きまたび -気ままな旅人日記-
やる気なんて永遠に出る気がしないヘタレのガッカリブログ。リンクフリー風味。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Primo RamdiskでRAMDISKるの巻。

メモリを24GBに増設して、余りに余りまくってるその容量を
なんとか有効活用していこうではないかという、企画。

Windows7 64bitOSでフリーで使えるソフトにDataram RAMDiskが有りますけど
MonsterX-i用にメモリを4GBに制限したブート設定を使う関係上
OS管理外も使えないと困る・・・、という訳で
多機能なソフトとなると、必然的にシェアウェアが候補に上がる訳でして。

で、いろいろ検討した結果、選択したのがPrimo Ramdisk Professional Edition。
ss135
OS管理外も使えるのはもちろんな上に、ハイブリッドディスクという機能が
個人的に興味惹かれたので、トライアル版で一通り試してみた後に
イイじゃんコレ!ということで、PayPalでサクッと購入してみた次第でありんす。
お値段49.95ドル、円高のおかげで日本円にして約4000円ぐらい?なり。

ちなみにこのソフトの使い方は、公式HPのOnline Helpをページごと Google翻訳とかで翻訳して読んだ方が手っ取り早いかと。結構親切なヘルプだと思いますぜ。

ss136
作ってみたRAMDISKは4種類。

・Rドライブ(2GB)
TempファイルやIEのキャッシュ、OSの環境変数や各アプリの一時フォルダなどなどを
片っ端から設定して使用する、定番の使い方。

・Zドライブ(2.5GB)
ページングファイルに指定して使う、こちらも定番な使い方。

・Yドライブ(256MB)
シンボリックリンクでブラウザ(Sleipnirとか)をブッこんで使用。
電源の入り切りで、ドライブのイメージファイルをセーブ&ロードするので
容量は少なめに設定。コレぐらいの容量だと、気持ち起動が遅くなる程度で済む。
ブッこんだアプリの起動や動作がめっさ早くなるのでオススメ。

・Xドライブ(メモリ8GB + HDD42GB = 50GB)
ハイブリッドディスク化して、エンコードする時の出力先として使用。
指定したメモリ量を超えると、指定したHDDへデータを移行してくれるらしいので
大量にエンコする時でも安心なステキ機能。

今のところ、全く不具合無く運用できてるので
なかなか満足度の高い買い物だったと思っている次第でございます。

ちなみにベンチ結果はこんな感じ。
ss137
清々しいほど早いっすなぁ。

■追記
PC環境がX58からZ77へ変わってるので、現在のPC環境でのベンチ結果も貼ってみる。
ss233
PC環境表(超簡易版
【CPU】Intel Core i7 3770T
【M/B】ASUS SABERTOOTH Z77
【Mem】SanMax SMD-8G68CP-16KL-D-BK x4

トリプルチャンネルからデュアルチャンネルになったこともあって
全体的に見れば若干低下してると言えるが・・・、項目によっては上がってるのもあるし
この程度であれば誤差の範囲な気もするという、微妙な感じに。
ていうか、体感的には誤差と言い切れるね!(えー

コメント
コメント
なぜこんなに早いのですか?
私もこちらのサイトを参考に6GのRAMディスクを
PrimoRamにて作成しましたがこんなに速度が出ません。
具体的には全ての数値が半分程です。
環境:Win7 64bit Ultimate,4G*4枚=16GB Bios1600Hz認識

デュアルチャネルじゃ限界なのでしょうか?
renkaさんはトリプルチャネルとかですか?
原因てわかりますでしょうか?
2012/11/29 (木) 04:19:13 | URL | kiyoくん #-[ 編集 ]
Re: なぜこんなに早いのですか?
この記事を書いた当時はCore i7 950@X58というPC環境でしたので
メモリはトリプルチャンネル接続でした。
記事にあるベンチ結果は、上記の環境でとったものになります。

今のPC環境はCore i7 3770T@Z77、メモリは4GBを4枚(DDR3-1600)
デュアルチャンネル接続に、変わってますので
今の環境でベンチマークをとってみましたが
若干の速度低下は確認出来ました。(ベンチ結果は後ほど記事に追記します。
ただし、あまり気になるほどの低下ではありませんでした。

CPUの負荷状態によって、ベンチ結果が異なることは(負荷時は速度低下気味
確認してますので、CPUの能力に左右される可能性は高いと思います。
2012/11/29 (木) 12:56:34 | URL | renka #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 きまたび all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。