きまたび -気ままな旅人日記-
やる気なんて永遠に出る気がしないヘタレのガッカリブログ。リンクフリー風味。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010F1第7戦トルコGP決勝の巻。

表彰台の3人が全員微妙な雰囲気で吹いたワナ。

レッドブルがやらかしてくれたおかげで、今シーズンのターニングポイントに
なりそうなレース展開になりましたねぇ、いろんな意味で。
マクラーレンも見た目はクリーンなバトルでしたけど
チーム内ではいろいろあったみたいで、ここも内紛勃発なニオイもしますし。

もう4強ではなく、レッドブルとマクラーレンの2強時代に突入と
言ってもいい力関係なんだが、その2チームともチーム内が焦臭いのが面白いよね~。

結果はこんな感じ。
2010F1第7戦トルコGP_LT_R

・マクラーレン
バトンが2位、ハミルトンが優勝。
レッドブルの同士討ちにより、ごっちゃん1-2フィニッシュとまさにメシウマ状態。
予選こそ後塵を拝したものの、レースペースではほぼ互角に渡り合えたりと
今後の戦いにもいろいろと良い影響が出そうな結果だったんだが・・・
あの一見クリーンなバトルが、チーム内の冷戦勃発の火種になりそうかも?
2人に対して燃料セーブの無線が飛んだあと、ハミのエンジニアは
これぐらいのタイムで走ってねという指示を出したのに対して
バトンのエンジニアは特に指示せず、という状態だったらしく
ハミからすれば、指示通りにタイム落としたらバトンが抜きにかかってきた
という、騙し討ちな感じになったことに怒ってるらしい。まぁ当然ですよね~。
珍しくバトンが牙をむいたと思いきや、こんなしょうもない理由だったとは。
しかし抜いておきながら、その後粘られて抜き返されるとか、バトンェ・・・
どうでもいい話なんだが、表彰台前にウェーバーの目の前でクラッシュのことを
話し出すとか、さすが英国人はえげつねぇなぁと思いました。

・メルセデスGP
シューマッハが4位、ロズベルグが5位。
順位だけ見れば全然悪くない成績なんだが、タイムを見ちゃうとね・・・
同士討ちで緊急PITインしたウェーバーが楽々3番手で戻れるくらいに
タイム差開いちゃってるってのは、さすがに置いて行かれた感アリアリですな。
予選はそこそこ良いタイム出るのに、レースペースがこんなに悪いとはねぇ?
無駄に手の込んだFダクトなんかに手を出してる場合じゃない予感ですぜ。

・レッドブル
ベッテルがリタイア、ウェーバーが3位。
ポイントで同率首位になった次のレースでやらかすなんて
まさにマンガみたいな展開で、同士討ちした瞬間に吹いたワナ。
ネタ切れ気味のメディアに大きな餌をあげたもんだから
もう至るところで確執だのどっちが悪いだのと物議を醸しまくり(かもすぞ!
個人的な見解としては、どっちもバカってことで。
このチームは広報部が無駄に優秀なので、火消しが上手かった感じですけど
実際のところはどうなんでしょうねぇ・・・フフリ。
タイトル争い馴れてるマクラーレン相手するのに、喧嘩してる場合じゃないけどね。

・フェラーリ
マッサが7位、アロンソが8位。
通算800戦のロゴが虚しいぐらいに空気でしたねぇ、というか普通に遅っ!
アロンソは予選でアレだったのを挽回してきたとはいえ、この位置が精一杯。
まぁ前がチームメイトなんで、マッサ次第なんだけどさ。
トルコマイスターのマッサでもこの位置なんだから、結構深刻じゃなイカ?
アロンソは開発が遅いと普通にキレだしたし、ドメニカリはFダクトに開発リソースを
振り過ぎちゃったのは失敗だったとか、簡単にゲロってるし
なんかもう、着実にシュー様時代前に戻ってるよね、まさに俺達のフェラーリへ。
リソース振ったご自慢のFダクトも、全然効果出てない辺りがなんとも。

