きまたび -気ままな旅人日記-
やる気なんて永遠に出る気がしないヘタレのガッカリブログ。リンクフリー風味。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010F1第10戦イギリスGP予選の巻。

もう何回目の改修だよって感じのシルバーストンですけど
今回のレイアウトは高速区間がまた増えて面白くなった気がするんだぜ!

さぁどんな高速バトルが展開されるのか!?と盛り上がりたいところですが
レッドブルがまたもや異次元の速さで笑うしかないワナ。
決勝もなんにもなければ去年同様ブッチギリでレッドブル大勝利ですよ?
他のチームからすれば、スペインGPの悪夢再びですよね~と。

レースとは関係なけど、今回久々に西岡アナが実況なのね。
お願いだからCS専属でF1の実況してくれないかしら・・・

結果はこんな感じ。
2010F1第10戦イギリスGP_LT_Q

・マクラーレン
バトンが14番手、ハミルトンが4番手。
ポイントリーダーで帰ってきた母国GP、大型アップデートも持ち込んで
レッドブルに引導を渡す!はずがアップデート不発で逆にピンチに。
どうもブローディフューザーが安定しないということで元に戻し
それ前提で持ち込んだ新パーツも外す羽目になったのが大きな痛手になった模様。
確かに見ててボトミングが酷すぎて去年のマシンみたいだったもんな。
そんな状況でも4番手まで乗りこなしてくるハミは頼もしいが
バトンさんは14番手とへっぽこにもほどがある始末。
確かにタイムが拮抗してるとはいえ、14番手はないでしょ・・・
去年もそうだったけど、そりゃ観客も微妙な空気になりますって。
本当にマシンなりにしか走れないんだよなぁ。

・メルセデスGP
シューマッハが10番手、ロズベルグが5番手。
前戦がアップデートのテスト走行みたいな感じになってたメルセデスGPですが
今回はちゃんと修正してきたようで、最近離され気味だったフェラーリと
マクラーレンに対抗できるだけの速さを取り戻してきた様子。
でもニコはちゃんと結果を出してくるのに対してシュー様の安定感の無さは
全盛期を見てきた人には、見ていられない有様だろうなぁ・・・
本人はもう来年の話に切り替えてるらしいけど、この体たらくが続くと
え?来年シートあるつもりなの?とか思っちゃうワナ。

・レッドブル
ベッテルがPP、ウェーバーが2番手。
アロンソに0.8秒、ハミに0.9秒と大差をつけて大勝利な予感!
ハイダウンフォース高速サーキットでRB6が遅い訳ないとはいえ
あまりにも異次元過ぎてもう笑うしかないでしょ?恐るべしニューエイ先生。
フロントロー独占した割にはウェーバーがご不満顔でしたが
どうも新型FWがベッテル分しかなかったってのが関係してそうですな。
でもポイントで先行してるのはベッテルだし、1つしか用意できてないのなら
そうなるのが当たり前な気がするんだが・・・

・フェラーリ
マッサが7番手、アロンソが3番手。
前戦からの良い流れで確実に戦闘力は増した、増したんだけども
レッドブルが異次元過ぎて涙目としか言いようがないワナ。
アロンソがRB6を呆然と見るのも分かる気がするよね・・・
そりゃ本人も優勝ではなく表彰台を目指して開発が進むまで我慢するしかない
なんて発言も出てきますよって感じですよ?
ところでマッサはどうして空気なん?(ひでえ

・ウイリアムズ
バリチェロが8番手、ヒュルケンベルグが13番手。
なんか珍しくアップデートが効果的なようでバリチェロさん大暴れの巻。
2戦連続でQ3まで持ってきてたりとノリノリですな。
ヒュルケン君も悪くはなかったんだけど、ウッチーにアタック妨害されたりと
微妙にツキに見放されてる感じ?本人に大きな非がないとはいえ
着実にチームバリチェロ化してますよね。

・ルノー
クビサが6番手、ペトロフが16番手。
ほぼ毎戦新しいFW持ち込んだりと開発の勢いが凄いルノーですけど
今回持ち込んだFWはどうも不発だったようで、それも関係してるのか
あんまり伸びしろが今回は感じられず若干苦戦気味なご様子。
それでも6番手もぎ取ってくるクビサの安定感はマジパネェっすよ。
一方残留を決めたペトロフですが、トラブルもあり低調気味な結果に。
この残留もあくまでロシアマネー絡みな話なので、そろそろ結果出しておきたいですな。

・フォースインディア
スーティルが11番手、リウッツィが15番手。
去年はここから躍進が始まったフォースインディアですが
大方の予想に反してまさかの2台ともQ2落ちと微妙な結果に。
ボーダーライン辺りのタイム差が拮抗してるとはいえ
この手の高速サーキットで結果出せなかったのは意外としかいいようがないっすね。
スーさんはまだしも、ウッチーの方はまたマシンに問題抱えてるらしいしねぇ。

・トロ・ロッソ
ブエミが17番手、アルグエルスアリが18番手。
カナダGPでやけくそ気味な薄いRWを装着してきたマシンが
このハイダウンフォースサーキットで速い訳ないですよね~。
完全にダウンフォース不足でちょっと今回は我慢のレースになりそうですな。

・ロータス
トゥルーリが21番手、コバライネンが19番手。
今回最後メジャーアップデートを持ち込んで来期のマシン開発にシフトする
訳ですが、予選だけ見るとヴァージンに接近されてたりするんで
あまりうかうかしてられないかも?まぁでもチームの地力が違うから大丈夫か?

・ヒスパニア
チャンドックが23番手、左近が24番手。
開幕直前にブルーノに変わって左近がスポット参戦とな!
左近先生の政治力は世界一ィ!とか思わず叫びたくなっちゃうぜ。
でも左近側がチームに今後の運営資金として5億5千万提供したのが要因らしい。
ブルーノは契約違反だとご不満らしいが、持ち込み金無しで低成績じゃねぇ?
ホント、ヒスパニアのシート争いは金銭的な意味で弱肉強食だぜぇ!
左近は3年ぶりのレースになる訳だけど、何も体力的にタフなここで走らんでもねぇ?

・ザウバー
可夢偉が12番手、デラロサが9番手。
前回、幻と消えた入賞と可夢偉の激走でケツに火が付いたのか
デラロサさん確変状態で今季初のQ3進出という、なかなかの好結果に。
12番手の可夢偉もタイム差は0.1秒だったので、今回はそこそこ期待できそう。
路面がアレなおかげで、ボトミング酷いんだろうなと思いきや
そうでもなかった辺り、マシンが良くなってきたと思って良いのかなぁ・・・

・ヴァージン
グロックが19番手、ディグラッシが22番手。
今回はロータスと拮抗してたりと結構頑張ってる予感!
正直ここで踏ん張らないと、ライバルがロータスになるのかヒスパニアになるのかの
瀬戸際っぽいので、決勝も何とか結果を残したいところかと思われ。

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 きまたび all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。