きまたび -気ままな旅人日記-
やる気なんて永遠に出る気がしないヘタレのガッカリブログ。リンクフリー風味。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010F1第11戦ドイツGP決勝の巻。

もう来年からニュルブルクリンクだけでやろうぜ!的な展開でしたが
お笑い担当のフェラーリさんがやらかしてくれたおかげで
いろんな意味で面白い展開になった気がするドイツGPだったね。
ところで、ドイツ人ドライバーが全員空気だったのはどういう事なの・・・

結果はこんな感じ。
2010F1第11戦ドイツGP_LT_R

・マクラーレン
バトンが5位、ハミルトンが4位。
ブローディヒューザーを実戦投入出来るまでに仕上げてきたものの
フェラーリとレッドブルに25秒弱も離されるとは、現実は厳しいですな。
それでも見事なダメージコントロールぶりは、マクラーレンの強さを感じますけどね。
ハミは放って置いても自力で前に上がってくるし、バトンはチームと上手く連携して
気がついたら上位にいたりと、隙がないよねぇ。
ベッテルのピットインに釣られずに、オプション側を上手く使いこなした
今回のバトンの走りはさすがに文句付けようがないし・・・バトンのくせに(ひでぇ

・メルセデスGP
シューマッハが9位、ロズベルグが8位。
母国GPをダブル入賞で終わる、と最低限の仕事はしましたけど
周回遅れにされた時点でどう考えても中段グループ入りです、ありがとうございました。
もはや4強とか言われていたのが懐かしいレベルですよね~っと。
Fダクトやブローディヒューザーなど、やることやってるんだが遅いよねぇ。
まぁ去年のマシンの出来が良すぎただけで、元々このチームは
BAR時代からそんなに良いマシン作ってくる印象無いし、こんなもんじゃね?とかな。

・レッドブル
ベッテルが3位、ウェーバーが6位。
スタートシステムが悪いのかベッテルが下手なのか知れんが、スタートダメすぎだろ。
ベッテル自身もアロンソ意識しすぎて、マッサにまで前に行かれてるし・・・
抜けるところがターン6ぐらいしか無くて、RB6はそんなにストレート速くないんだから
先頭キープできなかったら、こうなること判ってるくせになぁ。
ウェーバーもマクラーレン2台に前行かれてるし、グダグダ過ぎだろ・・・
最初の頃はタイトル争いが混戦で面白いジャンとか思ってましたけど
最近はこれだけ速いマシンで、なんで勝てないんだよとイライラしてきましたですよ?

・フェラーリ
マッサが2位、アロンソが優勝。
やっぱりフェラーリさんはお笑い担当だったぜぇ!ヒャッハー!
高校時代に英語で留年しかけた私でも聞き取れたあの無線
「フェルナンドはキミよりも速い、理解できるか?」これが全てでしたね。
マッサは2007年の最終戦みたいに上手い演技が出来るはずなのに
露骨に抜かせたし、担当エンジニアのスメドリーが「よくやった、すまない」とか
無線で喋っちゃうとか、明らかにチームオーダーだコレー!って感じ?
プライベート無線が禁止されて、無線内容が全部公開される最初のレースで
早速やらかす辺り、ドメニカリは監督に域に達してないんじゃないとか思うわ。
そもそもこんな重要な決定ならドメニカリ自身が無線で指示出すべきだし
ちゃんと隠語も事前に用意すべきだった訳で。
ルールで禁止されてるとはいえ、チームオーダー自身は健在なのは暗黙の了解だし
フェラーリが伝統的にそういうチームだってのも理解できる。
でもチームオーダー疑惑を確信に変わるようなやり方でやるとか、ただのバカだろ。
いい加減フェラーリはドメニカリ体制が無能集団だという事に気が付くべき。

