きまたび -気ままな旅人日記-
やる気なんて永遠に出る気がしないヘタレのガッカリブログ。リンクフリー風味。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OCZのメモリクーラー XTC Cooler Rev 2を買ってみたの巻。

ResizeResizeDSC01494
7月某日、突然死したHDDのRMA待ちの間に使うHDDを買うついでに買った
OCZのメモリークーラーであるXTC Coorler Rev 2のネタを今更ながら更新してみる。

ResizeResizeDSC01620ResizeDSC01622
以前まで使っていたGeILのCYCLONEのファンから異音がするようになってきたので
別のメモリクーラー探さないとなぁと思っていたところにコレ見つけたって感じ。

元々はトリプルチャンネルの6レーン用に作られてるメモリクーラーなので
横幅はそれなりに大きめ、4レーンのMBで使う場合は必然的にレーンからはみ出ます。
でも横幅が広くなったおかげで60mmのファンを2つ装着しているため
かなりの風量を誇っているので、冷却性能に関してはかなり優秀だと思われる。
ファンの回転数は本体についている切り替えスイッチで2段階に変速可能で
Hが約3500rpmで、Lで2500rpmぐらいの回転数。Lでもそこそこの風量を誇るものの
騒音に関してはお世辞にも静穏とは言い難い感じ(個人的にはね)、Hは普通にうるさい。
静音にこだわるならばファンコンに繋ぐしかないが、本体自体が結構背が高いので
あまり回転数を絞りすぎると、風がメモリまで届かないかも知れないので注意が必要かも。
LEDは結構眩しいので、光り物苦手な人にはお勧めしづらいかな~。

冷却面では、この風量で冷えてくれないならどうしろと?ってレベルなので
比較的優秀なメモリクーラーといえると思うのだが、それ以外のところで欠点が・・・
個人的には高さ調整が出来ないってのもマイナスポイントなのだが、それよりなによりも
完全に嫌がらせレベルと思われる取り付け辛さがもうね・・・
メモリレーンのストッパー部分に引っかけるタイプで、普通ならば片側に引っかけてから
もう片側に取り付けるために少しステーを広げる程度で取り付け完了になるのだが
このメモリクーラー、力をかけずに普通に開くステーの幅がメモリよりも狭いというワナ。
ResizeDSC02267 
当然ながら、メモリレーンの両端にあるストッパー部はもっと横幅ある訳でして・・・
プラスチック製なら簡単に広がるんだろうが、この子のステーは鉄製。
こんなに力入れたら壊れるんじゃないの!?っていうぐらい力入れないと取り付かないよ!
今はもう取り付けるのに馴れたけど、最初はあまりの堅さに絶望したものよ・・・フフリ。
この何でも力でどうにかする的な設計は、実にアメリカ企業らしい気はするけどな(えー

ちなみにステーの根本には、多少の力を入れても壊れないようってことなのか
ResizeDSC02268ResizeDSC02271 
上の写真のように、ちゃんと補強が入っていたりする。
・・・イヤイヤ、対策するところを間違えてるだろ!とか突っ込んだら負けだぞ!

テーマ:自作・改造 - ジャンル:コンピュータ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 きまたび all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。