きまたび -気ままな旅人日記-
やる気なんて永遠に出る気がしないヘタレのガッカリブログ。リンクフリー風味。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010F1第8戦カナダGP決勝の巻。

クラッシュはあったけどSCが出ないとか、別の意味で波乱なレースに。
あとはタイヤの摩耗を読みきれるかどうか、思いっきりチーム力の差が出た
レースになりましたね、レッドブルのへっぽこぶりは笑えないレベルだよ!

結果はこんな感じ。
2010F1第8戦カナダGP_LT_R

・マクラーレン
バトンが2位、ハミルトンが優勝。
レッドブルにチーム力の差を思いっきり見せつけつつ、2戦連続1-2フィニッシュですよ。
最初のピット作業は出たところが空きスペースだったと運に絡んだ展開でしたけど
その後はなんにも問題なくハミが速さを見せつけた感じに。
あとバトンさんも波乱の展開じゃなくても、その棚ぼた力を遺憾なく発揮して
ちゃっかり2位をGETと、マクラーレン的には笑いが止まらない展開でしたなぁ。
バトンがアロンソ抜いた時は思わず笑っちゃったもん、美味しすぎるだろと。
このレースでなんか流れをガッチリ掴んじゃった感があるので
このままダブルタイトル獲得~なんてのも、無くはないですなぁ・・・

・メルセデスGP
シューマッハが11位、ロズベルグが6位。
シュー様完全復活キター!ダーティー的な意味で。
中国GPの時はアッサリ抜かれすぎてやっぱりダメじゃんと思ってましたけど
今回のあのえげつないブロックの数々、もう完全に全盛期に戻ってるね!
まぁあれだけブロックしながら、入賞圏を守れなかったのはダサイけどな!
ニコはスタートのクラッシュのとばっちり受けて、後方からの追い上げになったものの
レースペース自体は悪くなかったのが、救いですな。
シュー様も悪くはなかったんだが、タイヤバースとしたおかげで全てが狂った感じ。
でも自業自得だからねぇ?擁護のしようがないですよね~っと。
もうメルセデスはニコを担いだ方が良いと思うんですよ。
まさか本当に3年計画のシュー様と心中するつもりなのかねぇ?

・レッドブル
ベッテルが4位、ウェーバーが5位。
ウェーバーがギアボックス交換と出鼻くじかれたのも忘れるぐらいに
レース戦略がアホすぎてもうね・・・ポンコツなのにもほどがあるっつーの。
ベッテルはまだマシな方だったけど、ギアボックスのオイル漏れのおかげで
ポジションキープが精一杯という、相変わらずマシントラブル出てるし
ウェーバーに至っては、ピット戦略を完全にミスって公開処刑状態ですよ・・・
最低でもハミとのギャップが縮まってきた時点で入れないとダメだろ
それどころか抜かれてからピットインとか、素人なの?レベルですよ。
まだマシンにアドバンテージが残ってるとしても、こんな調子じゃ
マクラーレンに全て持って行かれても不思議じゃないですな。

・フェラーリ
マッサが15位、アロンソが3位。
優勝狙えそうだったんだが、要所要所でバックマーカーに絡んだおかげで
結果的に3位に甘んじたって感じに。
優勝はきつかったかも知れないけど、2位は獲れそうだったからねぇ。
マッサはスタート後のターン1でウッチーと殴り合いしたおけげで
後方からの追い上げする羽目になり、その後入賞圏内まで来たものの
シュー様のえげつないブロックのおかげでFW落としてゲームセットって感じに。
久々に速かったのに踏んだり蹴ったりでしたな、マッサ的に。

・ウイリアムズ
バリチェロが14位、ヒュルケンベルグが13位。
入賞争いに絡めるかと思っていたんだが、バリチェロはアルグエルスアリに
体当たりくらって失速し、ヒュルケン君は相変わらずFWぶつけて壊すという
破壊神っぷりを遺憾なく発揮して失速と、歯車が合わなかったレース展開に。
ウイリアムズも戦闘力がイマイチ安定してこないので
こういうポイント取れそうなレースでは、取りこぼし無く取っておきたいんだけどねぇ。