・ウイリアムズ
バリチェロが12位、ヒュルケンベルグが13位。
1周目で2台とも後ろに下がってしまったのが、最大の要因だったとはいえ
理解しがたい戦略を実行するという、ウイリアムズの伝統芸が発動したのもアレだよねぇ。
ヒュルケン君はオプション側で稼いだマージンが最大だったころに
ピットに入っていれば、11位前後に戻れて入賞争いが出来たはずなのに
周りが17秒台入ってる中、20秒台まで下がって走ってるのにピットに入れず
マージンを全部吐いたどころか、デラロサに抜かれてからピットインとか、もうね。
せっかくの母国GPだったのにヒュルケン君は犠牲になったのだ・・・

・ルノー
クビサが7位、ペトロフが10位。
ルノーはクビサ獲得できてなかったらどうなったんだろう・・・
とか思ってしまうほどの安定神ぶり、もうクビサに足向けて寝られないレベルですよ?
一方、そろそろ結果出さないとシート無くなっちゃうよ?的なペトロフは
可夢偉の猛攻を塞ぎきって、なんとか10位入賞して首の皮一枚繋がったか?
と思いたいんだが、無線で「7速入れるのが遅いんだよ」(超意訳)とか
怒鳴られてる辺り、まだまだ厳しい状況下も知れませんな。
それにしても本当にルノーは新人にドS過ぎるよなぁ・・・

・フォースインディア
スーティルが17位、リウッツィが16位。
予選はグダグダだったが、決勝はもっとグダグダだったでござるの巻。
1周目に同士討ちして、2台ともピットインして作業したまでは普通なんだが
お互いの左リアタイヤを間違えて付けるという、ウルトラC級の技を炸裂させるとは
思ってもみなかったんだぜ・・・というか、どういうの事なの・・・って感じ。
なんか最近、緊張感に欠けてる気がしますなぁ。

・トロ・ロッソ
ブエミがリタイア、アルグエルスアリが15位。
こちらも1周目で同士討ちして、ブエミがリタイアする羽目に。
ブエミの今シーズンのツキの無さはお払い行った方が良いレベルだなぁ。
マシンの戦闘力が停滞してるので、次戦のハンガリーで持ち込む
アップデートでパフォーマンスが上がること期待するしかないですな。

・ロータス
トゥルーリがリタイア、コバライネンがリタイア。
ブエミ同様、鶴さんのトラブル続きもお払い行った方が良いレベルだな。
FPと予選の時は本人の感触も良くてちゃんと走れてるのにねぇ?
コバのリタイアに関しては自業自得過ぎるので、何とも言えませんな。

・ヒスパニア
左近がリタイア、ブルーノが19位。
リタイアしてるのに気づかれない左近さん可哀相です。
まぁそんな左近は置いておいて、ブルーノはさすがにケツに火が付いたのか
今回は完走してきましたね、左近のリタイアはマシントラブルだから
本人のせいではないけど、クラッシュでもしようものなら
すぐにでもドライバーが変わる可能性があるってのは、ある意味緊張感あるなぁ。

・ザウバー
可夢偉が11位、デラロサが14位。
デラロサはヨーロッパGP以降どうもツキがない気がするなぁ・・・
結構頑張ってると思うんだが、どうもかみ合わないというかねぇ?
可夢偉はピット戦略がイマイチだったのが最後まで響いた感じですな。
ストレート遅いからターン6に着くまでに寄れないから抜けないし。
それにしてもスポンサー付かないなぁ、ホント。
バーガーキングみたいな大勝利は無いかも知れんが結構映ってる方だと思うから
小口でも良いから付いて欲しいんだけどねぇ・・・

・ヴァージン
グロックが18位、ディグラッシがリタイア。
ロータスが自滅してくれたおかげで今回は勝てたものの
相変わらずマシントラブルが出るのよねっと。
なんか今年中にブローディフューザーを投入するとかしないとか。
Fダクトは来年禁止だし、マルチディフューザーも禁止になるけど
マルチじゃなくてもブローディフューザーは使えるだろうから
それ考えると妥当なアップデート計画かもね。作れればの話ですけど。

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 きまたび all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。