きまたび -気ままな旅人日記-
やる気なんて永遠に出る気がしないヘタレのガッカリブログ。リンクフリー風味。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009F1第10戦ハンガリーGP予選の巻。

うおおぉぉ!まずはマッサの命に別状は無いようでよかったぁ!!
とはいえ、頭部へダメージな訳なので、油断は出来ないけどね・・・
ついこないだF2で不幸な事故があったばかりだったんで、嫌な流れだったもんな。
とりあえず今はゆっくりと休養を取って、万全の体制で復帰していただきたいところ。

あとLGはさっさと撤退しる!予選真っ最中にシステムダウンとか前代未聞すぎる!
予選終了後にドライバー達がタイム言い合ってるのは、ちょっと微笑ましかったけどさ。
そんな輪の中にライコネンがいない辺りが、ライコさんらしくて吹いたけど。

・マクラーレン
ハミルトンが4番手、コバライネンが6番手。
FPから調子よかったけど、本当にマシン速くなったんだなぁ・・・
ちょっと前まではどん底だったのに、腐っても名門チームは伊達ではないってことか。
二人揃って偶数グリッドってのがあれだが、前戦で魅せたKERSスタートを決められれば
抜けないハンガロリンクの特性考えれば、今季初優勝も狙えそうだ・・・
燃料搭載量も650kg台とまずまず積んでるし、ダブル入賞は手堅そうか?

・フェラーリ
マッサが10番手(怪我のため出走辞退)、ライコネンが7番手。
ブラウンのバリチェロ車から落ちたサスペンションのセンタースプリングが
走行中にヘルメットに当たって失神、そのままタイヤウォールへ激突っていう
本当に天文学的な確率でしか起こらなそうなクラッシュでマッサが負傷退場。
とりあえず容体は安定しているらしいので、今は安静にしてほしいところ。
一方のライコさんは、最後のアタックS2でミスったらしく、7番手で終了。
でも奇数グリッドだし、KERS持ってるし、スタートは期待できそう。
ただ、マッサの件でチームは動揺してるのか、出走辞退の可能性もあるんだとか・・・
ライコ自体は、こういう事故もモータースポーツの定めだよとかでサバサバしてるけどね。

・BMW
クビサが19番手、ハイドフェルドが16番手。
FP3でニックたんが2番手タイム出した時にちょっと夢見ちゃいましたよ(遠い目
クリアラップ取れなかったとか、黄旗でタイム更新できなかったとかもあるけど
それ以上にマシンに速さがないのが問題だよね、実際問題としてはさ。
改善されてない訳じゃないけど、進化の度合いが他チームと比べると小さすぎるよなぁ。
マクラーレンとルノーに完全に置いて行かれ、トロロッソも今回のアップデートで
マシン的に大分速くなっちゃったっぽいし、フォースインディアもバカに出来無いしで
あぁ、BMWの明日はどっちだ!

・ルノー
アロンソがPP、ピケJrが15番手。
ちょ、アロンソ様、637.5kgとか軽タン過ぎる!!でもポール取ったのは格好良すぎるぅ!
前戦から導入したパッケージで良くなってきたマシンを最大限に生かしてるよね。
マシンさえ改善してくれれば、何とかしてくれるっていうこの頼もしさは半端無いわ。
とはいえ、決勝の方はさすがに軽タン過ぎるので優勝に絡むのは厳しそうか。
何とかクビを免れたピケ子、今回は同じ条件のマシンを与えられたので
ココで存在感を一発アピールというか、もう言い訳できない状況に置かれた訳だが・・・
15番手じゃなぁ・・・決勝で相当頑張らないと、さすがにシート無さそうだぜ!

・トヨタ
トゥルーリが12番手、グロックが14番手。
もはやマシンの速さが並になってる上に、チーム戦略の方は相変わらずへっぽこのまま。
今回の予選も、ラバーがのってくるよりもクリアラップ取ることを優先して
早めの予選アタックを仕掛けたんだろうけども、完全に裏目に出た感じ。
抜けないこのコースでこの位置は痛すぎる上に、唯一のオーバーテイクポイントと思われる
メインストレートエンドの1コーナーも、ダウンフォース付けすぎてて
ストレートスピード低いんで、勝負に持ち込めるの?って気がするしなぁ・・・

・トロロッソ
ブエミが11番手、アルグエルスアリが20番手。
現行RB5と同等品と思われるパーツを一気に導入してきた訳ですが
ブエミがもう少しでQ3に行けそうだった11番手ってのを考えると、速くなったよね。
前戦まではQ2進出も無理っぽい状態だった訳だし。後はロングランでどうかだな。
ブルデーに取って代わって登場した新人のアルグエルスアリ(長ぇ)は
ほとんどぶっつけ本番だった割には、まずまずの出だしだと思うよ。
直線テストでしかF1マシンに乗ってない訳だから、戦果を期待する方がお門違いだし。

・レッドブル
ウェーバーが3番手、ベッテルが2番手。
FPでベッテルが苦戦している印象があったんだが、上手いこと合わせ込めたようで。
燃料搭載量の割には他の上位勢とタイム差が思ったほど無いとは思うけども
なんだかんだで上位のポジション手に入れてる辺りはさすがに強いわぁって感じ。
ただ決勝の方は、真後ろにいるKERS勢のスタートダッシュが最大の驚異で
前戦みたいに加速されちゃって前に出られちゃうと、おいしくない展開に成りかねん。

・ウイリアムズ
ロズベルグが5番手、カズキが9番手。
最近のウイリアムズは何処のコースでも一定以上の速さを見せますな。
カズキもQ3でアタック失敗してなきゃもうちょっと前のポジション得られたっぽいし。
まぁそこでミスしちゃう辺りがニコとの差なんだろうけど・・・
ニコは5番手だけど、マクラーレン勢にはスタートでやられちゃうだろうし
もしかしたらライコさんにもやられかねんので、スタートが最大の勝負所かもしれないね。

・フォースインディア
フィジケラが17番手、スーティルが18番手。
今回はちょっと奮わず。ダウンフォースが足りないのが思いっきり響いてるようで。
といってもそんなにタイム差がある訳ではないので、悲観的な状況でもないけど。
でもこの位置からの挽回は相当上手いこと事が運ばない限り無理だよねぇ・・・

・ブラウンGP
バトンが8番手、バリチェロが13番手。
ココ2戦は路面温度が低すぎただけといっていた奴涙目な展開。まだ予選だけだけど。
もはやマシン的なアドバンテージは完全に失ったと見てよさげかなぁ?
ここからはドライバーの腕の見せ所な訳だが、バトンにそんな自力があるとは思ねぇ(酷
ところでマッサの事故の要因に成っちゃったマシンな訳ですが、メカ構造に詳しくないので
アレなのだが、サスペンションのセンタースプリングなんて走行中にはずれるもんなの?
これって地味~に、バリチェロも危なかったんじゃ・・・

テーマ:F1グランプリ - ジャンル:スポーツ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 きまたび all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。