きまたび -気ままな旅人日記-
やる気なんて永遠に出る気がしないヘタレのガッカリブログ。リンクフリー風味。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
独断専行な日記。

シンガポールGPにおけるニックたんのあまりの不遇ぶりに失神しかけましたが何か?

Amazonさんラブプラスの入荷マダー!?とか言いつつ待つのもアレなので注文しましたよ
グランツーリスモの本体同梱版をな!(えー
本当はスルー予定だったんだが、自分がPSP買ったのはグランツーリスモが携帯機で
遊べる!ってのが理由だったんだよなぁとノスタルジックな想いが巡ったのでつい注文。
元々はローンチタイトルだったんだもんな・・・もう何年前の話なんだか。
同梱版選んだのはPSP-3000持ってないんで良い機会だし?的な軽いノリ。
1000も2000も持ってるのだが、きっと液晶の応答性が高い3000の方がグランツーリスモを
快適に遊べるに違いないと勝手に思いこむ方向で、衝動買いを無理矢理正当化するんだぜ!

新型のα550が発表されましたが、そっちの方は置いておいて。α700持ちだしな。
同時に発売日が発表されたDT 30mm F2.8 Macro SAMは非常に気になりますなぁ・・・
マクロレンズは純正の50mmを持ってるんだが、室内での小物撮りメインな私的には
35mm換算で75mmになるとちょっとだけ使いづらいのよねぇとか、寝言をほざいてみる。

・本日のお買い物
ResizeDSC02340 
週刊わたしの先生の発売マダー!?と叫ばずにはいられない15の夜(いろいろ待て
あと、ちろさんのお一人様能力の高さは尊敬に値するレベルなんだぜ?

ResizeDSC02342 
同梱版に備えて液晶保護フィルターを買っておいた、さぁいつでも来いAmazon!
注文したのが遅かったのでkonozamaの可能性大だが、気にしたら負けだよ!
あとはまぁ、ドット欠けが無いことを祈るのみ・・・

スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2009F1第14戦シンガポールGP予選の巻。

おっと、なかなか面白そうな予選結果なんじゃありませんこと?
1人空気読めてない奴がPP取ったりしてるのがアレだけどな!(ヒデェ
スリッピーでバンピーな路面に壁の近い市街地コースでナイトレース・・・
実に展開の読めないレースって意味では、面白いGPだよなぁココ。

・マクラーレン
ハミルトンがPP(660.5kg)、コバライネンが10番手(664kg)。
予選終わった時はハミ空タン乙!とか思っていたんだが、意外に積んでてビックリだよ!
本当にこういう時の運の強さは嫌がらせレベルだな・・・トラブル無ければ勝てるよね。
ここではKERSがタイム的にあまり有効そうでは無いだろうけど、防御に使えるもんなぁ。
一方のコバは10番手と肩身の狭い思いをする羽目に。2回目のアタックを赤旗で
台無しにされたとはいえ、相方はPPだからなぁ・・・ツキが無いよなぁ・・・

・フェラーリ
ライコネンが13番手(680.5kg)、フィジケラが18番手(678.5kg)。
マシンの相性が悪いわ、開発終了で伸びしろ無いわでお手上げ状態だな今回は。
連続表彰台と調子の良いライコさんを持ってしてもこの位置なので、マシンに馴れてない
フィジコが良い位置につけられる訳でもなく・・・2人とも燃料積み気味なので
SC出ることを祈るのみって感じの作戦なんだろうけど、それでも入賞はきつそうだ・・・

