きまたび -気ままな旅人日記-
やる気なんて永遠に出る気がしないヘタレのガッカリブログ。リンクフリー風味。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010F1第15戦シンガポールGP予選の巻。

FP見てる限りだと、ぶっちぎりでレッドブル大勝利!かと思いきや
フェラーリとマクラーレンが意外と粘りを見せてくれたおかげで
タイトル争い的には面白い予選ポジションになりましたなぁ。

あとニックファン的には、今回からレース復帰するニックも大注目ですよ?
連続完走記録が途絶えたこのGPから復帰ってのは、皮肉な感じもするけど。

結果はこんな感じ。
2010F1第15戦シンガポールGP_LT_Q

・マクラーレン
バトンが4番手、ハミルトンが3番手。
このGPは辛いのかなぁと思っていたんだが、意外と食らい付いてきたって印象。
とりあえず2人とも、ウェーバーの前に出られたのは僥倖ですな。
最悪でもこの位置で完走すれば、ポイント差が縮まるしね。
ハミにとっては奇数列の恩恵を生かして、ベッテル抜きたいと思ってるだろうから
晴れを期待してそうだけど、バトン的には雨降ってくれた方がおいしいとか
思ってんだろうなぁ、荒れて周りが勝手に自滅してくれる的な。

・メルセデスGP
シューマッハが9番手、ロズベルグが7番手。
まさか2台ともQ3進出するとは思ってなかったので、素直にビックリ。
ロズベルグはここ得意だから来るとは思ってたけど、まさかアゴまで来るとは。
またルノーにポイント差つける大チャンスが到来した訳で
奇数列生かしてアゴがクビサの前に出られたら、大勝利な予感が!

・レッドブル
ベッテルが2番手、ウェーバーが5番手。
またもやチームの総合力の低さを露呈する有様に。
ピットから出すタイミングも悪いし、ドライバーもミスするしと散々。
セクターベスト繋いだら余裕でポール取れるマシンが泣いてますよ?
決勝も不確定要素が起こりやすいサーキットなだけに、またドタバタするかもね。
ベッテルは偶数列というのがキツイ、アロンソよりも横のハミを意識しとかないと
スタートで抜かれる可能性大ですよ?ベッテルスタートそんなにうまくないし。
ハミもベッテルの引かないタイプな上に、最近自滅クラッシュした同士なので
スタートからのターン1から3にかけて、かなりの見所になりそうだぜぇ・・・
ウェーバーは過去2年連続でここはリタイアしてるGPなので
このまま5位完走でも良いと思ってるかもね、ポイントリーダーの余裕的な?
でも2戦連続でスタート大失敗してるので、またやらかしたら目も当てられないんだぜ!

・フェラーリ
マッサが24番手、アロンソがPP。
お笑い担当チームのくせにイタリアGP以降、絶好調にもほどがあるだろ。
確かにアロンソはここ得意だけど、まさかポールまで獲るとは・・・
予選の戦い方も上手かったし、今回勝ったらさらに勢い出てきそうだなぁ。
一方のマッサは、クラッシュゲートの練習を!(ひでぇ
冗談は置いておいて、タイム出す前に電気系トラブルで最後尾に。
アロンソの援護をしないといけない立場からすると、最悪の結果になってるが
ほぼノーペナ扱いで9基目のエンジンを投入出来たのは
ある意味、今後のレースでの援護体制が強化された的には良かったのかも知れん。
今回アロンソ自力でポール取っちゃたし。

・ウイリアムズ
バリチェロが6番手、ヒュルケンベルグが17番手。
何故か毎年ここで速いウイリアムズだが、今年も十分な速さを披露。
伝統的にバンピーな路面に強い足回り設計が活きてるのかも。
という訳で、バリチェロが6番手とかなりの好位置に。
フォースインディア勢が後方に沈んでるので、ポイント差詰める絶好のチャンス。
ヒュルケン君もFPでは良い走りしていたんだが、トラフィックにでも
引っかかったのか12番手止まりに。ピットでかなり怒ってましたよね。
ギアボックス交換してるので、5グリット降格が確定してるので
余計に苛ついていたのかも知れませんなぁ・・・

・ルノー
クビサが8番手、ペトロフが12番手。
もうちょっとサーキットと相性良いかと思いきやそうでもなかったワナ。
前戦に引き続き、メルセデスGPとガチンコバトルになりそう。
コンストでメルセデスGPを逆転するためにも、結果を残したいところなんだが
ペトロフが足引っ張ってる感がさらに増してきた予感!
Q2で最初に出したタイム的にはQ3まで行けそうな感じだったのに
ターン5でリアぶつけてそのまま予選終了という有様だったし
クビサは搭載してるのにペトロフはFダクト外してるのも
暗に使いこなせませんって、言ってるようなもんだしなぁ・・・