・ウイリアムズ
バリチェロが14位、ヒュルケンベルグが17位。
なんかもう見るも無惨な感じに・・・まぁ、しょうがない気もするけど。
それにしてもヒュルケン君の破壊神っぷりは、まさに神懸かりだなぁ・・・
エスケープゾーンがクソ広いこのサーキットでさすがにクラッシュはないとは思ったが
まさか1周目でブエミに当ててFW壊してくるとか、もうね・・・
このクラッシュ率の高さでよくGP2タイトル獲れたよな、不思議でしょうがないわ。

・ルノー
クビサが6位、ペトロフが15位。
クビサの安定神っぷりにも驚かないぐらいに速くなってるよね。
モナコで速かったのは何となく想像つくんだが、ここでもそこそこ速いってことは
何気にオールラウンダーなマシンってことだしなぁ。
ペトロフもアロンソと接触するまではクビサと遜色ない走りだったりと
チーム的にはノリにのってる感じだろうな・・・猛虎魂を感じざるを得ない(えー

・フォースインディア
スーティルが9位、リウッツィが13位。
メルセデスGP・ルノー・フェラーリの軍勢について行けてる辺り
マシンの戦闘力はそれなりに維持してるんだろうけども
メルセデスGPとは逆で、ロングランは悪くないけど
1発タイムが出ない感じになってる気がする・・・気のせい?
元々多いとは言えない開発リソースをFダクトに振ったのが裏目に出てなきゃ良いけど。

・トロ・ロッソ
ブエミが16位、アルグエルスアリが12位。
不幸の女神さまはまだブエミを見放してはいなかったぜ!(えー
いきなりタイヤパンクさせられて、初めからクライマックスな感じでしたが
それ以前に2ストップしてる時点で終了してますよね~っと。
プライム側でスタートしたのが仇になっただけなら良いけどね・・・

・ロータス
トゥルーリがリタイア、コバライネンがリタイア。
2台ともほぼ同時に油圧系トラブルでリタイアする羽目に。
このチームはもうシームレスギアボックスを導入したはずなので
それを含めたシステムの信頼性を確保できてないのかもね。
でも今回はウイリアムズとバトル出来たりと、着実に進歩してるのはいい話ですな。

・ヒスパニア
チャンドックが20位、ブルーノがリタイア。
ブルーノがヴァージンを1台抜いたりと、意外な健闘を見せたものの
結局のところトラブルでリタイアする羽目に。
チャンドックも最終的には完走扱いなので、相変わらず信頼性がね。
ところでマシンを制作したダラーラと決別したのはいいとして
今年走りきれるだけのマシン機材は持ってるのかしら・・・

・ザウバー
可夢偉が10位、デラロサが11位。
やっと今シーズンの初ポイントとダブル完走を達成して
これで何とかスタートラインに立てたって感じですなぁ。
可夢偉もポイントを取ったのはおめでたい話ではあるものの
タイヤマネジメントの面では、まだまだ勉強することがありますな。
左フロントタイヤがベルトまで見えてるってのは、さすがにやばすぎる
というか良くこんな状況で完走できたなぁと逆に関心しちゃうワナ。
それにしても終盤ブエミとやり合ったのは周回遅れだと知らなかったかららしい
その辺はちゃんと連絡して上げようぜ!エンジニアさん。マジで。

・ヴァージン
グロックが18位、ディグラッシが19位。
ダブル完走はしたものの・・・って感じ?
むしろブルーノにストレートでオーバーテイクされたりと印象悪かったりとか(ひでぇ
そういえば、CFDだけでもF1マシンは作れる(キリッ
とか言っておきながら、最近結局のところ、風洞使ったとか。
普通にセオリー通り制作しておけば良かったんだよ、無茶しやがって・・・

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 きまたび all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。