きまたび -気ままな旅人日記-
やる気なんて永遠に出る気がしないヘタレのガッカリブログ。リンクフリー風味。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010F1第10戦イギリスGP決勝の巻。

このコース改修は大成功だったんじゃね?とか思ってみたり
新しいセクションは今後もオーバーテイクポイント成りそうですな~。
やはり高速コーナーの多いサーキットは見ていて楽しいですわ。

結果はこんな感じ。
2010F1第10戦イギリスGP_LT_R

・マクラーレン
バトンが4位、ハミルトンが2位。
持ち込んだアップデートが不発に終わり、マシンを元に戻したりと
どうダメージコントロールするのか・・・と思いきや2位と4位で大勝利な予感!
当たったなんて気がつかなかったよと、しれっとコメントしつつ
ベッテルのタイヤバーストさせたハミはそのまま2位をキープ。
バトンも1周目で大きく順位を上げて、タイヤを使い切るまでピットを引っ張ったことで
予選14番手から4位と、さすがにこれは上手かったと言わざるを得ない感じ。
やっぱりマクラーレンはチームとして強い!って感じしますなぁ。

・メルセデスGP
シューマッハが9位、ロズベルグが3位。
最近ルノーとかウイリアムズにも負け気味だったメルセデスGPですが
今回はニコが中国GP以来の表彰台と、辛うじて息を吹き返した感じ?
まぁもうすでに時遅しな感じですけどね、タイトル争い的には。
シュー様も今回は9位入賞してきましたけど、ニコと比べるとねぇ?
スーさんに完全にイン取られてるのに、サイドポンツーンに当てるほどイン閉めたり
ベッテル相手に、ライン1本分無いんじゃないの?的なえげつない幅寄せとか
散々えげつない事した割には、結局抜かれてるし・・・もうね。
ピット出たての可夢偉にまんまと押さえられたのも、そもそもアウトラップで
ミスしてタイムが2~3秒遅かったのが原因だしねぇ。
ところで今年のシュー様は真っ先にピットインすることが多いけど
これってチームの判断なのか、本人の判断のかどっちだろうね?

・レッドブル
ベッテルが7位、ウェーバーが優勝。
どう考えても1-2獲れたはずなのに、どうしてレッドブルはそれが出来ないん?
ウェーバーは完全にクルージングだったし、ベッテルだってSCに助けられたとはいえ
7位まで自力で上がってこれるほど、速いマシンがあるのにね。
今回はFWの件でまたチーム内がゴタゴタしメディアに煽られてましたけど
なんかもうチーム自身をコントロール出来てないよね、完全に。
あとウェーバーは余計なこと言い過ぎだ、FWの件はチームの対応が悪いとはいえ
長身な本人のために軽量シャシーを用意してくれてたりと、ちゃんとチームは
なるべく同じ条件にしてやろうとしてくれてた訳なんだし、敵を作ってどうするんだと。
今回のシャシーがベッテルのお古なのも気にくわない要因だったらしいけど
軽量シャシー壊したのは自分だしねぇ?もうガキじゃないんだからさぁ・・・

・フェラーリ
マッサが15位、アロンソが14位。
シュー様、ロス・ブラウン、ジャン・トッド体制時代が異常だっただけで
元に戻ったんだと思うとこのグダグダ感も納得できる!不思議!(えー
フェラーリは格好良くてたまに速ければいい、強さなんて要らんかったんや!
人気だけはある万年Bクラスのチームで良いんだよ、だってトップチームなら
同士討ちしてタイヤバーストしたり、どう考えてもショートカットなのに
ドライバーの言い分鵜呑みにして警告無視してペナルティくらったり
ホームストレートのど真ん中にパーツが落ちてるのにSC出るのを予測できずに
ペナルティ消化するタイミングを間違えたり、ドライバーからもう無線で話しかけるな!
とか言われたりなんてしないですからね!しないんですからね!
それにしても今年のアロンソのポンコツぶりは、ひよりんレベルだなぁ・・・
あとマッサのスピンしながらピットインして、用意できてなかったという複合技も
なかなかだったが、2009年の中国GPでピケ子大先生が魅せた
スピンしながら器用にFWだけ壊して強制ピットインという、ウルトラCな技を
超えるには、まだまだ修行が足りませんな!(えー