・BMW
クビサが9番手(664kg)、ハイドフェルドが8番手(650kg)。
モノコック以外すべて新パーツという、やけくそアップデートキター!
そのおかげもあってか、スパ・モンツァとは真逆な特性なここでもそれなりの速さががが!
何故この展開を序盤に出来なかったんだ・・・とかいう突っ込みは悲しくなるだけなワナ。
予選に関しては2人揃って赤旗中断の餌食になったしまったのが何とも。
特にニックたんは軽めにしてPPを取りに来ていただけに痛いってレベルでは無いよな・・・
レースは荒れそうなのだが、そこはニックたんの驚異の生存能力でカバー出来れば
意外と好成績も期待できるかも知れないし、出来ないかも知れない(どっちだよ
あと何気に2人ともエンジン8期目なのね、別にペナルティ怖くないけどな!(切ない

・ルノー
アロンソが6番手(658kg)、グロージャンが19番手(683kg)。
クラッシュゲートの件でチーム自体は満身創痍気味だが、それはそれで置いておいて。
ちゃっかり6番手につけてるアロンソ様すげぇー!コレは本当に凄いと思うわぁ・・・
オンボード映像見る限りだと、全チームの中でも乗りにくさでは上位に来そうな
ハンドル捌きっぷりなんだがなぁ・・・この辺はアロンソ様は伊達じゃない!ってことか。
グロージャンの方はブレーキトラブルも手伝ってか、全くもって散々な予選に。
それにしてもFP1でピケ子の再現をしやがった時は不覚にも笑ってしまったぜ・・・
無線の入り方まで同じなんだもん・・・そりゃ新代表も苦笑いですよ。

・トヨタ
トゥルーリが15番手(690.9kg)、グロックが7番手(660.5kg)。
グロックはかなり健闘したが、鶴さんの方は見事なまでな駄目っぷり・・・
鶴さんは本当にこのサーキット苦手だよなぁ、まぁ今までの鶴さんの傾向を考えてみれば
得意な訳無いんだけどな・・・スリッピーでバンピーな時点でもうね。
グロックはココ得意そうだし、トヨタ的にも久々な入賞が期待できるかも?

・トロロッソ
ブエミが14番手(678kg)、アルグエルスアリが17番手(683.5kg)。
今回は調子良さそうだが、結果だけ見れば泣かず飛ばずって感じは否めず。
2人とも積み気味なのでSC待ちの1ストップ作戦って感じか・・・
自分たちがSCの原因にならないように気をつけていってね!!!(えー

・レッドブル
ウェーバーが4番手(654.5kg)、ベッテルが2番手(651kg)。
もうエンジンのことは気にしないと吹っ切ったレッドブル勢。
半ばもうやけくそ気味だが、ブラウンGPは後方に沈んだので追撃のラストチャンスか?
まぁここで1-2したとしても崖っぷちな状況なのは変わらないんだけど
ブラウンGPに大きなプレッシャーを与えるられるので、何が起きるか分からんしな。
ただ前にいるハミが最高に邪魔な状況なのが何とも・・・
それにしてもベッテルは去年もそうだったけども、壁に近づきすぎてて心臓に悪いわぁ。

・ウイリアムズ
ロズベルグが3番手(657.5kg)、カズキが11番手(680.7kg)。
ここ2戦は相性もあって奮わなかったが、ここからは華麗に復活!とりあえず今回は良さげ。
ニコも3番手と今期最高グリッドだし、優勝も狙えなくも無さそう。
一方のカズキはニコにずいぶんと差をつけられた感アリアリ、せめてQ3行かないと・・・
SCが出ればおいしい展開になりそうな位置と燃料ではあるのだが。

・フォースインディア
スーティルが16番手(693kg)、リウッツィが20番手(656kg)。
実に分かり易すぎる確変終了っぷりにちょっと吹いたワナ。予想は出来たけどさ。
それにしても本当に直線番長マシンなんだなぁ、いっそ清々しいぐらいだが。
でも燃料搭載量を分けて、あらゆる状況に対応しようと試みる作戦組んでいる辺りは
チーム内の雰囲気は良いんだろうなぁって感じますけどね、個人的には。

