きまたび -気ままな旅人日記-
やる気なんて永遠に出る気がしないヘタレのガッカリブログ。リンクフリー風味。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010F1第13戦ベルギーGP決勝の巻。

アロンソ、ベッテル、アウトー(デデーン

決勝の方も、素敵に気まぐれなスパウェザーのおかげで荒れた展開に。
と言っても、大暴れしたの上記2人ぐらいですけどね~っと。
あと6戦残してるとはいえ、まだ5人がタイトル争ってるシーズンなんて
かなり久々だよなぁ、本人達は戦々恐々だろうけど、見てる方は楽しいよね。

結果はこんな感じ。
2010F1第13戦ベルギーGP_LT_R

・マクラーレン
バトンがリタイア、ハミルトンが優勝。
路面コンディションがコロコロ変化する中で、上手い事走り
コースアウトしても大事に至らないという、相変わらずの悪運のよさ
速さだけではなく、強さも手に入れつつあると最近のハミ見てて思うわ。
バトンも今回は上手い事2番手まで上がってきて、1-2体制を築いたんだが
ベッテルとの特攻を喰らって、ラジエター破損でリタイアする羽目に。
流石に今回は同情を隠しきれない感じ?完全に巻き添えだしなぁ・・・
去年もグロージャンのクラッシュに巻き込まれてたし
バトン的にはスパ・フランコルシャンは鬼門なのかもね(えー

・メルセデスGP
アゴ野郎が7位、ロズベルグが6位。
プライム履いて雨降るまで我慢作戦がまさかの大成功するワナ。
まぁ、こういうギャンブル的な作戦を獲らざるを得ないのと
成功してんのにこの順位しか取れてないってのは、切ない現実ですけどね。
あと、お互いを抜く時に接触してるのは頂けないですよねぇ。
クラッシュにならなかったから良いようなものの
チームメイト同士で何やってんの?って感じですよ?
コンスト4位の座をルノーが猛追してるんだからさぁ。

・レッドブル
ベッテルがリタイア、ウェーバーが2位。
スタート大失敗して大きく順位を下げたものの、2位までリカバリーした
ウェーバーは、取れるだけのポイントを取りに行くという
クレバーな走り方を実戦して、見事に結果に結びつけた。これは素晴らしかったね。
で、ベッテルさんですよ、ベッテルさん。
バトンのスリップに入ってるのに、速度リミッター打ってる時点で
コース上でのオーバーテイクはハイリスクだったんだから
バトンがピットインするまで付いていけば、2位は取れていたはずなのに
勝ち急ぎすぎて、むざむざクラッシュしてノーポイントですよ。アホかと。
300kmオーバーでブレーキングポイント付近、路面も状態良くない状況で
あんな強引なレーンチェンジしたら、そらリアが滑りますよ・・・
そのあとも入賞圏まで戻れるチャンスがあったのに、ウッチーのFWを踏み抜いて
タイヤパンクさせる失態まで演じて、もう完全にピエロですよ。
若いなぁ・・・で済まされるレベルじゃないよね~。

・フェラーリ
マッサが4位、アロンソがリタイア。
グリット位置からはみ出てるのに気づかれないほど空気だったマッサでしたが
レースの方も特に何事もなく、単独4位で終えるという空気ぶり。
別に悪い結果でもないんだけど、褒めるほどでもないってのがなんとも。
で、アロンソさんですよ、アロンソさん。
1周目のバスストップシケインで殆どがオーバーランしている中、
律儀にコース上走ってたらバリチェロに突っ込まれるという運の無さ。
これに関しては同情できるが、そのあとインター履いて失敗とか
終盤で降ってきた雨の中、縁石踏みすぎてスピン、そのままクラッシュリタイアとか
もう見てらんない!って感じ?フェラーリ来てから空回りしすぎだろ・・・
あと、ストレート遅いザウバー可夢偉に上手い事ブロックされて抜けなかったのも
正直、ダサかったよね~、ホント。

