きまたび -気ままな旅人日記-
やる気なんて永遠に出る気がしないヘタレのガッカリブログ。リンクフリー風味。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010F1第17戦韓国GP予選の巻。

いや~、始まっちゃったって感じが半端じゃない韓国GP。
FP1から見てて、サーキットに関してはもう突っ込みどころ満載なんだが
イチイチ突っ込んでたら日が暮れるので、とりあえず一言。
F1ドライバーって凄いんだなぁ・・・と。

予選の方は、ベッテルとウェーバーとアロンソが絶妙な位置関係になってて
ものすごく決勝が楽しみな結果になりましたねぇ。
ただ雨降りそうなので、降っちゃったらもうどうなるか予想もつかないですよ?

というかもう昨日の午後8時から雨降ってて、今も降ってるらしいので
マジでもう何が起こるか判りませんよ?無事にレースが安全に終わりますように祈るわ。

結果はこんな感じ。
2010F1第17戦日韓国GP_LT_Q

・マクラーレン
バトンが7番手、ハミルトンが4番手。
思っていたよりもS1でアドバンテージが無くて涙目な予感。
それでもハミが4番手にねじ込んできたものの、前の3台とのタイム差はそこそこ有る上
どう考えても不利な偶数グリットと、涙目要素満載なワナ。
決勝のレースペースで追走出来るなら、S1のバックストレートは強いと思われるので
オーバーテイクが出来なくも無さそうなんだが、ライン外してブレーキング勝負仕掛けて
果たしてこの路面で止まれるのかどうかと言われると、それ無理。な予感!
一方のバトンは、タイトル争い脱落のお知らせ。7番手ってオイ・・・
攻めて5番手ぐらいにはもってこいよ・・・それでも厳しいのに。
もうバトン的には、雨降ったことを最大限に利用したいって感じですな。

・メルセデスGP
アゴ野郎が9番手、ロズベルグが5番手。
ニコが5番手持ってきたのは凄い事だと思うのですよ?
予選後、気持ち悪いくらい上機嫌だったアゴも9番手と、悪くない結果。
大分前に開発辞めちゃったはずなんだが、意外と戦闘力落ちない不思議。
これって、開発して新パーツを導入するよりも、セッティングを突き詰める方が
速かったと暗に言ってるようなもんなので、開発陣ェ・・・としか言えないワナ。

・レッドブル
ベッテルがPP、ウェーバーが2番手。
Q2までは今回ポール厳しいかなぁと思ってたんだが、そうでもなかったワナ。
終わってみればフロントロー独占になった訳ですが、両名の心境は大分違うよね。
ベッテルはスタートさえしっかりこなせば、雨が降ろうと晴れだろうと
そのまま優勝狙える可能性が大きく、前戦からの流れも良好。
一方のウェーバーは、どう考えても不利な偶数グリットである上に
アロンソが3番手と嫌な位置にいるのが、かなりのプレッシャーになる予感。
S2と3は悪魔のように速いマシンだけど、抜きどころとなりそうな
バックストレートは速いとは言い難いので、前に出られるとコース上で抜けない
可能性が高い訳でして、スタート失敗したら悲惨な事になりそうですよ?

・フェラーリ
マッサが6番手、アロンソが3番手。
先生!マッサ君がちゃんとサポート役をやってくれません!(えー
Q2よりQ3の方がタイム悪いとか、どういうことなの・・・
という訳で、アロンソは結局今回も1人で戦う羽目になりそうな予感!
超滑ると思われるレインコンディションを完璧に走るのはかなりの集中力が必要だけど
イタリアGP以降のアロンソなら、何とかしてくれそうな雰囲気も。
マッサは最低でもマクラーレン勢を押さえ込んで、とどめを刺すぐらいの仕事は
していただきたいところだけど、雨のマッサは・・・だしなぁ。