・ブラウンGP
バトンが12番手(683kg)、バリチェロが5番手(655.5kg)。
前戦での鮮やかな戦い方は何処へ?と言わんばかりのグダグダっぷり・・・
バリチェロは最後にクラッシュやギアボックス交換で5グリット降格を受けたりするものの
調子自体は良さそうであり、上手いこと戦えそうな雰囲気があるんだが
バトンのグダグダっぷりがもうね・・・何やってんだかって感じ?
バリチェロのセットアップ試してみてから歯車が狂ったようだが、それも何だかなぁ・・・
ドライビングスタイル違うんだし、そもそも自分でセットアップ決めろよって話な訳で。
セットアップが下手って噂があるが、それを印象づけるような展開だよなぁ。

テーマ:F1グランプリ - ジャンル:スポーツ

2009F1第13戦イタリアGP決勝の巻。

ブラウンGPがここに来て値千金・起死回生な1-2フィニッシュかましてきて
ほぼダブルタイトルに大手をかけるという、実に空気読めていない展開に・・・
むしろコレで逆転されようものならば、末代までの恥レベルだがな。

・マクラーレン
ハミルトンが12位(完走扱い)、コバライネンが6位。
ハミは予選で燃料軽くしてPPを取りに行ったのが仇になった感じ。
端からKERS勢とのスタート勝負を避けてレース戦略にかけたブラウンに完敗だなぁ・・・
ラスト1周でのクラッシュは、最後まで諦めずに攻めてる証だと賞賛する人もいるけど
個人的にはコンスト3位争いしてるんだからポイント持ち帰れよ・・・って感じだったり。
ところで1コーナーまでの距離がないがサーキットならPP取る必要のないマシンなのに
燃料軽くしてまで狙ってくるのはハミの趣味なのか?やめた方が良いと思うんだが。
コバのあのゴボウ抜かれっぷりに関しては養護する気にもならねぇ・・・酷すぎだろ。
ドイツGP以降、毎戦入賞しているので仕事してない訳でも無いはずなんだが
レース内容が酷すぎて印象最悪なのがなんとも・・・残留厳しそうだ。

・フェラーリ
ライコネンが3位、フィジケラが9位。
ライコさん棚ぼた表彰台おいしすぎる!コレでまたもや連続表彰台だよ!!
最初から最後までずっとスーさんとのバトルだったが、見事に押さえきったのも見事かと。
マッサ離脱以降の働きぶりは、ある意味フェラーリに対する最高の嫌がらせだよなぁ。
母国のフィジコは地味に入賞一歩手前まで来てたりと、初戦にしては上出来だったかと。
FP3でのクラッシュが無ければもしかしたら?ってのもあるが過ぎたことだしな。
連続最下位だったバドエル神とは比べるだけ無駄なぐらいの戦果な訳だし(酷)
残り4戦で入賞争い出来れば、上々な人選だったと言えると思うよ。

・BMW
クビサがリタイア、ハイドフェルドが7位。
未練がましいが、予選でのエンジンブローがなければなぁ・・・
クビサは1周目にウェーバーとの接触で壊れたFWで数周走ったものの、危険ということで
ひさびさにオレンジボールが振られてやむなくピットインして順位を落とした後に
エンジントラブルを抱えたらしく、結局リタイア。踏んだり蹴ったりだなぁ。
一方のニックたんは予選15位から7位入賞と実に良いレースを展開しましたな!
ビックリするほど国際映像が映してくれなかったが、ニックオタ的には何ともないぜ!
予選でしっかり戦えてればなぁとは思うが、リタイアされてもなぁとも思ってしまうのが
実に微妙なファン心理なのである・・・連続完走記録はまだまだ続くんだぜぇ!
それにしても今回といい、イギリスGPでのニックといい、FWのガーニーフラップ
効果無いんじゃないかと思ってしまうのは私だけなのかー?

