きまたび -気ままな旅人日記-
やる気なんて永遠に出る気がしないヘタレのガッカリブログ。リンクフリー風味。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
M.M.O.7をおかわりしてみたの巻。

M.M.O.7を使い始めて、気がついたらもう1年以上経っていたりする訳で。

イロモノ系マウスである事を否定しないし、相変わらずソフトウェアは使いづらいし
決して人にオススメ出来るような代物ではないのだが・・・。
個人的には、変えが無くなると困るレベルで気に入ってしまったので~

ResizeDSC05040
また買っちゃったぜ、テヘペロ(虚ろ目 お値段は、12,800円也。
今まで使っていたやつを予備機に回して、新しいのを使うという作戦ですよ。
コレで当面は大丈夫だぜ(言い聞かせるように・・・。

もう1つ買っちゃったぜ!で終わるのもアレなので
M.M.O.7を使うにあたっての小ネタっぽいものでも紹介しておく。

その1
ResizeDSC05041
サイドパーツを固定するキャップボルトなんですが
付属のやつは使ってるうちに塗装が剥げてきて、残念な感じになるので
ホームセンター等で、ステンレス製のものに買い変えておくと、良い感じですよ?

その2
ResizeDSC05042
後部パーツはスライドさせることで、計4箇所の位置調整が出来るのですが
スライドさせるとレール部にある遊びのせいか
ほんの少しだけなのだが、かたついてカチャつくので
ハケ付きの瞬間接着剤でパーツのレール部を盛ってあげると、良い感じですよ?

その3
ResizeDSC05043
ポインタが飛んで困るという時は、センサー周りに付いてるソールを
剥がしてみると解決する可能性があるかもよ?

マウスの小ネタは以上で。別にdisってる訳じゃあ無いですよ?ホントダヨ!

あと、つい勢いに任せて、ちょっと気になっていたマウスパッド
ResizeDSC05044
G.L.I.D.E.7 Gaming Surfaceを衝動買いしたんだが・・・。お値段、3,980円なり。

ResizeDSC05045
シリコン樹脂製のマウスパッドだから、滑り重視なもんだと思っていたんだが
使ってみると、予想外なほど滑らない、つーか止まり重視のマウスパッドですぜ?コレ。
ハイセンシでマウスの移動量を少なめにする使い方をする身としては
滑り出し・初動が重いマウスパッドは、どうしても慣れないワナががが。

無駄な買い物にしたくは無いと、3日ほど我慢して使ってみたものの
やっぱり無理という結論にいたり、結局どうなったかというと・・・。
ResizeDSC05049
作業マット的な扱いで使う事に(ヒデェ
厚さ1mmなんで邪魔にならないし、シリコン製なんで触り心地も悪くないし
デザインもかっこいいから、コレで良いんだよ!(虚ろ目

スポンサーサイト
Cyborg M.M.O.7を買ってみたの巻。

結局我慢できなくてArkさんで予約してしまったのであった・・・。

ResizeDSC04391
という訳で、Cyborg M.M.O.7が届きましたですよっと。
発売日に届く様に発送してくれるArkさんはステキショップ。

ResizeDSC04408
開封&いろいろとセッティングして、こんな感じに。

まだ使い始めて数時間も立ってないので、簡易的な感想になりますけど
ご覧の通りのイロモノマウスだなぁって感じですな。

話題に上がりがちな重さに関しては、装着されてるウエイト全部外して
滑りの良いマウスパッドを用意しておけば、さほど気にならないレベル(個人の感想です

だが、しかし。
パーツ換装や位置調整が出来ると言っても、そんなに調整の余地がある訳でもなく
多ボタンぶりも、サイドは親指の移動量が多い上にそんなに押しやすくもなかったり
全てのボタンにマクロやキーの割当が出来る訳でもなく
アプリを検出して、プロファイルを切り替えてくれるようなこともしてくれない・・・、など。

痒いところに手が届きそうでいて、そうでもないという、もどかしいマウスですよ。
まぁそれもこの見た目の良さに惚れたならOKOKで済まそうぜ!的な。

K&Mのヘッドホンスタンド DN-NAU-16080を買ってみたの巻。

先日ブログでネタにしてた、KONIG & MEYERのヘッドホンスタンド
DN-NAU-16080が届きましたよ~っと。

ResizeDSC04136
上海問屋にて、1つ1199円なり。箱にあるMade in Germanyが眩しいぜ・・・

本体はこんな感じ。
ResizeDSC04138
先端にケーブルを引っ掛けられる樹脂製のホルダー部と
直径30mm以内ポールに取り付け出来るクランプ部のみという
大変シンプルかつ、必要な機能は抑えてある製品ですな。

ホルダー部は約10cmあるので、SA3000みたいなヘッドレストでもないかぎり
大抵のヘッドホンはスタンド出来ると思われる。
良い塩梅にカーブがついてるので、ヘッドレストに変な癖がつくようなこともなさげだし
クランプ部もクッション材が装着されてるので
ポールに傷がつくようなこともなさげと、値段の割にはよく出来てるなぁと。

