きまたび -気ままな旅人日記-
やる気なんて永遠に出る気がしないヘタレのガッカリブログ。リンクフリー風味。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010F1第18戦ブラジルGP決勝の巻。

いや~、アロンソの思惑通りな結果になりましたねぇ。
最終戦も同じ結果だったらタイトル確定だし
すでにレッドブル陣営に対して、メディアを通して口撃しまくってたりと
もうフェラーリというかアロンソの手のひらの内な感じも・・・
レッドブルがどう動くか、いろんな意味で楽しみですよ?

結果はこんな感じ。
2010F1第18戦日ブラジルGP_LT_R

・マクラーレン
バトンが5位、ハミルトンが4位。
ハミは早々にアロンソに抜かれた時点で試合終了のお知らせって感じでしたね。
抜かれた時は、オイオイもうちょっと粘れよ!と思ったけど
ちょっとフェラーリについて行けるだけのマシンではなかったですなぁ。
一応、タイトル獲得の可能性はあるんだが、上位3位が全員リタイアした上で
優勝しないといけないという条件なので、ハッキリ言って無理ゲーです。
バトンは担当エンジニアが優秀だなぁとしか感想無いわ。
強いて言うならば、強盗に襲われたけど無事で良かったねぐらいだなぁ。

・メルセデスGP
アゴ野郎が7位、ロズベルグが6位。
今回も謎の競争力を見せつけてくれた感じ。
それにしてもロズベルグが、今回も不遇な目に遭っていて全米が泣いた。
ピット作業でタイヤ間違えるとか、ピットクルーが残念すぎるだろ・・・
幸いSC中だったので致命傷にはならなかったけど、そういう問題じゃないし。
それにしても最近のアゴの機嫌の良さは異常。
今回なんか「ニコが新品のオプションでバトンを追えそうだから前に出したよ」
とか言ってロズベルグに前譲ってるんだぜ?信じられんわ・・・

・レッドブル
ベッテルが優勝、ウェーバーが2位。
ブッチギリの速さで余裕の1-2フィニッシュ、んでコンストラクターズタイトルも獲得!
でもベッテルが勝っちゃったので、タイトル争い的にチームが微妙な空気に・・・
普通に考えれば、ポイント的に可能性の高いウェーバーを援護した方が
賢明なんだが、ベッテルがそんな空気読むとは思えない上に
フェラーリのチームオーダーを散々批判した手前、チームオーダーなんて出せないしと
最終戦に向けていろいろと大変そうなというか、大変な状態だよねぇ。
まぁニューエイ先生はコンスト取れたからOKかもしれんけど。

・フェラーリ
マッサが15位、アロンソが3位。
3位取れればOKなレースで、しっかりと3位確保と実に堅実なレース運び。
2周目にハミを抜けたおかげで、大分楽な展開だったとはいえ
終盤ペース上げてウェーバーにプレッシャーかけたりと
決して守りの走りをした訳ではない辺りが、アロンソの恐ろしいところ。
そんなアロンソをサポートしないといけないマッサですが、15位と撃沈。
タイヤのトラブルだったので、しょうがない面もあるんだが
その後の走りも精彩を欠いていたのがねぇ・・・
最近の体たらくぶりだと、シート喪失の噂が出て来るのも無理無いというか。

・ウイリアムズ
バリチェロが14位、ヒュルケンベルグが8位。
バリチェロが母国GPで活躍出来ないのは、もはやオカルトの領域に来てる予感!
ただ今回は自業自得だよなぁ、本人はアルグエルスアリが突っ込んできたと
言ってるけど、映像見た感じだとイン締めすぎて自分からぶつかった感じだし。
初ポールからのスタートだったヒュルケン君は流石に動きが堅かったね。
常人にゴボウ抜かれされたものの、マシンを考えればよく頑張った方かと。
ヒュルケン君が8位に入った事で、遂にフォースインディアをコンストで逆転。
来年の懐事情が寒いチームにとっては、まさに値千金ですな。

・ルノー
クビサが9位、ペトロフが16位。
今回は結構苦戦気味だったが、しっかり入賞してくるクビサさんマジエース。
今期で一番株を上げたドライバーだと思うわ、そらフェラーリも欲しがるよね。
一方のペトロフたんは、スタート早々ターン2でコースアウトして
思いっきり順位を下げるという、期待を裏切らない残念ぶり。
もう私の中ではピケ子レベルのネタドライバーにカテゴライズされてますよ?
せっかく予選で10番手取ったのにこれだもんなぁ・・・やっぱりクビか?

・フォースインディア
スーティルが12位、リウッツィがリタイア。
入賞出来ず、ウッチーもクラッシュと散々だったが
ウイリアムズにコンスト逆転されたのが一番痛いところ。
今のチーム状況で再逆転出来る可能性なんかかなり薄いし、涙目過ぎる・・・
このまま後半戦良いところ無く終わったしまうんだろうか。

・トロ・ロッソ
ブエミが13位、アルグエルスアリが11位。
両名ともいろんな意味で大暴れした感じに。
可夢偉は危険なドライバーだとか言っていてこの走りじゃ、説得力無いですよ?
それにしてもアルグエルスアリは再スタート時の動きが甘かったよね
可夢偉が上手くやったとも言えるんだが、もっと可夢偉を警戒してれば
入賞出来たかも知れない訳で、そこら辺はまだ未熟だよねぇ・・・

・ロータス
トゥルーリが19位、コバライネンが18位。
終わってみればヴァージン勢の前で終わったし、無難なレースでしたな。
雨だったら警戒が必要あったろうけど、晴れならもう消化試合だよね~。
最終戦のアブダビは雨なんか降るはずがないし、次も無難にこなして
ランキング10位の座をしっかりと堅持したいところですな。

・ヒスパニア
クリエンが22位、ブルーノが21位。
トラブルでクリエンがピットスタートだったのは残念だったけど
ブルーノ的には有り難かったかもね~、母国で決勝もフルボッコはさすがにねぇ?
今回も無駄に高い完走率を示したものの、ランキングが変わる気配は無し。
もう話題は来年どうするの?ぐらいしかない訳だが
噂になってるTF110を使うってのは、実現するのかねぇ・・・

・ザウバー
ハイドフェルドが17位、可夢偉が10位。
チーム的には今回あんまり良いところなかったって感じ。
可夢偉が10位になったとはいえ、序盤に順位を落としたのを
SCに助けられたおかげだしね、アルグエルスアリを抜いたのはGJだったけど。
ニックは実に堅実な走りで地道に順位を上げていったんだが
終盤に青旗を無視したという事でペナルティを喰らう羽目に。
確かの中段は団子状態で、誰に青旗出てるのか判断しづらかったとは思う。
ニックも不注意だったが、これはチームが無線で連絡しないとダメでしょ・・・
可夢偉もトルコGPで順位と関係ない相手だと知らされずにバトルしちゃったり
ヨーロッパGPでも最終周だと知らなかったとか、このチーム無線の不手際が多すぎるよ。
チーム戦略含めて、そこら辺をもうちょっと改善して欲しいよね。

・ヴァージン
グロックが20位、ディグラッシがリタイア。
母国GPだったディグラッシはトラブルでひっそりとリタイア。
最終戦でロータスを逆転するのも無理臭いし、何とも言えない感じに。
この調子で来年どうするんだろうかと思っていたところに
ロシア企業のマルシャへ株式を売却した事で、マルシャ・ヴァージンとして
再出発、CFD施設も拡張するなど明るい?ニュースが出てきましたよ?
これでバーニーに虚仮にされた汚名を返上できるといいけどね~。

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 きまたび all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。