・フォースインディア
スーティルが15番手、リウッツィが16番手。
やばい、やばい、マジヤバイ。マシンの競争力が伸びてこないよママン。
嘗ては同格だったルノーに置いて行かれ、ウイリアムには速さで逆転された上に
コンスト争いでももう真後ろまで迫った来たし、格下だったはずの
ザウバーとトロロッソに肩並ばれちゃってる状況になってますよ?
このままだと、ウイリアムズに逆転を揺るのは必至だし
ザウバーにまで追いつかれ始めるなんてことも・・・無いとは言い切れないんだぜ?

・トロ・ロッソ
ブエミが13番手、アルグエルスアリが11番手。
打倒ザウバーと独自に進めてる開発もまだ進行中と、鼻息荒い訳だが
それが功を奏したのか、今回はなかなか善戦した予選結果に。
可夢偉以降とはタイム差が拮抗してるので、激しい入賞争いになりそうな予感。
特に今回なぜかアルグエルスアリが絶好調なので、ちょっと期待出来るかも?

・ロータス
トゥルーリが21番手、コバライネンが19番手。
グロックに負けたのはまだしも、ディグラッシに割って入られたのは痛い。
マシンの速さではヴァージンより劣ってると思われてもしょうがない状況に。
しかもこのGPは荒れた展開になりやすい上に、雨降るかも知れない訳で
これでヴァージン勢が12位でも獲得したら、目も当てられませんぜ?
今回のGPは結構、正念場になりそうな予感・・・

・ヒスパニア
クリエンが23番手、ブルーノが23番手。
左近が謎の食中毒でクリエンが代走に!でも左近本人は元気そう!ふしぎ!
あほくさいプレスリリースを出してくれた訳だが、今回の交代劇は
クリエンがチームにスポンサーを持ち込んだのが、要因な訳でして。
コレス代表は「日本GPまでに左近が直れば彼は走れるだろう」とか言ってますが
要するに日本GP出たければ、もっと金を積めっとことですよ。
今まで金の問題をここまで表沙汰にしたチームってあるのか?もう最悪ですよ。
それと同レベルで最悪なのは、ブルーノのポンコツぶり。
左近相手に善戦してたが、クリエン相手にはいきなり1.2秒もちぎられる始末。
クリエンはスペインGPでFPを一回だけ走っただけで、予選を戦うのは
約4年ぶり、チーム財政的に専用のシートなんか用意されて無さそうという状況。
しかもタイム出したラップを国際映像で半周ぐらい映されてましたが
2人ともトラフィックに引っかかった様子無いので、いい訳も出来ず仕舞い。
FPからスピンしまくってたのも含めて、ブルーノのポンコツぶりを見せられた感じ。
そのブルーノと、どっこいどっこいだった左近も間接的にフルボッコですよ?

・ザウバー
ハイドフェルドが14番手、可夢偉が10番手。
今回から復帰のニックですが、いくら去年までいたチームとはいえ
C29に乗るのは初めてだし、今年のBSタイヤも初めて履いた訳なので
14番手ってのは、まずまずの結果だと思われる。
エスケープゾーンの広いサーキットだったら、もうちょっと限界点を探れただろうけど
ここは壁に囲まれた市街地サーキットですから、無理してクラッシュしたらアレだしな。
それにしても可夢偉がQ3進出したのは、大金星だと思う。スゲェビックリしたし。
FP見てる限りではとてもQ3進出なんて望めなさそうだったからなぁ・・・
最近の活躍ぶりで忘れ気味だったけど、今回久々のQ3進出なんだよね。
かなりの後列から入賞を獲得してきた最近のレース内容を思うと
否が応でも、上位入賞を期待してしまう・・・あぁ心臓に悪いわぁ。

・ヴァージン
グロックが19番手、ディグラッシが20番手。
遂にロータスを捉えましたよ?開発続けてた甲斐があったぜ!来期は知らんけど(え
多分チーム内の雰囲気は、イケイケGOGOでかなりノリノリな予感。
何度でも言うが、あとは信頼性の確保ですよ。ホントマジで。
このGPは不確定要素が起きやすいだけに、ロータスに会心のカウンターを
ぶち込んで逆転するチャンスだしな!まぁこれはロータスにも言えるんだけどね。

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 きまたび all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。