デザイン的にはすげぇ地味としか言いようがない感じですが
主役のヘッドホンを飾るスタンド、道具なんだから必要な機能があれば十分。
インテリア性が欲しいなら、イタリアとかフランスにでも頼めよ・・・
とでも言わんばかりな印象が。偏見かも知れんが実にドイツっぽい気がするわ。

で、装着してみたの図。
ResizeDSC04139
ResizeDSC04141
オタならみんなが持っている?貧乏人の味方!みんな大好きメタルラックさん
との親和性は抜群である。最早オプション品と言ってもいいぐらいだぜ(えー

ヘッドホンの置き場に困ってる、でもスタンドとかにお金かけたくはない・・・
そんな事でお悩みなそこのアナタ、アナタだけにおすすめの一品だよ(うぜぇ

百均のS字フックでいいじゃねぇか!とかいうツッコミはスルーさせていただくのだぜ。

ソニーのはじめてレンズ SAL35F18を購入したの巻。

ResizeDSC03774
唐突だが、はじめてレンズの1つであるSAL35F18をソニーストアにて購入。

発表された時から気になってて、発売後の評判の良さを聞いては
買おうか買うまいかとウダウダ悩むこと幾数回目。
塵も積もってたソニーポイントと余りまくってるクーポン使えば
1万とちょっとで買えるんじゃね?ということに気づいて、買っちゃったワナ。

ResizeR0010666
α700に装着したみたの図。
普段使ってるレンズがSAL50M28なんで、大きさ的には新鮮味ないんですけど
レンズの軽さは全然違いますな。125g軽いだけでも違うもんですなぁ・・・
軽さの要因でもあり、コスト的な意味でボディもマウントもプラスチック製に
なってますけど、個人的には全然気にならない。安さと軽さは正義だよ。

安っぽいと感じる人も多いみたいですけど
ResizeDSC03810
安っぽいプラスチックってのは、このワンダースワンクリスタルぐらいのレベルであり
これを見た後にSAL35F18を見れば、全然安っぽく感じない!ふしぎ!(えー

以下、適当な作例。(クリックで拡大)
ResizeDSC03824
F1.8は伊達ではなく、ファインダーの中が明るいですな。
DMF使えないのめんどくさそうと思いましたが、これだけ明るく見えるなら
MFも苦ではないかも?フォーカスリングの動きもスムーズだし。
個人的にはもう少しトルクが掛かってるほうが好みですけど。
AFの速度に関しては、ほとんど動体を撮らない身としては
不満はないとしか言いようがなかったり・・・

ResizeDSC03825
あと結構寄れるのも、物撮りメイン的に有り難いですな。
これ以上寄るんだったらマクロレンズ使えばいいだけだし。

ResizeDSC03830
ResizeDSC03829
開放でのボケはこんな感じ。
さすがF1.8だけあって、これでもか!ってぐらいにボケてくれますぜ。
ただ、ボケが少々クドいような気もしないこともないですな。

この価格でこれだけ写れば文句の付けよう無いし
換算で50mmになる画角も使いやすく、F1.8と明るいので室内撮りにもオススメ出来ると
万能っぷりとコスパがすんばらしいレンズ。好評なのも納得ですよ。

αのAPS-C機持ってる人は持っておいて損はないと思うので
新品で買ってソニーのカメラ事業部にお布施するといいよ!(えー

SONY MDR-ZX700の巻。

少なくとも50時間は鳴らしたので、MDR-ZX700の雑感でも。
ResizeDSC03426
まずは装着感。
普段使ってるのが側圧?なにそれ?的なSA3000であるのを
差し引いても、側圧は結構強い方だと思う。
でもパットが適度な柔らかさを持ってるので、装着感は良い方かと。
ただメガネかけてる場合は、2時間ぐらい経つとちょっとだけ辛いかも知れん。

続いて音質的な。
実売価格1万円で密閉型と考えると、解像度は高いと感じる。
音的には、ソニーのヘッドホンの感想で良く言われるドンシャリって感じはなく
高中低音のどれかが主張してる感じのないフラット型で、モニターライクな音。
音源を素直に鳴らせると言えば聞こえは良いけど
逆を言えば特に特徴がない、味付けのない音って感じでもあるので
すでに1万以上の価格帯のヘッドホンを複数持ってる人が買い足すほどでも無い感じ。
初めてこの価格帯を買う人で、ある程度満遍なく音の出る万能機が欲しい・・・
って人にはお勧め出来るかなぁと。高中低音のどれかに特徴を求める人や
クール系よりもウォーム系を求める人には向いて無さげかと。

個人的にはモニターライクな音が好きなのと、密閉型を1つくらいは欲しかったので
そんなに悪い選択肢ではなかったかなぁって感じ、という事で。

copyright © 2017 きまたび all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。