・ルノー
アロンソが5位、グロージャンが15位。
クラッシュゲートの判決でチームのトップ2がいなくなり、大口スポンサーからも
逃げられまくりで地味に涙目なルノーの明日はどっちだ!?ってのは置いておいて。
アロンソはスタートの蹴り出しこそ失敗したものの、その後は上手いことまとめた感あり。
本人曰く、KERSの効果はなかったとのことだがどう考えてもスタート失敗をKERSで
挽回してましたよね?とか突っ込んだら負けなんだろうか・・・
グロージャンの方はクラッシュこそしなかったものの、結果の方はダメダメな感じ。
残り4戦でそれなりの結果が出せるか否かが来期のシートの鍵になるんだろなぁ・・・

・トヨタ
トゥルーリが14位、グロックが11位。
終盤に起きたチームメイト同士の無駄なバトルには笑わせてもらったわぁ。
鶴さんがコースアウトした後に映されたピット内の雰囲気といったらもうね・・・
それよりもレースの見せ場がそれだけしかなかったってのが問題だよな。
結局二人してカズキに押さえられっぱなしだったてのがさらに哀愁を誘うぜ・・・

・トロロッソ
ブエミが13位、アルグエルスアリがリタイア。
う~む、実に安定して遅いな・・・今回は本家がアレなのでしょうがない気もするけどな。
アルグエルスアリなんて金曜からのトラブルが尾を引いてロクにレースできなかったし。
やはりドライバー二人が新人だとセットアップがまとまりきらないんだろうか?
でもレッドブルのセッティングを持ち込んでも、乗りこなせなさそうだしな・・・

・レッドブル
ウェーバーがリタイア、ベッテルが8位。
タイトル争い的にはブラウンGPにフルボッコにされた感ありあり。
マシン特性的に相性の悪いサーキットだったとはいえ、苦戦しすぎたのも痛いよなぁ・・・
ベッテルが辛うじて1ポイント取ってきたとはいえ、残り4戦考えれば絶望的だし
アッサリとリタイアする羽目になったウェーバーはもう終了のお知らせだし、四面楚歌だ。
それに加えて残りエンジン数も無い状態とか、もうね・・・ロクな仕事しないなFIAェ・・・

・ウイリアムズ
ロズベルグが16位、カズキが10位。
FPの時から分かっていたこととはいえ、本当にどうにもならなかったなぁ・・・
ニコはトラブルと勘違いしてピット入ったりとレースにならなかったが地味に完走。
何気に連続完走記録更新中で歴代単独2位なんだよね、1位のニックたんも更新中だけどな。
カズキは割と頑張っていたとは思うが、その頑張りがポイントに繋がらないのが何とも。

・フォースインディア
スーティルが4位、リウッツィがリタイア。
今回はスーさんがライコとガチンコバトルを展開するも、またもや抜けず。
まぁストレートエンドまでに最高速出きっちゃってるようじゃ抜けないよなぁ・・・
それでもコレでチームは2戦連続の入賞、リウッツィはギアボックストラブルでリタイア
してしまったものの、トラブル出なけりゃ入賞も狙えた臭いので戦果的には上々かと。
リウッツィも1年半ぶりな割には速さを示せたし、今後も楽しみだよね。
バーニー的にはこの人選に不満らしいが、知ったことかーっ!!って感じだよ、ホント。

・ブラウンGP
バトンが2位、バリチェロが優勝。
う~ん、知将ロス・ブラウン恐るべしをまざまざと実感したレースでしたなぁ・・・
今回の1-2でダブルタイトルもほぼ大手にかけたし、盤石過ぎてツマンナイわぁ(えー
残り4戦でよっぽどのヘマしないかぎり、バトンがタイトルを手に入れるはず。
レッドブルは息絶え絶えだし、2位のバリチェロはチームメイトだしなぁ・・・
マシンもエンジンも壊れる気配すら無いってのが、余計に面白くないよなぁ・・・
さっきから愚痴ばっかりだが、それだけ個人的には盛り上がらないってことで。