・ウイリアムズ
バリチェロが5位、ヒュルケンベルグが10位。
カナダGP以降上り調子というか、バリチェロさん絶好調にもほどがあるワナ。
今回は可夢偉を押さえきって5位入賞と、前戦から連続で上位入賞ですからね。
ヒュルケン君も今回は頑張ってて10位入賞してるんだけど
バリチェロが絶好調すぎて、影が薄いってレベルじゃなくなってる感じに。
そんなにGP2で成績残せてない可夢偉とか、レッドブルの育成プログラム出身の
ブエミとかがそれなりの戦果を出してるのを見てると
GP2のタイトルって意味あるの?とか思っちゃいますよね・・・
GP2出身で結果残せてるのって、ぶっちゃけハミぐらいだしさぁ。
ロズベルグとコバはそこそこですけど、それ以降の出身者はねぇ?

・ルノー
クビサがリタイア、ペトロフが13位。
開幕から上り調子が続いていたのが遂に止まってしまいましたな。
スタートで3番手まで上げたクビサもそれ以降は防戦一方だった上に
今シーズン初めてメカニカルトラブルで初リタイアと散々だったし
ペトロフも入賞圏内付近にいたけど結局、入賞圏外だしね。
というかペトロフはシルバーストンを走りきるだけの体が出来ていなかった感じしますな。
ターン1の飛び込みとかも、首を持って行かれすぎてて危なっかしかったし。
来年のクビサの相方は誰だなんて話が公然と噂されてるこの状況で
あの有様はちょっとというか、大分印象悪いよなぁと。

・フォースインディア
スーティルが8位、リウッツィが11位。
予選は不発に終わったものの、決勝ではちゃんと力強さを見せた感じに。
特にこのマシンの前に出てしまえば何とか凌げる感は半端無いですな。
ウッチーもアロンソを押さえきったし、スーさんも最後は強引に抜かれはしたものの
かなりの間ベッテルを押さえ込んだりと、なかなかの仕事ぶりだったかと。
ただ最近、前に出る手段である予選がイマイチなのが悩みの種ですな・・・

・トロ・ロッソ
ブエミが12位、アルグエルスアリがリタイア。
正直、開発競争では完全に遅れてて戦闘力がジワジワ落ちてる割にはよくやってるかと。
ブエミの12位ってのは現状考えると上出来だと思うよ。
ただ今後もほぼ確実にジリ貧だからなぁ、レッドブルの育成ドライバーを乗せるという
意味では、このままでも良いかもしれないけどね、中段で走っていれば
いろいろ学べることも多いだろうし。

・ロータス
トゥルーリが16位、コバライネンが17位。
前戦は散々でしたけど今回はちゃんと2台とも完走と持ち直した感じ。
他の新興2チームとのアドバンテージはまだまだ大きく持ってそうですな。
今後はコース対応のパーツぐらいしか持ち込まず、来年用のマシンを開発するので
これ以上の戦果を期待できなのは切ないけど、来年はいろいろ楽しみですよ?

・ヒスパニア
チャンドックが19位、左近が20位。
チャンドックにややトラブルが出たとはいえ、左近も久々のレ-スとしては
上出来な結果だったんじゃないかと、チームの現状が現状だしねぇ。
でもTMGとの技術連携がやや現実味が出てきたのは、興味深いですな。
TMGの施設と技術力を使ってジェフ・ウイリスが指揮取って開発したマシンなら
テールエンダー争いするようなマシンとは思えないしな、実現すればだけどな。

・ザウバー
可夢偉が6位、デラロサがリタイア。
可夢偉のレース巧者ぶりが凄いですなとしか言えないですよ?
シュー様相手にライン変えたりブレーキポイントずらしたりして
まんまと押さえきれましたねとかしれっとコメントしてる辺りが素晴らしいわ。
接近戦で安心してワクワク出来る日本人ドライバーなんて珍しいもんね。
琢磨は何時ぶつけるかハラハラしたし、カズキはアッサリ抜かれてるんじゃネェヨ!
とイライラしたりしていたのも、良い思い出ですよ?(えー
それにしても今回のデラロサは可哀相すぎて泣けてきますな・・・

・ヴァージン
グロックが18位、ディグラッシがリタイア。
今回持ち込んだアップデートで予選ではロータスに肉薄できたものの
決勝では相変わらずトラブル出たりと相手に成らず・・・
信頼性を確保できればロータスといい勝負できると思うんだけどなぁ。
というか今が勝負時というか瀬戸際な感じですよ?
ヒスパニアがTMGと組むのが現実になったら、確実に劣勢だし。

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 きまたび all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。