・ウイリアムズ
バリチェロが10番手、ヒュルケンベルグが11番手。
今回もしっかりと入賞争いが出来る位置に2台とも持ってきた感じ。
フォースインディアとのコンスト争いもあと2点差な訳でして
今回のレースで逆転まで持っていきたいところですな。早いに超した事無いし。
路面状況は最悪といって良い状況だが、ベテランのバリチェロに期待したいところ。
ベルギーGPみたいなリタイアは勘弁してくださいデスヨ?
ヒュルケン君は就活的にも、このレースでいいとこ見せたいところですな。

・ルノー
クビサが8番手、ペトロフが20番手(5グリット降格ペナ)。
もうちょっと上にクビサ来るかなぁと思ったんだが、これでもそう悪くはないですな。
この人はレインコンディションにも結構強いので、決勝は期待出来そうなんですが
ペトロフがねぇ・・・予選も肝心なところでコースアウトして15番手な上に
前戦のあのクラッシュでペナルティ受けてるので5グリット降格と散々な結果。
本人も自覚してるのか、ピットに戻ってもヘルメット取らずに項垂れてましたねぇ。
なんかルノーも、もっと堅実なセカンドドライバーが居たならば
コンストランキング4位を確保出来たはずであり、そうなった時の分配金は
ペトロフの持ち込み金(スポンサー含む)よりも多かったと考えてるらしいので
なんかもう来年のシートはないかもね・・・この成績じゃ文句言えないけど。

・フォースインディア
スーティルが14番手、リウッツィが17番手。
オイオイマジかよ・・・ってぐらいに遅い。マジ遅い。
ウッチーが最後のアタックでS3で失敗した事を差し引いても
トロロッソ勢と良い勝負なんて、この落ちぶれ異様は声にならないワナ。
スーさんが必死に就活してるのも頷けるほどの失速ぶりだよ・・・ホント。
スーさんにとって、今回の雨は恵みの雨となるんだろうか・・・

・トロ・ロッソ
ブエミが16番手、アルグエルスアリが15番手。
予選自体は戦闘力考えれば妥当な位置だと思うのだが
ちょっとブエミのイマイチだったのが気になりますなぁ・・・
雨降って荒れてくれるのは下位チームにとってみれば、リスクよりチャンスの方が
大きいのは言うまでもないので、まずはしっかりと完走をしておきたいところ。
大雨だった鈴鹿のFP3を走った経験が、活きると面白いよね。

・ロータス
トゥルーリが18番手、コバライネンが21番手。
ロータス的には、ここがコンストランキングを守る正念場ですな。
是が非でもヴァージンの前で終わることに全力集中って感じで。
ぶっちゃけ、レインコンディションでの鶴さんには期待出来ないので(ひでぇ
コバライネンには全力全身で頑張っていただきたいところ。

・ヒスパニア
左近が23番手、ブルーノが24番手。
やったね左近ちゃん!コースに名を刻んだよ!
鈴鹿で転けたデグナーさん宜しく、ターン16は左近コーナーとして語り継がれる(えー
しっかしターン16はスゲェよなぁ、路面より縁石が低い上に走行中にどんどん沈んでいく
という、常識に捕らわれない画期的なコーナーだよね、次元が違いますよね、斜め上に。
今回はブルーノに勝った上に、ヴァージンのディグラッシのかなり接近したのもあってか
クルーがかなり喜んでたのがちょっと印象的でしたね。結構気に入られてるんだなぁと。

・ザウバー
ハイドフェルドが13番手、可夢偉が12番手。
2人揃って殆ど同じタイムということは、今回の戦闘力はこの辺って感じなんだろね。
でもザウバーの強みはレースペースの良さですから、決勝は期待したいところ。
可夢偉はレインコンディションに弱いという印象はないし、ニックは
こういうシチュエーションでは気がついたら上位入賞ってのが、お家芸だったり
するので、全戦に引き続き、ダブル入賞出来たらいいよね~。

・ヴァージン
グロックが19番手、ディグラッシが22番手。
ヴァージン的にはロータス逆転への最後の聖戦ですな。
オーダーはオンリーワン、最後まで生き残って11位以上を取る、それだけだぜぇ!
ディグラッシには過度の期待は出来ないが、グロックなら、グロックならやってくれる!
って感じで祈るしかないよね、ちゃんとレースが成立してくれないと話にならないけどな!

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 きまたび all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。