無限弐 VS TRUE Black 120 Rev.C の巻。

ResizeDSC02290
唐突な衝動買いによって、現役の座を逐われた無限弐の運命やいかに!(なんだこれ・・・

という訳で、サブタイトル通りに無限弐とTRUE Black 120 Rev.Cの温度比較をしてみる。

計測条件は以下の通り。
室温:25度
CPU:Q9650@3.6Ghz VCore 1.2V
MB:MAXIMUM ? FORMULA
メモリ:TWIN2X4096-8500C5DF@2GB×4
計測ツール:CoreTemp0.99.5、PCPROBE?
負荷ツール:TripcodeExplorer、OCCT(ver3.1.0)
CPUファン:NF-P12 2個(speedfanにて回転数制御)
グリス:AS-05

計測方法は・・・
アイドル時の各温度は10分間のスリープ、復帰10分後の温度をそれぞれ計測。
CPU温度はTripcodeExplorerで10分間負荷かけた状態での最高温度をCoreTemp0.99.5で計測。
MB・NB温度はOCCTで15分間かけた状態での最高温度をPCPROBE?計測。
取り付けてるファンの回転数は1300rpmと700rpmの2パターンを計測。
こんな感じで。

計測結果。
・無限弐@ファン回転数:約1300rpm
アイドル時
Core0:35
Core1:31
Core2:35
Core3:37
負荷時
Core0:61
Core1:51
Core2:59
Core3:60

・TRUE Black 120 Rev.C@ファン回転数:約1300rpm
アイドル時
Core0:35
Core1:32
Core2:35
Core3:37
負荷時
Core0:64
Core1:53
Core2:57
Core3:59

・無限弐@ファン回転数:約700rpm
アイドル時
Core0:36
Core1:32
Core2:37
Core3:38
負荷時
Core0:64
Core1:55
Core2:62
Core3:62

・TRUE Black 120 Rev.C@ファン回転数:約700rpm
アイドル時
Core0:36
Core1:32
Core2:35
Core3:37
負荷時
Core0:67
Core1:56
Core2:61
Core3:62

これ書きながら、CoreTempのSSでも撮っておけば良かったと思ったが、後の祭りなワナ。
まぁそんな愚痴は置いておいて。
グリス塗りたてなのがアレなのか、やっぱり接触面のもっこり具合がアレなのか・・・
ファンが低速でも高速でも、無限弐と大して冷却性能が変わらないというオチに。
これは無限弐が大健闘なのか、TRUE Black 120 Rev.Cがそうでもなかったのか
判断するのは難しいですなぁ・・・ちょっとはガッカリ気味だけど。
気が向いたらそのうち研磨でもするかも~?

テーマ:自作・改造 - ジャンル:コンピュータ

TRUE Black 120 Rev.Cを衝動買いするの巻。

昨日は8月に衝動買いしたものをネタにした訳ですが、今日は今月分だよ!(えー

ResizeDSC02283 
という訳で、何の前触れもなく、ThermallightのCPUクーラー TRUE Black 120 Rev.Cを
衝動買いしてしまったというお話。

正直なところ、今使っている無限弐の冷却性能に何の不満も無いのだが
前からちょっとだけ興味のあった、定番の高性能クーラーがマイナーチェンジして
改めて登場ってなると、気になっちゃうじゃない?気になっちゃうじゃない?

ResizeDSC02286
とりあえず箱から出してみたが、この造形美は素晴らしいねぇ。うっとりするわぁ。
ResizeDSC02288 
接地面の部分はこの写真だと判りづらい(反省点)が、例のごとく、もっこり気味だよ?

