きまたび -気ままな旅人日記-
やる気なんて永遠に出る気がしないヘタレのガッカリブログ。リンクフリー風味。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010F1第3戦マレーシアGP予選の巻。

え、2戦連続小穴アナが実況とか、どんな嫌がらせなの?(ヒデェ

昨年の反省を生かして1時間早めたそうだが、どう考えても焼け石に水です、あり(ry
もうマレーシアは3時過ぎてきたら何時降るか判らないのにねぇ?

という訳で、思いっきりスコールが来て大波乱な予選になりましたなぁ。
しかも雨量の変化が激しかったおかげで、目まぐるしく路面コンディションが変わり
非常に緊張感のある展開を演出しましたよね~、やってるほうは辛いだけだけどな!

とりあえず言えることは、フェラーリ(笑)、マクラーレン(笑)ってことかな。

結果はこんな感じ。
2010F1第3戦マレーシアGP予選LT_Q  

・マクラーレン
バトンが17番手、ハミルトンが20番手。
この雨はすぐ止む(キリ、とか余裕こいてたら止まなかったでござるの巻。
なんかマクラーレンらしくないミスな気がするが、現実は厳しい。
バトンはギリギリなんとかタイムを残せる状態だったものの
そのあとスピンしてグラベルに嵌って終了のお知らせだし
ハミが出てきた頃にはもうフルウエット状態だったしと散々。
それにしてもせっかく運良くQ2に行けたのに、スピンで終了は無いわぁ・・・

・メルセデスGP
シューマッハが8番手、ロズベルグが2番手。
ここは4強勢の中では速く動いた方なので無事に、上位グリッドを獲得。
とはいえ、ニコはかなり上手くやったというか、難なくって感じなんだが
シュー様の方はギリギリすぎるよなぁ・・・余裕がないというか。
タイム的にもフェラーリ・マクラーレンが残っていたら
Q2で脱落しててもおかしくないもんねぇ?まぁ決勝の方に期待するしか・・・
ニコは何気に初フロントローだったりするので、気合い入ってると思うが
レッドブル勢に対抗できるのかというと、無理臭いよね、マシン的に。

・レッドブル
ベッテルが3番手、ウェーバーがPP。
実はQ2進出が紙一重のタイミングだったりするが、勝てば官軍だしな。
とにもかくにも、ウェーバーのギャンブル大勝利に限るよなぁ。
あのQ3開始時のコンディションでインターを選択したのはスゲェの一言。
まぁ成功したからこう言えるんだけどね、でも勝てば官軍なんだよぉ!
ベッテルのしっかりと3番手に来てるし、レッドブル勢は今のところ順調。
でも2戦連続でトラブル続きなんで、盤石とは言えないのが何とも。

・フェラーリ
マッサが21番手、アロンソが19番手。
どうやらフェラーリはマレーシアに来るとドジッ子属性が付加される模様。
去年からまるで成長していない・・・まさに俺達のフェラーリ!(えー
まぁ、マシンは速いんであっという間に入賞圏まで来るんだろうけど
必要ない苦労を自分達でしてるのがね~、Mなの?ねぇMなの?

・ウイリアムズ
バリチェロが7番手、ヒュルケンベルグが5番手。
フリー走行では全然ダメっぽかったのに大躍進してビックリですよ。
多分ウエットになったおかげで、空力に頼る部分が減少したのが要因だろうけどね。
ヒュルケン君はやっと1つ結果を出せたし、バリチェロも7番手と
明日の決勝は期待がかかるところですな、ただし雨が降ればって感じだが。

・ルノー
クビサが6番手、ペトロフが11番手。
大阪のおばちゃんもビックリな割り込みに猛虎魂を感じた!(オイ
あまりにも大胆過ぎる犯行に笑いが止まらなかったんだぜ。
レギュ的には問題ないということでおとがめ無しだったようだけど
アレを実行するだけの勇気は私には無いわぁ・・・
まぁそれは置いておいて。クビサはしっかりとQ3進出だし
ペトロフも11番手とまずまずな結果を出してきたので
決勝もスコールが来れば、レースを引っかき回す存在になりそうかなぁっと。

・フォースインディア
スーティルが4番手、リウッツィが10番手。
天候に左右されたとはいえ、2台揃ってQ3進出と力を見せた形に。
Q3最初のスタートでクビサに出し抜かれたので、赤旗後の再スタート時には
2台並んで守備陣形をしいてきたりと、強気になってきたよねぇ。
目下の目標に打倒メルセデスGP掲げてるんだから、それぐらいで良いと思うけどね。

・トロ・ロッソ
ブエミが13番手、アルグエルスアリが14番手。
天候による波乱に良い意味でも悪い意味でも乗れなかったって感じだなぁ・・・
まぁ予選失敗にならなかっただけでも良かったとしか言いようがないワナ。
マシンのポテンシャルは高そうなんだけど、イマイチぱっとしないので
なんとな~く、空気的な存在になりかけてる気がするんだが、気のせい?

・ロータス
トゥルーリが18番手、コバライネンが15番手。
アホなチームが2つもあったおかげで、コバがチーム初のQ2進出!
完全に運が良かっただけなんだが、チームの母国で達成できたのは
チームの広報的にも、だいぶ追い風になってきたと思うんだよねぇ。
マレーシア国内で盛り上がってくれば、国内企業からのスポンサーも
参入してくるかも知れないしね、資金集めは大事だからねぇ・・・

・ヒスパニア
チャンドックが22番手、ブルーノが23番手。
最近加入してきたジェフ・ウイリスが、もう辞めたいとか愚痴ってるらしい。
マシンの出来に絶望してるってのと、そもそもチーム運営の仕方が
F1レベルまで来ていないってのに、失望しているらしい。
まぁ、マシン開発をダラーラで行っていて、チームでやってる訳じゃない
って時点ですでに微妙だった気がするんですけどね。
ダラーラはF1マシンだけ作ってるメーカーじゃないからねぇ・・・
でも自分の意志で加入しておいてそれは無いんじゃない?と思ったり。

・ザウバー
可夢偉が9番手、デラロサが12番手。
天候に左右されたとはいえ、可夢偉がQ3進出したのは朗報だよね。
特に開幕からポジティブな話題がほぼ無かっただけに、余計そう感じるわ。
でも予選直前になってFダクトがトラブって、急遽元に戻していたりと
微妙にスッキリしないのが何とも言えないですけどね・・・
とりあえず、やっとデラロサに予選で勝てたし、その勢いで完走して欲しいかな。

・ヴァージン
グロックが16番手、ディグラッシが24番手。
こちらもロータス同様にチーム初のQ2進出をグロックが果たしましたね。
まぁ、決勝ではロータスとの一騎打ちになるのは、確定的に明らかなんで
とにもかくにも完走して信頼性を示さないとね。
トラブルさえ出なければ、今回はロータスより分がありそうだし。

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 きまたび all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。