きまたび -気ままな旅人日記-
やる気なんて永遠に出る気がしないヘタレのガッカリブログ。リンクフリー風味。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GELIDのVGAクーラー ICY VISON Rev.2を装着してみたの巻。

今年実行したけどブログのネタにはして来なかったPCネタを
リサイクルするという、年末特別企画。

第1弾はGELIDのVGAクーラー ICY VISON Rev.2に換装したネタ。
ResizeDSC03680
これ買ったのは6月、よって記録してある温度などの計測データも6月のもの・・・
肝心の夏のデータはないのかよ!と言われると、すまぬ・・・すまぬ・・・としか。
GTX580から当分変える気一切無いので、来年の夏までゆっくり待ってね!!!

GTX580のリファレンスクーラーのは非常に優秀で
アイドル時や低負荷時なんかは、本当に静かで文句の付けようがないんですが
さすがに高負荷時になってくると、そこそこの騒音に。
それでもハイエンドにしては静かな方だとは思うんですが
深夜にエンコさせてると、寝付けるまで音が気になる・・・
という贅沢な悩みのもと、静音化を狙ってICY VISON Rev.2を買ってみた次第。

という訳で、まずはリファレンスクーラーの分解。
一応言っときますけど、クーラーの換装するとメーカー保証切れるから自己責任でね~。

ResizeR0010261
まずはガワを外す。これは普通のネジなのでサクッと完了。

ResizeR0010263
クーラーを外す。これも普通のネジなのでサクッと。

ResizeR0010265
次に基板のヒートシンクを外す訳ですが、これはトルクスネジで固定されてるので
トルクスドライバーが必要。ちなみに必要なドライバーはT6。
持ってない場合はホームセンターに行けば、1000円でお釣りが来るので買ってくるべし。

ResizeR0010270
ジッポーオイルと、安心と実績のキムワイプさんでグリスのふき取り。

ResizeR0010276
付属のヒートシンクをメモリ等に貼り付け。
取説にはGTX580用の貼付け例が載ってないので、GELIDのHPを参照するべし。
ちなみにこの取説自体がものスゲェ不親切で、結構悶絶すると愚痴っておく。

ResizeR0010280
クーラーの装着。
クーラーの出来自体は、値段を考えると素晴らしい出来だと思うんだが
付属のファンは値段なりというか、ぶっちゃけショボイ感じがひしひしと・・・
ファンはPWM制御ではないので、基板に装着すると回転数制御出来なるため
付属の変換ケーブル使って、ファンコンに接続。

ResizeR0010282
装着してみたの図。
3スロット占有になるものの、クーラー自体がコンパクトなので意外とすっきりした感じに。

まずは冷却能力。室温は26度、ケースファンは回転数全開。
負荷に使ったのは、FF14ベンチマーク。

リファレンス。
アイドル時:48度 FF14@LOW:83度 FF14@HIGH:86度。

ICY VISON Rev.2@ファン1300rpm
アイドル時:39度 FF14@LOW:73度 FF14@HIGH:83度。

ICY VISON Rev.2@ファン2200rpm
アイドル時:37度 FF14@LOW:66度 FF14@HIGH:72度。

冷却能力はリファレンスが結構優秀だなぁと思いつつも
ファンの回転数をMAXの2200rpmから1300rpmへ落としても
ICY VISON Rev.2の方が冷えてるので、まぁ悪くはない結果かと。

で、肝心なのは静音性な訳ですが・・・
個人的に言わせていただくと、2200rpmで使って静かだというのなら
住む世界が違うか、耳鼻科に行ってこいやというレベルで五月蝿い、爆音であると。
1300rpmまで落として、やっとリファレンスのアイドル時ぐらいの音なので
静音性を求めるならば、ファンコン接続必至と言えるかと。

1300rpmでも、リファレンスよりは冷えてるので、それでいいといえばいいのだが
ここまで回転落とすと、風量がそよ風レベルなので
GPUコアは良いとしても、メモリやVRMの冷却に不安が・・・

という訳で、その対策を考える羽目に。
あれ?なんか本末転倒になって来てない?とか考えたら負けなのだ。

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 きまたび all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。