さっさと装着したいところだが、せっかくだから無限弐との比較をするべく
無限弐での温度データを計測してから、換装してみようかと。
無限弐もだいぶお気に入りのクーラーなのだが、物欲の前には勝てんのだよ、許せ!(酷

テーマ:自作・改造 - ジャンル:コンピュータ

PCパーツをもろもろ買い換えるの巻 衝動買い編。

8月某日、お台場のガンダム見に行ってきた帰りに寄ってきた約1年ぶりの秋葉原・・・
妙にテンション上がってしまった結果、ホイホイいろんなものを買ってしまった
結果がコレだよ!!!的なPCネタの更新なのである。

・衝動買いパーツ その1
 ResizeDSC02241
ASUSのP45シリーズMB、MAXIMUS Ⅱ FORMULAの中古をイヤッッホォォォオオォオウ!
中古で約15,000円で購入、高いのか安いのかの判断はつきかねるのだが、個人的には
安いと感じた上に、当時使っていたP5QーDeluxeを買取に出せば多少の還元は出来る!
とか考えている内にお買い上げしていたワナ・・・あぁ恐ろしや。
ResizeDSC01938ResizeDSC01940
中古のMBってのに多少の躊躇があったものの、いざ組み込んでみたら何の問題もなく
運用出来てるので、良い買い物だったと個人的には満足風味。
CPUをQ9650に変えて以降、設定追い込むのがめんどくさくて自重していたOCも
ROGシリーズに変えておいてOCしないのもアレだろ・・・ということで
FSB400の3.6Ghzに設定して運用中。各電圧値も調整済み。
もっと回るだろ、常識的に考えて・・・なのは重々承知なのだが、今回のOCテーマが
CPUの省電力機能を有効にしつつ、VCoreを下げて運用するなので、これでOKなのだ。
ちなみにVCore設定は1.2Vで、OCCTの1時間とPrime95の24時間をパス済み。
気が向いたら4Ghz越えもやりたいけど、設定追い込むのがめんどk(略

・衝動買いパーツ その2
ResizeDSC02239 
GALAXYのVGA、GF PGTX260+-OC/896D3をイヤッッホォォォオオォオウ!!
新品を約18,800円で購入、出始めは5万円超えていたGTX260も2万切ってるんだから
VGAの製品サイクルの速さには驚かされますなぁ・・・そのおかげで安く買えるんだが。
ResizeDSC02278 
正直なところ、以前使っていたELSAの9800GTX+でも大して不満はなかったのだが
GTX200シリーズの末っ子とはいえ、2万切ってるお買い得っぷりの魅力に負けた的な・・・
9800GTX+を買取に出しちゃえば、実質1万弱で手に入る訳で。
交換した実質的なメリットは、TMPCEnc4.0でのエンコード時間(CUDA使用)が
15分くらい速くなったのと、VGA自体の発熱が減ったぐらいなのだが、そこそこ満足気味。
オリジナルのVGAクーラーはそこそこ冷えるし、ヒートパイプ萌えだったりと
それなりに気に入っているが、静音性に関しては個人的には0点レベルですよ?
コレが静音ならリファレンスクーラーも十分に静音ですよね!と言えるレベルの五月蠅さ。
あまりの五月蠅さにビックリして、きっとファンが全力で回ってるからに違いないと
思っていたのだが、GPU-Zで確認したらFan Speed 40%になっていて涙目・・・
現在は、RivaTunerで25%設定にして何とか個人的に聞き耐えられるレベルに。
それでもケースの中で一番の騒音源なので、VGAクーラーは変えるかも知れん・・・

・衝動買いパーツ その3
ResizeDSC02276 
ケース用ファンをいろいろ衝動買いしまくりしたワナ。
組み込む前に写真取り忘れたのが痛いが、買ったファンは以下の通り。
・noctua NF-P12 2個
・サイズ GentleTyphoon 1850rpm 2個

ファンは光らせてなんぼ!を地で行くような昔の姿(下の写真)ResizeR0010308
から比べると、なんともまぁ大人しい構成になったなぁと自分でも思うわぁ・・・
CPUと吸気用のケースファンを静音重視かつ静圧値高めのファンに交換したので
以前の構成に比べると2~3度ほど温度下がりつつ、静かなマシンに生まれ変わった感じ。

それでも完全に光り物を排除しないのは、しょうもないこだわりということで。

テーマ:自作・改造 - ジャンル:コンピュータ

難行苦行な日記。

Amazonさん、ラブプラスの入荷マダー!?