・ウイリアムズ
バリチェロがリタイア、ヒュルケンベルグが14位。
通算300戦目のメモリアルレースだったバリチェロですが、1周保たずにリタイア。
つーか、もう300戦も走ってる大ベテランなんですから
オーバースピードでカマ掘りクラッシュとか、勘弁してくださいよ・・・
ヒュルケン君の方は、展開次第では入賞できそうな位置に付けていたものの
終盤に降ってきた雨でみんなインターかウェットに履き替えてる中
1人だけドライタイヤでステイアウトさせられるという、仕打ちががが。
流石にそれは無いだろってことも、平気でやるのがウイリアムズの伝統芸だからなぁ。
という訳で、予選結果の割には散々なレースに・・・

・ルノー
クビサが3位、ペトロフが9位。
満を持して投入してきたFダクトも、こうかはばつぐんだ!!だし
それをアッサリと使いこのなすクビサの検討もあり、見事な3位表彰台に。
最後のピット作業でオーバーランして無ければ2位だったのは触れない方向で(えー
でもマシンの戦闘力が向上したのは、ペトロフの結果でも証明してるよね。
大失態を演じてほぼ最後尾スタートから9位まで持ってきたんだし。
ペトロフも予選のアレで来期のシート無くなるかと思ったが
何とかギリギリ首の皮一枚だけ繋がったって感じですかねぇ。
それにしても、もう完全にメルセデスGPは射程圏内ですな。

・フォースインディア
スーティルが5位、リウッツィが10位。
確かに去年ほどの輝きはなかったけど、ストレートの速さは本物でしたね。
ケメルストレートでメルセデスGP2台とザウバー可夢偉をアッサリと
抜き去った時はもう笑うしかなかったって感じでしたよ?
ウッチーもアロンソに対してかなり粘ってたしね~。
スリップから抜けて抜きにかかったアロンソに対して
再び横並びになった時は、マジかよ・・・と思ったしな。
ベッテルにFW壊されたりと、結構散々だったウッチーも
アルグエルスアリの降格ペナルティで、ちゃっかり10位入賞したし
スーさんも5位とまずまずの戦果、次戦のモンツァが楽しみですよ?

・トロ・ロッソ
ブエミが12位、アルグエルスアリが13位。
ブエミはパンクでイレギュラーだったとはいえ、1周目に
2人ともインターに履き替えさせたのは流石に、リスキー過ぎじゃないかと。
結果論になっちゃうけど、それが原因で入賞できなかった訳だし
せめて1人はステイアウト、またはドライタイヤにして戦略分けておけば
もしかしたら入賞もあったかも知れないのにねぇ。

・ロータス
トゥルーリが19位、コバライネンが16位。
ヴァージンとの争いがだんだん熾烈になってきた予感!
まぁ、今回はロータスがドライセッティングでレースに臨んだのが
裏目に出たって感じが強いですけどね~。

・ヒスパニア
左近が20位、ブルーノがリタイア。
このチームに結果を求める方が無理であり、当然定位置の最下位。
左近も残りのシーズン全部走れるという、待遇まで獲得しましたけど
チームの将来性を考えると、無茶しやがって・・・(AA略
ってことにならなければいいけどね~。いやホントマジで。お金って大事よ?

・ザウバー
可夢偉が8位、デラロサが11位。
入賞圏内走っておきながら、予選と同じところでコースアウトして
入賞逃しちゃうデラロサさんは、マジで勘弁していただきたいところですが
可夢偉はこのレースも上手く戦い抜きましたねぇ。
最初のピットはパンクでイレギュラーだったとはいえ、タイヤ交換義務を果たせたのは
僥倖だったし、そのあとの走りも上手かったとしか言いようがないワナ。
あのまま雨降らなければ、最低でも6位は取れてただけに、少しだけ雨に泣かされた感じ。
デラロサに9基目のエンジン導入するタイミング的には、被害を最小限に留めましたけど
9基目投入だけで済むのかアレですよね・・・可夢偉も余裕無いだろうし
コンストでウイリアムズ追撃するのは、骨が折れそうですな。

・ヴァージン
グロックが18位、ディグラッシが17位。
今回はロータスの間に割って入ったと健闘を見せたのものの・・・
残りのレース数を考えると、ランキングでロータスを逆転するには
どっかで奇跡の10位入賞でもやらないと、逆転出来なさそうですなぁ。

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 きまたび all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。