決勝17位、ピックが予選22番手/決勝20位。
ケータハムが意外とくすぶってるので、ケツを煽れるだけ煽っておきたいところ。
現状、正直やれることが他にないので、煽ってミスを誘うしかないのよね・・・。
それだけ開幕戦で得た、最高順位14位が大きいとも言えるんだが。

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 きまたび all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。