先日群馬の山中で発見された遺体は、捜索されていた臼井氏だと断定されたそうで。
遺品のデジカメから崖下を覗くような写真が残されてるらしいので、自殺ではなくて
誤って崖から転落してしまった事故死って線が濃厚ですな・・・ご冥福を祈ります。
とはいえ、死人に鞭打つようでアレなのだが、命綱みたいな安全対策もせずに
結構な高さのある崖を覗こうってのはさすがに軽率な行動だったんじゃって気がする・・・

F1ネタ。
本日クラッシュゲートの公聴会があった訳ですが、判決が出たようで。
今回問題になっていたクラッシュ指示に関しては事実だとして、ルノーには有罪判決で
2年間のF1参戦禁止、ただし処分自体は2011年以降に実施。
シモンズに関しては、5年間のモータースポーツ界関与禁止。
んで、ブリアトーレに関しては首謀者であるとして、モータースポーツ界から永久追放
という、FIAというかモズレー大勝利!な判決に・・・
ちなみにアロンソはこの件に関与していないとして無罪。
実行犯のピケ子は今回の件をFIA側で証言したと言うことで免責扱いなんだとか・・・
まぁピケ子に関してはすでにレース人生終わったようなもんだしなぁ(ひでぇ
ホント、モズレーしか得してねぇ・・・って感じの判決だったなぁとしか言えんな。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

OCZのメモリクーラー XTC Cooler Rev 2を買ってみたの巻。

ResizeResizeDSC01494
7月某日、突然死したHDDのRMA待ちの間に使うHDDを買うついでに買った
OCZのメモリークーラーであるXTC Coorler Rev 2のネタを今更ながら更新してみる。

ResizeResizeDSC01620ResizeDSC01622
以前まで使っていたGeILのCYCLONEのファンから異音がするようになってきたので
別のメモリクーラー探さないとなぁと思っていたところにコレ見つけたって感じ。

元々はトリプルチャンネルの6レーン用に作られてるメモリクーラーなので
横幅はそれなりに大きめ、4レーンのMBで使う場合は必然的にレーンからはみ出ます。
でも横幅が広くなったおかげで60mmのファンを2つ装着しているため
かなりの風量を誇っているので、冷却性能に関してはかなり優秀だと思われる。
ファンの回転数は本体についている切り替えスイッチで2段階に変速可能で
Hが約3500rpmで、Lで2500rpmぐらいの回転数。Lでもそこそこの風量を誇るものの
騒音に関してはお世辞にも静穏とは言い難い感じ(個人的にはね)、Hは普通にうるさい。
静音にこだわるならばファンコンに繋ぐしかないが、本体自体が結構背が高いので
あまり回転数を絞りすぎると、風がメモリまで届かないかも知れないので注意が必要かも。
LEDは結構眩しいので、光り物苦手な人にはお勧めしづらいかな~。

冷却面では、この風量で冷えてくれないならどうしろと?ってレベルなので
比較的優秀なメモリクーラーといえると思うのだが、それ以外のところで欠点が・・・
個人的には高さ調整が出来ないってのもマイナスポイントなのだが、それよりなによりも
完全に嫌がらせレベルと思われる取り付け辛さがもうね・・・
メモリレーンのストッパー部分に引っかけるタイプで、普通ならば片側に引っかけてから
もう片側に取り付けるために少しステーを広げる程度で取り付け完了になるのだが
このメモリクーラー、力をかけずに普通に開くステーの幅がメモリよりも狭いというワナ。
ResizeDSC02267 
当然ながら、メモリレーンの両端にあるストッパー部はもっと横幅ある訳でして・・・
プラスチック製なら簡単に広がるんだろうが、この子のステーは鉄製。
こんなに力入れたら壊れるんじゃないの!?っていうぐらい力入れないと取り付かないよ!
今はもう取り付けるのに馴れたけど、最初はあまりの堅さに絶望したものよ・・・フフリ。
この何でも力でどうにかする的な設計は、実にアメリカ企業らしい気はするけどな(えー

