きまたび -気ままな旅人日記-
やる気なんて永遠に出る気がしないヘタレのガッカリブログ。リンクフリー風味。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Core i7 950をオーバークロックするの巻(E760編)。

今更だけど、オーバークロックは自己責任でね。

前回の記事から約1年・・・、ちっとも役に立たないOCネタ再誕。

マザボもEVGAのFTW3(E768)から、Classified(E760)に変わり
メモリも買い換えたりと、いろいろ環境が変わったので
さすがに設定見直さないとな的な(今頃?

E760なんだから4GHz以上は楽に回せるはずなんだが
常用OCにそこまで求めないアタイは相変わらず2割弱のチキンOCで行くのである。

以下、BIOS晒し。
ResizeDSC04282ResizeDSC04283ResizeDSC04284ResizeDSC04285

設定見つめ直すと言いつつも、変更したのは基本的に前回と変わらず
CPU Host Frequency:160Mhz(3687Mhz)
CPU VCore:AUTO(1.26875V)
CPU VTT Voltage:+50mV(1.250mV)
DIMM Voltage:1.35V
ぐらいであり、ほかはデフォルト値のまま。

メモリをSMD-8G68CP-16KL-D-BKに変えたので1.35Vに変更したのは当然として
なんでVCoreがAUTO設定になっちゃったのかと言いますと・・・。
電圧値指定すると、EISTやC1E有効にしても電圧下がってくれなくなるのですよ。
E768だと電圧指定しても負荷に応じて電圧下がってくれたんだけど
E760だと何故か駄目なんだよねぇ、VDroopの設定変えても駄目だった。
まぁClassifiedで省電力機能なんか使ってんじゃねぇよというお達しなのかも知れんがな。

ただAUTO設定でも、エンコなどの負荷時に1.26875Vまで上がることは滅多に無く
大体1.223~1.247Vをフラフラするぐらいなので、あんまり前回の設定と大差無いワナ。

メモリの電圧もレイテンシも下がったので、VTTももう少し下げれそうなんだが
検証すんのが面倒くさいのでコレでいいことにしておく(えー

一応この設定で、OCCTを1パス・Prime95を24時間クリア済みでございます。

4GHz超えは気が向いたら・・・って去年も書いた気がするのは気のせいダヨ。

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 きまたび all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。