・ルノー
クビサが7位、ペトロフが17位。
今回はタイヤを読みきれずに7位で終わってしまったものの
相変わらずクビサは安定して存在感を示してるのに対して
今回のペトロフは前戦カナダで上げた株を思いっきり下げる羽目に。
スタートであさって方向へスピンしてクラッシュし、ピット速度違反をやらかした上に
クラッシュの件でペナルティまで貰った挙げ句、ロータス@コバの後塵を拝すと
負のマルチコンボ炸裂だもんな、狙ってもそう簡単に出ませんぜこのコンボ。
まぁルーキーらしいといえばルーキーらしいんだけどさ。

・フォースインディア
スーティルが10位、リウッツィが9位。
何度でも言う、やっぱりFダクトなんかいらなかったんや!
ウッチーがターン1でマッサと殴り合いして、スーさんはタイヤバーストと
それぞれにアクシデントが起きたものの、2人とも最終ラップで
シュー様をぶち抜いてダブル入賞と、まずまずの結果に。
これアクシデントがなかったらもっと楽に上位行けたよなぁと思うと
もったいなかったけど、状況の中では最善の結果だし、まぁいいか的な。

・トロ・ロッソ
ブエミが8位、アルグエルスアリが12位。
案の定、3ストップ作戦だったので戦いにならないかなぁと思いきや
なんか上手いこと機能してくれたおかげでブエミが8位入賞し
アルグエルスアリも12番手と、なかなか悪くない結果に。
特にブエミはチームから、不運が続いてるのは理解してるが
ややパフォーマンスが物足りないと言われたばかりだったので
すぐに結果を示せたのは、良い印象を与えた感じですな。

・ロータス
トゥルーリがリタイア、コバライネンが16位。
相変わらず鶴さんにトラブル出てるのものの、ペトロフの自爆とはいえ
コバがルノーの1台を押さえきってフィニッシュしたのは
チームにとっても、素晴らしい戦果と言わざるを得ませんな!
もう新興チームだからと侮ってると、痛い目見るぐらいの戦闘力を
示してきてますから、ザウバーとかトロロッソあたりはうかうか出来ないっすね。

・ヒスパニア
チャンドックが18位、ブルーノがリタイア。
久々に動くシケインになったしまったものの、トラブル出なければ
ヴァージンとはそれなりに対等に戦えるような感じになってきたのかなぁと。
でも組織としてまだ未完成な状態だし、こんな状況が続くと
来年に参入してくる新チームに負けるなんて状況にもなりかねないよね~っと。
そもそも来年参戦できるだけの資金を確保できるかどうかも怪しいけどな(ひでぇ

・ザウバー
可夢偉がリタイア、デラロサがリタイア。
18番手から一気に10番手まで上がって、テンション上がってきたー!のも束の間
最終のシケインで無理しすぎて縁石に乗ってそのまま壁へドーンであり終了のお知らせ。
さすがに今回ばかりは擁護のしようがなく、可夢偉本人も反省しきりらしい。
ペーターおじさんも珍しく怒りをあらわにし、完走していればポイントも取れたと
言い切ってましたけど、デラロサがエンジンブローしてる辺り
そもそも完走できたのかどうかすら怪しいんですけど・・・って感じ。
なんでザウバーばっかりエンジン壊れるのか、チームもフェラーリも分からないんだとか。
フェラーリは対策以降は壊れてないし、トロロッソは全くの無傷なところをみると
ザウバーのマシン自体に何らかの原因があるとしか思えないんだよなぁ・・・
個人的にはガタガタな足回りのせいで、エンジンが共振してんじゃないかと思ってみたり。

・ヴァージン
グロックがリタイア、ディグラッシが19位。
コンストラクター11位になると分配金が貰えることを今更知ってやる気出したり
これからはエコの時代だよ勝手にタイヤ持ち帰ろうとして
ブリジストン怒らせたりと、レース以外の方が目立った気がする今日この頃。
やる気出したのは良いんだけど、もうロータスは手の届かないところまで
行きかけてるんですけど・・・としか言いようがないワナ。
まずは、いい加減そろそろ信頼性を確保していただきたいところですな。

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 きまたび all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。