ちなみにステーの根本には、多少の力を入れても壊れないようってことなのか
ResizeDSC02268ResizeDSC02271 
上の写真のように、ちゃんと補強が入っていたりする。
・・・イヤイヤ、対策するところを間違えてるだろ!とか突っ込んだら負けだぞ!

テーマ:自作・改造 - ジャンル:コンピュータ

愚問愚答な日記。

今日からシルバーウイークで5連休だが、別にどこかへ行く予定なんて無いワナ。

朝起きてからやたらと外がうるさいなぁと思ったら、近所の小学校で体育祭が・・・
まだ9月なのにもう体育祭やるの?と思いつつも、それじゃしょうがないかと過ごしていたら
いきなり「冒険でしょでしょ?」と「God knows...」がBGMに使われ出して吹いたワナ。
どうやら実行委員にハルヒ厨が潜伏していた模様・・・まだ小学生だというのに
ハルヒ厨とかアニオタエリートにもほどがあるだろ、将来が楽しみだな!(えー
「恋のミクル伝説」を選曲しなかったのは最後の良心だったのかも知れんな・・・

そろそろ溜まりまくってるパソコンネタを消化したい今日この頃。
あとはやる気だけの問題なんだがなぁ~(他人事風味

テーマ:日記 - ジャンル:日記

蝸角之争な日記。

奇跡「3日連続の更新」。

F1ネタ。
例のクラッシュゲート問題、21日の公聴会を前にしてルノー側がブリアトーレとシモンズ
両名の離脱とFIAと争う意志は無いというコメントをリリースするというまさかの展開に。
これは暗にルノー側が事実と認めたと言ってるようなもんであり、ブリアトーレを失脚させるなら何でもすると豪語していたピケ親子大勝利の予感!?
でもこれが事実だったとして、クラッシュ指示を拒否せず実行したピケ子の罪が消える訳
は無く、それに加えて解雇した腹いせにチームの内情を平気で暴露するという行動を
起こしてしまった以上、こんなドライバー(親父付き)を欲しがるチームなんて・・・
F1どころかモータースポーツ界から消える可能性大ですなぁ、只でさえ遅いのに(酷
ピケパパがチームを起こすって手もあるんだろうけど、FIA(モズレー)からしてみれば
天敵のブリアトーレを潰すのにピケ親子を担いだだけなので、もう用済みな上に
イチイチ噛みついてくるピケなんか取り込む必要なんて皆無だもんな・・・
これってFIAというか、モズレーの一人勝ちでメシウマ状態なんじゃないの?
・・・ブリアトーレがこのまま黙っていればだけどな~

BMWの撤退で空いてしまった13番目のチーム枠にロータスが内定したようで。
個人的にはロータスが参戦している時代を知らない世代なので、イマイチピンと来ず(えー
で、BMWザウバーはどうなるのかというと、スイス資本のQadbakなる投資会社に
買収することが決まったらしい、どんな企業なのかはイマイチ不明なようで(大丈夫?
チームの存続が決まっても13番目はロータスに決まっちゃったじゃん!って感じなのだが
FIA的には14チームでもOKな用に調整するよ!ってことらしい・・・グダグダだなぁ。

・本日のお買い物
ResizeDSC00031 
ネギま!?がバトル漫画過ぎて吹いたワナ。さすがにこれは方向性が迷走していると
騒がれてもおかしくない気がするわぁ・・・今後どうなるんだろうねぇ。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

copyright © 2017 きまたび all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。